4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

着装認定試験

3月13日に全国和裁着装団体連合会の着装認定試験が東亜和裁名古屋支部で開催されました。

今年は2級7名、1級3名、講師2名、師範3名とたくさんの人が受験しました。

全国和裁着装団体連合会の山田操先生が審査員としていらっしゃいました。

01.jpg

山田先生が最初にご挨拶をしてくださいました。

02.jpg

こちらは試験風景です。

2級の課題は、自装も他装も、付下げまたは、訪問着です。帯びは二重太鼓に結び、制限時間は、長襦袢を着ている状態から18分です。

写真の一番奥が師範の他装の課題である、男子礼装(長着、袴、羽織)です。長襦袢を着ている状態から13分で着付けます。

03.jpg

訪問着の自装をしているところです。

04.jpg

山田先生が審査をしています。

審査は前からだけでなく、後姿も間近で見られるのでみんな緊張しています!

05.jpg

これは講師の課題である、振袖の他装です。制限時間は25分です。 

バリエーションで帯揚げがリボンでかわいいいのと、帯どめがピアノで帯締めが音符になっているのです!講師は振袖の帯結びが自分で考えたオリジナルのもので、名前も自分で考えます。

06.jpg

これは後姿です。素敵です。

「1級を受験されるようになると、布さばきもだいぶ慣れた手つきで見ていても安心ですね。」と審査で来られた先生もおっしゃられていました。

仕事や和裁の研修もあるなかで、練習する時間を作るのも大変でしたが、みんなこの日の為に1年間練習して準備を重ねてきました。みんな合格できるといいですね!

↓1年間の成果がでるといいですね!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-03-15 | 着付け

Tさんの支部交流

以前のブログでは、四日市支部の先生が支部交流についてレポートしてくれましたが、今回は、実際に研修に行ったTさんがレポートしてくれました。

支部交流はTさんにとってどのような経験だったのでしょうか。

四日市支部にて研修させていただきました。静岡支部には技能科の先輩はいらっしゃるのですが、同期と研修生の先輩がおりません。二年生に上がり、思うように縫い進めることが出来ず、焦る日々...。

点数が取れている同期はどのくらいのスピードで作業しているのか?どのように1日の計画を進めているのか?気持ちに余裕があるのか?等々。

先輩がいる環境って?研修生が沢山いる支部ってどんな雰囲気?等々、あ〜見に行きたい!!!という熱い気持ちを持って、四日市支部へ向かいました。

晩御飯はトンテキラーメン!明日からの研修に向けてしっかり食べなくては!

image001.jpeg

研修1日目

同期の二人の作業は無駄がなく、効率的な動きでした。一番違うのは、私はまだノートを見て確認しながらの作業が若干ありますが、二人は全くない事。作業手順がしっかり覚えられている事でした。

縫っている枚数に大きく差があるところも一因かと。

また、お昼休憩時間も無駄にせず、休日教材の地直しや印つけなど、ご飯をゆっくり食べないなど、向き合う姿勢にも見習わなければと深く思いました。

四日市支部の外注でいらしている方にもお話を伺い、卒業までに大変だったことや時間の使い方など参考になることばかりでした。

(静岡に戻り、静岡の外注の方にもお話を伺い、やはり時間の使い方をご教示いただきました。)

研修終了後、先生と同期二人と技能科の先輩お一人と晩御飯をいただきました。カレーうどん!とても美味しかったですし、先生、同期と楽しくおしゃべりできてリフレッシュ!

image2.jpeg

同期のご実家に一泊させてもらいました。

夜の持ち帰り作業時に悩みを共有して、将来の事、日々の研修の事、沢山話して自分だけが悩んでいる訳ではない!とストレスが軽減されました。

それに、家での作業のスピードも見せて貰えて勉強になりました。ありがとうございました。

2日目

袷着物の襟付け、掛襟付けの新しい方法を教えて頂きました。また、私の唯一の得意箇所(もっと沢山あるとよいのですが)褄先の処理についてご説明させていただきました。

説明する事は自分の中でキチンと理解して、さらに言葉にするということなので、大変良い経験をさせてもらいました。

二日間の研修で、自分の改善点が沢山見つかり、1つずつ解決していくことで、卒業までに揺るぎない技術と知識を身につけたいと強く思いました。

技術向上とリフレッシュをさせて頂き、本当にありがとうございました。四日市支部の皆様、お世話になりました!

さあ、今日も頑張って縫うぞ〜!!

002.JPG

003.JPG

静岡支部に戻ったTさんは、早速研修に取り掛かっています。Tさんにとって二日間の研修は、同期の作業の様子を見たり、先輩のお話を聞いたりして、とても勉強になったようですね。和裁の研修にさらにやる気がでたようで私たちも嬉しいです。

089.JPG

Tさんからお礼のお手紙をいただきました。富士山が描かれていて、静岡らしいですね!

↓充実した二日間になりましたね!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-03-04 | 支部交流

長岡大手高校での講習会

以前ブログでもお伝えした安城高校と成章高校での和裁講習会に続き、新潟県の長岡大手高校でも和裁講習会がありました。その講習会について新潟支部の先生がレポートして下さいました。

2月27日に行われました長岡大手高校での和裁講習会で、和裁に触れる機会をつくっていただき、運針の実演とポケットティッシュケースづくりの体験をご一緒させていただきました。

0001 (3).JPG

0001 (8).JPG

限られた時間の中での体験でしたが、いつもと違う鯨尺のさしを使って寸法をはかったりきせをかけたりして作っていき、完成した時にはすごい!出来た!と喜んでいただくことができてこちらもとてもうれしくなりました。

0001 (14).JPG

新潟は有名な反物の産地ではありますが、和裁という仕事にふれることがなかなかないのでいい機会になった、といっていただけました。私たちにとってもたくさんの方に和裁に触れていただくとても貴重な機会になりました。

0001 (10).JPG

長岡大手高校の生徒さん達にとっても、先生たちにとっても、とても有意義な時間になったみたいですね。長岡大手高校の皆さまありがとうございました。

↓楽しんで和裁をやっていただけて嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-03-02 | 未分類

支部交流がありました!

支部交流がありました。

支部交流とは、研修生が他の支部を訪問して、研修を行い、和裁の勉強をすることです。

支部交流の様子を四日市支部の先生がレポートしてくれました!

今回の支部交流は、静岡支部から四日市支部へTさんがきてくれました

明るくて元気いっぱいなTさん。

とにかくよく観察されていて、誰にでも積極的に質問したり、見に行ったりしていました。

初めてみるやり方を教わったり、四日市の研修生も教えることであらためて手順を確認していました。

DSC_0741.JPG

IMG_20190221_165418.jpg

DSC_0745.JPG

Tさんは同級生がいないので、同級生がどんな感じで作業をしてどのように普段過ごしているか見るのも新鮮だったようです。

四日市支部の2年生は袷着物をはじめ、振袖や男物や半反物なども仕立てています。

DSC_0747.JPG

これは、四日市支部の壁に貼ってある検定やコンペなどの時間配分です。Tさんは写真を撮ったりと熱心で、見習いたいと感じました。

IMG_20190221_165844.jpg

Tさんからお礼のお手紙をいただきました。静岡らしい可愛らしい絵葉書です!

支部交流を終えて研修生たちは、「なかなかない経験ができて良い刺激になりました。もっと頑張ろうと思いました。」と喜んでくれました。こういった支部交流がまたあれば嬉しいです。

東亜和裁の研修訓のなかには「他流儀を見て学び自分の知識とせよ」という言葉があります。

Tさんは「他の研修生のやり方をみて勉強したい!」と自ら申し出てくれました。

支部交流は、他流儀を見て学ぶ絶好のチャンスなのです!

人の仕立てを見たり、縫っているところや、印付けなどを見て学ぶことは、和裁を上達させるためにとても大切なことなのです。

支部交流を通じて、研修生同士で高め合ってほしいと思っています。

↓一人一人の「上達したい!」を叶えたいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-02-22 | 支部交流

安城高校、成章高校での和裁講習会

今回のブログは、1月と2月に愛知県にある高校で行われた和裁の講習会についてお伝えします。

1月17日に安城高校で、2月7日に成章高校で和裁講習会が行われました。

安城高校の講習会では、最初に和裁道具の説明をし、次に運針の実演を見せ、最後にポケットティッシュケース作りを一緒に行うという内容でした。

IMG_7094.JPG

普段なかなか見ることのない和裁道具に生徒のみなさんは興味津々でした!和裁道具を実際に使えたことは、生徒さん達にとってとても好評でした。

IMG_7102.JPG

和裁の基礎である運針の実演を行いました。運針の実演をとても驚いた様子で見てくださる生徒さんもおり、私たちも運針をお見せできて嬉しかったです。

IMG_7113.JPG

運針の実演の後は、ポケットティッシュケースを一緒に作りました!生徒の皆さんに用意した4種類の柄の布の中から、好きなものを選んでもらいました。生徒さんたちは普段あまり使わない和裁の道具に苦戦しながらも、一生懸命取り組みました。そして、ポケットティッシュケースが完成したときは、とても喜んでくれました。

続いては、成章高校の講習会についてです。

011.JPG

成章高校では、和裁道具の説明をし、運針・3分ぐけの実演をしました。その後浴衣の褄下の3分ぐけの実習を行ないました。

DSC_0423.JPG

運針や3分ぐけの実演の際には、「はやい!」「すごい!」とみんな声をあげて真剣に見てくれました!

012.JPG

褄下の3分ぐけは、一人一人に付き添って教えることができました。3分ぐけのやり方や、かけはりの使い方、布の持ち方など、速く正確な3分ぐけをするコツも伝えました。

積極的に質問をしてくれる生徒さんもたくさんいて、私たちも嬉しかったです!

DSC_0424.JPG

先生が縫った浴衣も生徒の皆さんに見てもらいました。美しい仕立てのものを見て、そこから感じ取ったものを活かしてくださればと思います。

2つの高校にお邪魔させていただき、私たち和裁技能士の技能をお見せすることができました。また、今回の講習会は技能五輪のPRも兼ねており、もしこの講習会を受けた生徒さんが技能五輪の選手となったらと考えると素敵ですよね!!

今回の講習会によって、高校の生徒の皆さんが和裁にさらなる興味を持ってくださることを願っています。

↓若い皆さんの飛躍を期待しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-02-16 | 講習会