4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

2022年・雪花絞り体験

 今回は愛知県名古屋市鳴海町にある【こんせい】さんで、有松鳴海絞の技術「板締め絞り」のひとつである、雪花絞り体験をさせて頂いたのでご紹介します٩(><)۶

        

雪花絞りは、基本三角形に折った生地を染料に浸し、生地に浸透した染料が花が咲くような柄となる技法です。

先ずは先生に教えて頂きながら生地をアイロンを使って正三角形や二等辺三角形に折っていきました。

雪花絞り4.jpg

正三角形(写真)は折っていくと、だんだんと生地が捻じれてきてしまい、捻じれを解きながらの作業に悪戦苦闘;

先生に捻じれない織り方を教えてもらったのですが、結局ネジネジになってしまいました(ˉ ˘ ˉ; )

        

後は只々ひたすらに生地を折っていきます。

黙々、折々.........、集中するあまり皆ほぼ無言でした(笑)

途中で「蟹を食べている時みたい!」などと言いながら布折りが完成!!

1反(約13m)は流石に大変でしたが物凄く折り甲斐がありました!

雪花絞り6.jpg

     

三角に折った布の形を整えて絞り板で挟みます。 

厚みがあるので形が崩れない様に慎重に慎重に.........     

雪花絞り7.jpg 雪花絞り5.jpg

また、板を止めるネジの加減によっても染めの具合が変わるそうですが、コレだ!と言う加減は結局分からず、最後は先生に微調整をして頂きました。

こういった少しの違いの分かる職人さんは本当に格好いいなと思いました!ヵッコ(●゚▽゚)ィィ!

     

下準備が済んだら、いよいよ染めの作業に入ります。

一人一人に染織液を作って頂けるのですが、作業道具の中には泡だて器や茶こしや量りもあって,お料理をしているみたいで面白かったです(^^)

雪花絞り16.jpg

       

染料液に浸かっている部分が横に傾いていたり前後にが傾いていると、柄の形が不規則になったり大きさが均等にならない為、平行に素早く染めたい位置まで布を液に入れます。

目的の位置まで布を入れたらその位置を2分~3分キープです。

       

こちらは二ヶ所を染めて全体に同じ柄を出していました。

二ヶ所目も最初と同じ大きさになる事を意識して染料液に浸します。

雪花絞り8.jpg

雪花絞り9.jpg

染め前の説明で、「布が染料を吸い染まっていく高さが変わるのを、自分の手が動いてると錯覚して布を動かしてしまう事があるので気を付けて下さい。」と教えてもらいましたが、本当にその様に感じてしまうのでうっかり手を動かさないようにするのが大変でした;;

       

染めが終わったら余分な染料を落し、折りを解きながら更に染料が出てこなくなるまで水に晒します。

単純な作業にみえてこれが結構時間が掛かるんです...!!

三角折りの際、捻じれが派生しているので、布をクルクル回転させがなら広げていきました。

この時、藍色の染料は空気に触れる事で酸化がおこり、黄緑色から一気に深い藍色に変わっていく様子が何度みても面白く感動的でした!!ω。`)*  

雪花絞り11.jpg

こちらも濃い茶色だったのが一気に鮮やかなオレンジ色になりました!

雪花絞り10.jpg

更に綺麗な水に暫く晒したら簡単に畳んで脱水機へ。(めちゃめちゃ水絞れます笑)

雪花絞り14.jpg 雪花絞り15.jpg

乾燥機で乾かして頂いて、その日のうちに持って帰れました(^▽^)

       

こちらは全て今回の体験会で作成した雪花絞りです!!

同じ色で染めた反物でも柄が違うと染織液に浸ける時間の違いのせいでしょうか?また違った色に見えてきますし、雰囲気も変わってくるのがともて素敵でした♪♪♪ 

雪花絞り12.jpg

         

反物を染める前に練習で手ぬぐいを染めたのですが、こちらも大変可愛く仕上がりました♡

雪花絞り13.jpg

↓お仕立てした浴衣でお出掛けするのが今から楽しみです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2022-07-25 | ハウツー

2022年☆ゆかたの日

7月7日は七夕の日&「浴衣の日でした!!

既に「浴衣の日」をご存知の方も多いと思いますが、「浴衣の日」とは1981年(昭和56年)に日本ゆかた連合会が制定。古来中国では、七夕に女子が裁縫の上達を祈願し衣類に感謝する習慣がありました。それが星祭として奈良時に日本へ伝わり、すでにその以前かからあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって現在の七夕になりました。このことから、浴衣の日は7月7日になったそうです。      

         

浴衣の日に因んで、東亜和裁でも7日は浴衣を持っている研修生は浴衣で研修を行いました♪

今回は名古屋支部から浴衣の日の研修の様子をご紹介します\(^▽^)/      

【名古屋支部】

東亜和裁では冬の制服で着物を着ているので、浴衣での作業もお手の物です☆٩(。•ω<。)و

f151_151 (1).jpg f151_151.jpg

襷は学年ごとでお揃いなんですよ~♡           

f151_151 (3).jpg f151_151 (5).jpg f151_151 (4).jpg

冬の制服でもしている文庫結びは浴衣と帯の組み合わせによって、雰囲気がとっても変わります!

f151_151 (2).jpg

先生や先輩方は帯の結び方にも拘りを感じました!

f151_151 (6).jpg

【名古屋支部からのコメント】

久しぶりに浴衣が着られて華やかな教室になりました。

帯結びも工夫したり、着装で習った名古屋帯を結んだり楽しく着られました!

      

                    

各支部の浴衣の日の様子はインスタグラムからご覧いただけます!

【盛岡支部】

          

【仙台支部】

     

【新潟支部】

      

【金沢支部】

     

【静岡支部】  

     

【四日市支部】

それぞれの個性が光る着こなしに教室も一気に華やかになり、みんな浴衣の日を楽しんでくれたようです♪♪♪    

 

≪お知らせ≫

8月6日に「ゆかた体験」を開催します!本物の和裁を体験できるチャンスです!詳しくはホームページをご覧ください!   

↓    ↓    ↓    ↓    ↓

https://toawasai.jp/news/2022/06/-8-1.html           

↓着物がもっと好きになる一日でした(*´ ˘ `*)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2022-07-16 | 季節の行事

7月夢ちゃんカレンダー&AO入試説明会&浴衣作り体験ご参加申し込み受付中!

じめじめした梅雨の時期は嫌だな~と思っていたら、今年はあっという間に梅雨が明けて

本格的な夏が来てしまいました。

暑さに中々身体が慣れず、早くもバテ気味のこの頃です。

こまめな水分補給や十分な睡眠をとりながら今年も暑い夏を乗り切りましょう!!

      

7月の夢ちゃんカレンダーでは夢ちゃんの新しい浴衣姿をお披露目です♪

金魚の柄がとっても涼しげです♡夢ちゃんも団扇で熱中症対策していますよ~!

待ち受け等にお使い頂けます♡ ダウンロードはこちら→https://toawasai.jp/corporate/ai3blog/220701_2022-7.html

全身はこちらです♡ 渾身の柄合せ、金魚をどこに出すかにこだわりましたよ!!特に後ろのポイントにご注目(笑)

IMG_1838.jpg

IMG_3084.jpg       

さて、東亜和裁で絶賛開催中のAO入試説明会に参加すると小物作り体験に参加して頂けます!

2023_AO1.png

小物作り体験はL字ファスナーポーチ三角ファスナーポーチふた付きファスナーポーチ

の3種類からお選び頂けます。

インスタのリールでちょこっとご紹介中です

お裁縫が初めてと言う方もご安心ください!先生がやさしく教えて下さいます(^ ^)

ぜひ、ちくちく小物作り体験をご一緒にやってみませんか??              

2022年8月ゆかた 制作体験会.jpg

8月6日はゆかた製作体験会を行います。

会場は、名古屋支部・仙台支部・盛岡支部・新潟支部・四日市支部・金沢支部・静岡支部

からお選び頂けます。

ぜひ、可愛い浴衣をご一緒に作ってみませんか??

         

体験会にご参加申込みはこちらから♡
 ↓   ↓   ↓              
https://toawasai.jp/meeting/index.html
↓東亜和裁のインスタ・twitter・Face Bookなども是非ご覧ください!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2022-07-02 | お知らせ

2022春のおでかけ研修 Part3

春のでかけ研修Part3

今年の春のおでかけ研修レポートもいよいよこちらで最後です!

Part3は豪華に盛岡支部新潟支部静岡支部の三本立てでご紹介しちゃいます☆

      

2022年春のおでかけ研修、Part1&Part2もまだの方は是非ご覧ください!!

      

      

【盛岡支部】

「ガラス体験工房 森のくに」さんに盛岡支部に出張体験に来ていただき、フュージング体験をしました!

R4 盛岡支部 春の研修7.jpg

R4 盛岡支部 春の研修1.jpg

フュージングとはガラス工芸の技術の一種で、電気炉でガラスを溶かしアクセサリーや器を作る

法です。今回は、ヘアゴム、ブローチ、スプーン、そして「着物を扱う所ということだったので

と、帯留も候補に入れていただきました!

好きな色のガラス板を選び、その上にミルフィオリという金太郎飴のような柄のついたガラスを

置いていきます。イタリア語で、ミルフィオリは千の花という意味だそうです。

R4 盛岡支部 春の研修5.jpg

R4 盛岡支部 春の研修8.jpg

たくさんあって悩みましたが、みんなそれぞれ可愛いデザインができました!

R4 盛岡支部 春の研修6.jpg

講師の先生から着物の仕立ても手仕事、物作り、種類は違うけどガラス工芸という物作りの仲間

として、一緒に盛り上げていきたいですねとお言葉をいただき、嬉しかったです!

出来上がりは10日程ということで、届くのが楽しみです!!

         

研修生が作ったガラス工芸の出来あがりは盛岡支部のインスタからご覧になれます♡   

       

                

【新潟支部】

新潟支部の春の研修は、林仏壇店さんで蒔絵体験をしてきました。

名の伝統工芸士の方に描きを教わりながら、それぞれ髪飾りとスプーンに絵付けしていきます。

R4.6.7 新潟支部 春の研修レポート6.jpg

練習用の幅が広い板に描くのも難しいのにスプーンに描けるか不安でしたが、何とか頑張って

描き、金粉を付けて完成です!

金粉を付けるとまた見え方が変わってとても素敵なものが出来上がりました♡

         

R4.6.7 新潟支部 春の研修レポート5.jpg

行きかえりは信濃川沿いを散策しながら向かいました。天気も良くて散策日和でした。

R4.6.7 新潟支部 春の研修レポート4.jpg

お昼もかわいいお店でおなかいっぱい食べてとてもいい研修になりました。

   

【静岡支部】

日本平動物園へ行ってきました~!

ライオンやピューマにジャガー、ホッキョクグマにペンギンなどなど沢山の動物たちがいました。

R4.6.7 静岡支部 春の研修レポート5.JPG

R4.6.7 静岡支部 春の研修レポート6.JPG

R4.6.7 静岡支部 春の研修レポート4.JPG

去年の11月にジャガーの双子ちゃんが産まれたのですがやはり人気者で写真は断念...

目にしっかり焼き付けて来ましたよ(´。✪ω✪。`)

         

ふれあい動物園ではウサギを抱っこさせてもらいました♡

とてもふわふわで可愛かったです。

R4.6.7 静岡支部 春の研修レポート2.JPG

        

馬のレベッカはこの写真の後に駆け回っていました!ファンサービスがすごい。R4.6.7 静岡支部 春の研修レポート3.JPG

      

お昼ご飯には戸隠そばの磯おろしをいただきました。

R4.6.7 静岡支部 春の研修レポート1.JPG

冷たいお蕎麦に甘めのつゆがかかっていて、海苔、揚げ玉、絹さや、そして大根おろしと生姜の

薬味が添えられていて、とても美味しかったです(๑´ڡ`๑)

《磯おろし豆知識》
元々まかないメニューだったものが商品化して人気になったのだとか...
この「磯おろし」は商標に登録されているんですよ~!

    

    

蒔絵にフュージングにウサギとの触れ合い、う~んどの支部もとっても楽しそう...!

機会が有ればどれも是非、体験してみたいです。

今回も全支部、無事に研修を終える事が出来て良かったです(^^)

↓次回もどんな研修になるのかとても楽しみです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2022-06-17 | お出かけ研修

夢ちゃん研修日記・全国コンクール合宿(長着)

全国和裁技能コンクールが6月19日に東京で開催されます。

東亜和裁からも長着部門に10名・長襦袢に2名の選手が参加です!!

その為、コンクールに向けて5月31日~6月2日の3日間で合宿が行われました。

今回は三日間の合宿の様子をお伝えします!

    

                 

1日目はコンクールと同じ内容で5時間半ンペをしました。

◎本番では長着製作は・左袖縫い両袖付表衿付共衿付け仕上げの作業を5時間半で行い    

 ます。

      

これまでコロナウィルスの影響で他支部との交流がなく、三年生にとっては初めての合宿でした。

「大人数でのコンペは緊張感があって手が震えました。」と話してくれました。

R4.6.8 全コン合宿4.JPGのサムネイル画像

R4.6.8 全コン合宿2.JPG

R4.6.8 全コン合宿3.jpeg

夢子「緊張したけど時間内に完成したよ~!!」

IMG_4077.png

コンペが終わり、それぞれの作品を見る時間を設けました。先生に見てもらいアドバイスをもらったり、近くの子と会話したり最初よりも明るい雰囲気で一日目を終わることができました!

     

      

2、3日目は勉強会を行いました。先生に衿付けなど、みんなが苦手とする箇所の縫い方や作業の仕方を実践して教えていただきました。

先生や周りの子のアドバイスで布の持ち方を変えたり、気をつけたいところを意識したら今までで一番きれいにできた、と喜んでいる子もいました。

IMG_4106.JPG

DSCN9283.JPG

IMG_4100.JPG    

IMG_4104.JPG

今回は合宿だけ参加の子もいて、「来年は全国コンクールに出場できるように頑張りたいです。」と言ってくれました(^^)

3日間たくさん意見や考え方を交流できて新しい発見があり勉強になりました。    

 

夢子「苦手箇所を丁寧に教えてもらったおかげで自信が付いたみたい!合宿で学んだ事を本番で活かせるように練習頑張るぞ~!!」       

       

↓本番まであと少し!皆ガンバレ~!ファイトー୧(`•ω•´)୨⚑゛
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2022-06-17 | 夢ちゃん研修日記