4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

2021秋のおでかけ研修 PART2

12月も中旬になりぐっと冷え込み、また手やのどの乾燥も気になるこの頃ですが、皆様お元気におすごしでしょうか??

  

  

普段の手洗いうがいや消毒に加え、換気をしつつ適切な湿度にも気を配り、健やかに毎日過ごしましょうo(^-^)o

  

  

東亜和裁ではリフレッシュと研修生同士や指導員との親睦を深めるため、例年春と秋におでかけ研修としておいしいものを食べたり芸術作品や工芸に触れる機会をもうけています。感染予防対策をしながら、支部ごとに秋のおでかけ研修を行いましたo(^-^)o♡

  

  

  

PART1からすこしお久しぶりになってしまいましたが、PART2は四日市支部、名古屋支部、静岡支部の様子をレポートいたしますよ☆

  

  

四日市支部

  

秋の研修で鈴鹿市産業会館にお邪魔しました。

  

  

R3.11.18四日市11.jpeg

鈴鹿市の伝統的工芸品である「伊勢型紙(伊勢形紙)」と「鈴鹿墨」が展示されている施設で体験・展示・職人さんの実演など匠の技を感じられる施設です。  

  

R3.11.18四日市4.jpeg

 今回は「伊勢型紙」の彫刻体験をさせていただきました。

 

  

R3.11.18四日市5.jpeg

型紙に使用される紙は美濃和紙を柿渋で貼り合わせて作られています。その上に下絵を載せ、黒い部分をナイフ彫っていきます。

  

  

R3.11.18四日市1.jpeg

下絵の中心部分と小さな柄から彫っていく事がポイントです。  

  

    

R3.11.18四日市6.jpeg

丸を彫る際は「錐彫り(きりぼり)」といって半円形の刃先を紙に垂直に当てて回転させ孔を彫る技法で彫ります。

    

  

R3.11.18四日市3.jpeg

カーブしている箇所と細い線を残す部分が特に難しく間違えて切れてしまいそうで気が抜けませんでした(@_@;) 

 

  

R3.11.18四日市10.jpeg

みんな黙々と作業を進めていました。普段の研修で培った集中力が発揮できたと思います!

  

  

R3.11.18四日市7.jpeg

彫り終えたら色紙に貼って完成です!

  

  

講師の方から「みなさんとてもお上手でした!」と褒めていただけました!)^o^(

  

着物の生地に柄や文様を染めるために用いられる型紙を彫るという貴重な体験をさせていただき、型紙を作る職人さんが和紙を貼り合わせ乾燥させ、次の職人さんの手によって柄が彫られ、次の職人さんの手で染められ、何年もかかり、たくさんの人の苦労を経て私達が縫っている着物の反物になるのだと改めて感じ身が引き締まりました。

  

  

  

名古屋支部

  

R3.11.18名古屋5.JPG

名古屋支部はメイカーズピアにあるきなりガラスに行ってトンボ玉作り体験をして来ました。

夢ちゃん「夢子もトンボ玉作りに挑戦したよーー!(*^_^*)」  

 

R3.11.18名古屋6.jpg

  

  

R3.11.18名古屋4.jpg

溶けたガラスのついた棒を平行に保ちながらずっと回し続けるのが難しかったです。
  

  

R3.11.18名古屋3.jpg

夢ちゃん「海の近くだったから風がとっても強くて寒かったけど、みんなでたべたはちみつソフトおいしかったね♡」  

  

R3.11.18名古屋2.jpg

  

ソフトクリームやお土産も買えてとっても楽しかったです!
  

R3.11.18名古屋1.jpg

 
後日みんなが作ったトンボ玉が届いてそれぞれがみんな違っていて個性を感じました。 

  

  

  

【静岡支部】

 

静岡支部の秋の研修は、グラニーバック作りとAfternoon Teaでランチをいただきました(^O^)  

R3.11.20静岡9.jpg

  

  

R3.11.20静岡6.JPG

  

  

R3.11.20静岡7.jpg

  

  

R3.11.20静岡8.jpg

パスタ、クレープ、ミルクレープどれもオシャレです☆
とってもおいしかったのでペロリと食べてしまいました(^u^)
  
  
R3.11.19静岡1.jpg

ランチのあとは支部に戻ってグラニーバッグ作り♪ 

  

R3.11.19静岡2.jpg

各自好きな柄の布と持ち手を用意して・・・

  

   

R3.11.19静岡3.jpg

みんなでわいわい縫っていました。  

  

R3.11.19静岡4.jpg

最後に持ち手を付けて・・・完成!!(^O^)/

とっても可愛いグラニーバックができました!

夢ちゃんも少しお手伝いしてくれましたよー!!

  

また来てね♪ありがとう夢ちゃん♡

↓PART3につづきますo(^-^)o ラストを飾るのはあの支部~☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-12-15 | お出かけ研修

クイーン・プリンセスコンクール&合宿2021

R3.12.6クイーン1.jpeg

12月4日、東亜和裁名古屋支部にて第30回和裁日本一クイーンコンクール第7回和裁日本一プリンセスコンクールが開催されました。

  

クイーンコンクール・・・2、3年生が対象で競技課題は袷着物。右袖、表身頃と裏身頃のたて縫いまでを準備し、当日に左袖作りと表裏の衿つけ~完成までを5時間で行います。

  

プリンセスコンクール・・・1年生が対象で競技課題は袷長襦袢。今年から少し競技課題が変更となり、袷長襦袢の表身頃と裏身頃のたて縫いまでを準備し、当日に両袖作り、身頃の胴接ぎ~完成までを5時間で行います。

  

両部門とも仕立て上がりの美しさと速さを競います。

  

  

どちらも1時間以内なら競技時間の延長ができますが、制限時間内に完成したら満点で60点もらえる「時間点」が1分ごとに減っていきます。すなわち、はやくきれいに仕立てる事が重要です!

R3.12.6クイーン15.jpeg

例年は名古屋支部に各支部から選抜された選手が集まり、事前合宿とコンクール本番を行っていましたが、昨年は初のオンラインでの開催でした。

  

今年は2年ぶりに名古屋支部に出場選手が集まり、開催することができました!!

  

R3.12.6クイーン24.jpeg

  

今年3年生の夢ちゃんはクイーンコンクールに参加です!

「トロフィーとネックレス素敵だなぁ~!!!クイーン目指してがんばるぞ!」

  

  

  

コンクールの前日と前々日には事前合宿も行われました。  

R3.12.7合宿6.jpeg  

  

  

R3.12.6クイーン18.jpeg

  

  

R3.12.7合宿12.jpeg

本番同様のタイムトライアルを行い、出来上がった作品をみんなで見たり、本番へ向けてのアドバイスや、部分縫いの勉強会も行いました。

  

タイムトライアルではクイーンコンクール参加選手もプリンセスコンクール参加選手も、支部で練習していた時よりもタイムが短縮!!!本番に向けて、良い調整が出来てきました!!

  

  

R3.12.6クイーン13.jpeg

当日は開会式から。

  

そして開始時刻になり緊張のなかスタートしました!  

R3.12.6クイーン23.JPG

午前は競技3時間。着物、長襦袢とも袖作りから。少しでも速く!そしてきれいに縫いあげるためにどの選手も集中して針うち、運針、こてがけ、とひたすら手を動かしていきます。

  

  

R3.12.7クイーン5.jpeg

  

  

R3.12.7.jpeg

夢ちゃんもストップウォッチとにらめっこ。どんどん縫っていきます!!

  

  

R3.12.6クイーン7.jpeg

あっと言う間に午前中3時間が過ぎ、午後からは残りの2時間と延長時間60分。着物は身頃の中とじ、長襦袢は袖付、衿付けに入っていきます。

  

  

R3.12.7夢ちゃん.jpeg

規定の5時間を過ぎ、半数くらいの選手が5時間以内に仕立てあがりました!

  

「12番、夢子、完成しました!!」

夢ちゃんも無事に完成です!!

そして全選手が延長時間以内に完成。未完成選手は誰一人いませんでした!!!

  

  

R3.12.6クイーン10.jpeg

コンクールのあとは交流会。タイムキーパーさんの仕上がりを見せてもらったり、仕立てのコツを教えてもらいました(^-^)

交流会のあとはドキドキの表彰式。

  

  

R3.12.7クイーン25.jpeg

  

  

R3.12.7クイーン26.jpeg

今年はクイーン、プリンセス、準プリンセスに名古屋支部の選手、準クイーンに仙台支部の選手が選ばれました!!おめでとうございます!!

R3.12.7クイーン27.jpeg

参加選手全員時間内に完成させることができて、合宿とコンクールの期間だけでも大きな成長を感じました。これまでの練習に加え、合宿と本番をやりきって、無事完成できたこと。大きな自信を持ってください!!!

  

  

特に1年生は初めてのコンクールでした。初めて自分が仕立てた長襦袢に点数や順位がつきました。精一杯頑張りましたが悔し涙を流す選手も・・・。

  

  

ただただ純粋に必死に頑張ってきた姿を想うと、本当に全員に1位をあげたい気持ちです。

  

  

コンクールで良い成果をだせた選手も、失敗したところや悔しい思いをした選手も、この経験は自分の成長に必ずつながっていきます。頑張った自分を褒め、さらなる上達を目指して今後の研修に励んでください!

  

みなさま、本当におつかれさまでした!!!

↓夢子も去年よりきれいに仕立てられました!(*^_^*)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-12-09 | 和裁クイーン&プリンセス・コンクール

支部訪問2021 静岡+金沢

支部訪問も終盤です!今回は静岡支部と金沢支部の様子をお伝えします♪

静岡と金沢へは、どちらも列車でいきましたよ~!!

  

  

R3.11.11静岡12.jpeg

まずは11月11日。静岡支部へ出発~!٩( 'ω' )وえいえいおー!

  

  

R3.11.11静岡7.jpeg  

名古屋から静岡までは新幹線ひかりで54分!あっという間に到着~♪

  

  

R3.11.11静岡4.jpeg  

静岡支部は静岡駅北口からすぐの通りに面したビル7階にあります。ビルの前でもパチリ!東亜和裁のなかでは一番高い場所にある支部なんですよo(^-^)o

  

    

R3.11.11静岡10.jpeg  

支部入口には藍ちゃん♡こんにちは~!!

  

  

R3.11.11静岡11.jpeg

支部では前々日に秋の研修で製作したグラニーバッグが飾られていました。

それぞれ好きな柄の生地で製作したそうです♡

  

  

R3.11.11静岡8.jpeg

大きなリボンでアレンジを加えた先輩も♪かわいい~!!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

次に来た時にはグラニーバッグに入って一緒におでかけしたいな♡  

  

  

R3.11.11静岡5.jpeg

帰りには静岡駅北口にある徳川家康像と記念写真パチリ!

 

  

R3.11.11静岡1.jpeg  

風が少しありましたが、とっても良いお天気でした~!静岡支部のみんな、ありがとう~!!

続いて11月20日、支部訪問のオオトリは金沢支部です。

名古屋から金沢は新幹線と特急しらさぎを乗り継いで行きました。

金沢の駅はクリスマスムードでしたが、とってもぽかぽかで暖かい日。

IMG_5544.jpeg

金沢支部は駅から徒歩ですぐの場所にあります。

IMG_5608.jpeg

2017年↓は支部の後ろで工事がされていましたが...

23722326_1992665164349149_7124083576155682508_n.jpg

今は新しいビルが建っていました!

IMG_5603.jpeg

でも支部の中は変わらず明る、しかも楽しい先輩方のおかげで笑顔が絶えず、雰囲気もとっても明るいのです

IMG_5549.jpeg


これで全7支部の皆さんが元気に研修に励んでいる様子を直接目にすることができました。

本当にみんな頑張っているね!負けずに夢子も和裁の道を極めていきたいです^^

↓夢子「みんなに会えてたのしかったよ~!!ありがとう♡」
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-12-01 | 支部訪問

1年生長襦袢合宿

R3.11.15長襦袢002.JPG

今年度初めて各支部から1年生が名古屋支部にあつまり、2日間の日程で長襦袢のコンペ&勉強会が行われました☆★☆

  

  

R3.11.15長襦袢013.JPG

初日午前中は3時間コンペ(=タイムトライアル)。

右袖作りと、身頃は衿付け前までを事前に準備し、コンペで左袖作り、衿付け、両袖付を行います。

  

時間いっぱい使って、少しでもきれいな仕上がりを目指してください!と先生から声をかけてもらってスタート!みんな緊張しながらも集中して取り組んでいました!

   

  

午後からは、自己紹介をして、午前中に仕立てた作品を全員でみました。一枚を数分ずつ、全員分をみんなで交換しながら見ました。自分がうまくできない部分など、ほかの人はどういう風に仕上がってるかな??自分以外が仕立てた作品や、きれいに仕上がっている作品を見るのもとっても勉強になります!

  

R3.11.15長襦袢011.JPG 

  

R3.11.15長襦袢012.JPG

見終わったあとは勉強会。まずは袖作り。

「ここどうやって縫ってる??」

仕上がりは同じでも、コテをかけるタイミングや、こうやるとうまくいく!など行程は人それぞれです。みんなの縫い方をいろいろ聞きながら作りました。

  

  

R3.11.15長襦袢015.JPG

2日目は衿付けと袖付。

衿がきれいにできあがるように、衿付けのまち針をうつときに気をつけることや、袖付の手順も長襦袢の種類などによっていろいろな方法があるのでみんなで色々なやり方を実践してみました。

R3.11.15長襦袢005.JPG

「タイムトライアルは緊張しましたが、いままでで一番速くお袖を縫うことができました!!ギリギリでしたが時間内に仕立てることができて嬉しかったです!」

  

  

「袖付、衿付はいつもよりもピシッときれいに仕上がりました。細かいところを少しずつ意識することで、こんなに綺麗に仕立てられることがわかって嬉しいです!!」

  

  

「皆の長襦袢をみてすごく学ぶところがありました。それを意識して仕立てたいです!」  

  

  

「普段疑問に思っていることや自信がなかったことを箇条書きにして勉強会に臨みました!丁寧に教えていただき、プラスαの技術も習得でき、とても勉強になりました!今後の仕立てに変化がでるように活かしていきたいです!」

  

  

みんなとても積極的で、気になっていたところを質問してくれたり、新しいやり方にチャレンジしたり、たくさん勉強してもらえてよかったです!!

  

来月には1年生が初めて挑戦する「プリンセスコンクール」が開催される予定です。ひとまわり成長した皆さんに会えるのを楽しみにしています!

  

↓参加者の皆さん、2日間おつかれさまでした!また名古屋でお会いしましょうね♡
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-11-25 | 支部交流

うつくしき和色(わのいろ)の世界-KIMONO-

本日11月15日は、全日本きもの振興会が制定した きものの日 ですね!!

R3.11.1美術展9.jpeg

すこし前ですが、名古屋支部から地下鉄でひと駅のところにある「松坂屋美術館」で開催中の「うつくしき和色(わのいろ)の世界ーKIMONOー」に行ってきました。

  

  

R3.10.30夢ちゃん3.jpeg  

和色(わのいろ)とは?日本で古くから使われてきた伝統色のことで、日本独特の呼び名で呼ばれています。

  

  

和色(わのいろ)・・・みなさまはどんな色を連想しますか??(*˘︶˘*).。.:*

  

たとえば夕焼けを連想する「茜色(あかねいろ)」も和色(わのいろ)で、調べてみると、やや黄色みを帯びた暗い赤だそうで、植物の「アカネ」から染められる色だそうです。

  

  

  

どんな和色(わのいろ)が紹介されているのかな??期待が膨らみますo(^-^)o

  

  

  

会場は沢山のお着物や帯などが展示されていました。撮影とSNSがOKだったのでたくさん写真を撮ってしまいました(>∀<)☆☆

R3.11.1美術展3.JPG

  

  

R3.11.1美術展1.JPG

  

R3.11.2美術展5.JPG

  

  

R3.11.2美術展6.JPG

なんと荘厳!美しいのひとことです!!

  

  

展示されている一枚ずつに、着物の種類や素材、柄の説明と色など、時代背景なども踏まえて説明文がついていて、それを見るのがまたとても楽しい♪

R3.11.5美術展22.JPG  

こちらの赤いお着物、なんだかきらきらと文字が描かれているな~可愛い、と近づいていくと間近で見てびっくり!・・・説明文↓ ↓ ↓

R3.11.5美術展21.JPG

和歌が刺繍!!!\(◎o◎)/

そして「緋色」とは・・・やや黄色みのある鮮やかなで、平安時代から用いられた伝統色・・・だそうです。

  

    

R3.11.2美術展32.JPG

遠目にもつやつやと輝いて刺繍も綺麗~~!と引き寄せられたこちらのお着物の説明は↓ ↓ ↓

R3.11.5 美術展3.JPG

綸子(りんず)というのが絹が素材の織物のことで、基本の織りを平織というのに対して、綸子というのは光沢があり、地模様がある織物になります。

  

黄色がまだらに重ねられていると説明されていて、青(藍)を染めてから黄色を重ねる染色方法が技術的に難しく、うまく一色に染まっていなかったのかな?と解釈しましたが、実物を見ても説明文にかかれていなければほぼわからないくらいの色の差です。説明文を読むことによって、色々な視点から楽しめます♪

  

ぜひ間近でいろんな角度から!!(笑)見る価値がある作品の数々です!

  

  

   

R3.11.2美術展8.JPG

ひながた本(描かれた柄の見本帳のようなもの)の展示も、柄だけでなく色の指定がされているものが展示されていました。

 

  

 

160点あまりの作品を眺めるだけでも息をのむ素晴らしさでしたが、説明を読んでまた見聞を深め、じっくりと観覧を終えたらなんと2時間も経過していました!!今回の作品は全て松坂屋の所蔵品だそうですが、本当にすごいコレクションの数々でした。

  

  

R3.10.30夢ちゃん2.jpeg

そしてこの日はなんとハシゴ!!

  

名古屋市内、東山線「覚王山」から着物でのんびり歩いて徒歩10分くらいの「揚輝荘(ようきそう)」へ。松坂屋美術館同時開催中 揚輝荘特別展「揚輝荘が織りなす和色の世界ーKIMONO-」にも行ってきました♪

  

  

R3.11.1美術展26.JPG

揚輝荘というのは松坂屋の創業者「伊藤次郎左衛門祐民(いとうじろうざえもんすけたみ)」の別荘地のことで、迎賓館だった建物など5つの建造物が現在は名古屋市の指定有形文化財として残されています。作品展示は南館の「聴松閣(ちょうしょうかく)」の2階で展示されていました。展示数は少しだけでしたが、趣ある建物も楽しめました♡

  

  

R3.11.5揚輝荘8.JPG

松坂屋の前身「いとう呉服店」のロゴマークの復刻版。そして「山荘風」にこだわって柱や床などの木材すべてにまるで樹皮のような彫刻がされていました。

  

 

  

R3.11.5揚輝荘21.JPG

暖炉がいくつもあったり、丸い窓だったり。いまではなかなか見られない、こだわりの内装です。

  

  

  

    

R3.11.1美術展34.JPG

展示は2階でされていました。

美術館でみるのとはまた違った趣でゆったり楽しめました♪

  

  

R3.11.5揚輝荘9.JPG

  

R3.11.15きもの2.jpg

一日たくさん歩き回ってヒートアップ状態でしたが、最後に庭園を眺めて心を落ち着けて(笑)帰ってきました。紅葉もすこしだけ色づいていましたよ。

     

  

とっても見ごたえがある「うつくしき和色(わのいろ)の世界ーKIMONO-」展は11月21日まで。まだ間に合うのでぜひぜひ松坂屋美術館、揚輝荘へ足を運んでみてください♪

  

  

さてさて #11月15日はきものの日 東亜和裁各支部ではどんな「きものの日」を過ごしたかな??

  

  

よろしければインスタグラムものぞいてみてくださいね♪

  

↓インスタグラム #東亜和裁きものの日 でもぜひ検索してみてくださいね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-11-15 | 匠の技