4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

たくさん縫ってスピードアップ!ショートコンクール!

6月、「ショートコンクール」がありました。ショートコンクールとは期間である7日間に、時間を計りながらお袖を縫う練習(=コンペ)をしようという内容です(^○^)7日間でよりたくさんのお袖練習をし、スピードアップを目指します\(^o^)/

ショートコンクールの様子を支部ごとに紹介していきます☆枚数表も支部ごとに一つひとつ違い、しかも手作りです(^○^)コンクール終了後に枚数表の変化や、研修生の成長ぶりにも注目してご覧ください!

【盛岡支部】

毎回時間を意識して、計画的に頑張っています!ショートコンクールの枚数表は、1回お袖コンペが出来たら、紫陽花の花を咲かせていきます!いろんな色の花びらを用意したので、最終日どんな紫陽花になるか楽しみです。今の所、青系の紫陽花となっていますよ(^_^)

R2.6.15 ショートコンクール盛岡.jpg

コンクール終了後は、たくさんお花を付けて、カラフルなかわいい紫陽花となりました!

R2 ショートコンクール 終了後 (4) 盛岡.JPG

【仙台支部】

袖コンペを行った1年生が「覚えた袖の工程を時間を計って縫うことが精一杯でまだ速く動くことが出来ませんが袖を縫うことが楽しいです!」という感想をくれました!

1回目のコンペでは2時間30分かかっていたものが最終日には1時間30分になり回数を重ねるたびに早くなっていくことで研修生も楽しめたようです(^^)

【新潟支部】

新潟支部ではショートコンクールに参加した数だけ飴玉がためられる枚数表になっています。1年生と一緒にコンペをしてくれた上級生には猫シールが貼られています(=^・^=)

R2.6.15 ショートコンクール新潟.JPG

【金沢支部】

目標達成者にはリボンを貼りました!

R2 ショートコンクール 終了後 (3) 金沢.JPG

【名古屋支部】

名古屋は一人づつ自分で描いたつるに実がなっていくようにしました。1回袖コンペをするたびに1つシールを貼ってどんどん実がなっていきます。

R2.6.15 ショートコンクール名古屋 (1).jpg

R2.6.15 ショートコンクール名古屋 (2).jpg

コンクール終了後、個性豊かな蔓に実がなりました。実の色も同じ色で揃える人と色々な色の実の人がいて面白いです。

R2 ショートコンクール 終了後 (1) 名古屋.JPG

【四日市支部】

今年は1年生と上級生と別日で行われています。

特別に2年生の先輩にオブザーバーとして1年生の袖コンクールに1回参加してもらいコンペを一緒に行いました!

先輩に引っ張られてタイムも速くなりました。記録用紙とグラフも作り、一目で自分の速さが分かるようにしました。

1回でも多くコンペができるように頑張ります!

R2.6.15 ショートコンクール 四日市 (1).JPG

R2.6.15 ショートコンクール 四日市 (4).JPG

コンクールの目標や結果を記録していくチェック表もかわいいイラストがいっぱい!

R2.6.15 ショートコンクール 四日市 (2).JPG

記録用紙にはモンスターのコメントシールを貼りました。グラフを見るとどんどん速く縫えているのがよく分かって良かったです(*^_^*)

R2 ショートコンクール 終了後 (2) 四日市.JPG

R2 ショートコンクール 終了後 (5) 四日市.JPG

先輩と一緒にコンペをしたり、時間を意識して作業することで今までの縫いのスピードより速く縫えるようになったと思います。

ショートコンクールは終わりましたが今後もスピードを意識した作業ができるように取り組みたいです!

↓グラフにすることで成長が目に見えて、研修生本人も嬉しかったでしょう(●^o^●)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2020-07-03 | 夢ちゃん研修日記

お家にある裁縫セットでお手軽に!簡単半衿の付け方☆

皆さまお久しぶりです(^○^)葵です!

今日は「お手軽!バチ衿の半衿つけ」についてお伝えしていきます!

長襦袢の衿は大きく分けて「バチ衿」「広衿」の2種類です。バチ衿とは、衿山のところの衿巾は狭く、衿先に向かって衿巾が徐々に広がっている衿のことをいいます。

広衿は巾が広いので、着用の時に衿巾を折りますが、バチ衿はその必要がありません(*^_^*)

R2.5.22 葵先生  (1).JPG

付けたい半衿はこちらです!!黒地の絞りの柄です(*^_^*)

今回のブログでは、使うものは主に、針・糸・アイロンです!本格的な和裁道具がお家になくても手軽にできる簡単な半衿つけのやり方を紹介したいと思います!!

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (1).JPG

まず、短い方をアイロンで折っていきます。端の方の黒地の部分は表に出したくないので、今回の半衿では柄の切り替えの所で折ります。折った後、写真の赤い線のように糸でとめます。

白などの無地の半衿をつける時は、端から1.5cm位をアイロンで折り、糸でとめて下されば良いです!

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (2).JPG

半衿の長い方は、端から1cmぐらいの所をアイロンで写真のように折っていきましょう(*^_^*)

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (4).JPG

それでは待ち針を打っていきましょう!

表側から付けていきます。身頃の背縫いと半衿の中心を合わせて針を打ちますが、この時、写真のように長襦袢の白い地衿が見えてしまうのは少し格好悪いので、、、

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (8) 編集後.jpg

このように長襦袢の衿が見えないようにまち針を打ちましょう!

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (9).JPG

縫い始めの所に待ち針を打って留めていきます。待ち針は中心に1本、縫い始めの端に1本、その間に5~6本ぐらいの針を打ってあげると良いと思います。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (11).JPG

それでは縫っていきましょう!半衿の端から3~4mmぐらいの位置を出来るだけまっすぐ縫っていきます。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (12) 編集後.jpg

下の写真のように2~3cmの間隔でとめていきます。縫うときは、身頃の生地ではなく、長襦袢の衿の生地をすくうことがポイントです(^○^)

背縫いの所まで縫えたら、反対側も続いて同じ縫い方でとめていきます。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (13) 編集後.jpg

表側がすべて縫えたら次は裏側です。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (15).JPG

半衿で衿をくるんであげて、まずは背縫いの所に1本針を打ちます。半衿でくるむ時に、ブヨブヨとしたゆるみがないようにしましょう。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (16).JPG

長襦袢を着用する時、裏側は内回りとなり、特に女性は衣紋を抜いて着るので、ブヨブヨとしたゆるみが首の後ろあたりに目立ってしまうことがあります。

それを防ぐために背縫いから約10cmぐらいまで半衿を少し貼り気味にしてつけます。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (20).JPG

写真のように背縫いからそれぞれ10cmの所に針を打ちます。(☆から♡まで)

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (23) 編集後02.jpg

表と同じように、半衿の端と中心と端の間に待ち針を打ち、縫っていきます。

端から☆までは表と同じ縫い方です。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (24).JPG

☆まで来たら縫い方が変わります。分かりやすいように赤い糸で縫いますよ!

写真のように糸を出したところから1mmほど戻ったところに針を刺し、、、

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (30).JPG

そのまま地衿の中を1cmほど進み、針を出します。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (31).JPG

黄色の印のように約1cmの間隔で小さな点を出しながら留めていきます。

縫い方を変える理由は、先ほど少しお話しましたが、大人の女性は衣紋を抜いて着るので、裏の首の後ろあたりが見えやすくなり、大きな縫い目で縫ってしまうと、縫い目が見えてしまう可能性があるからです。

縫い目が目立たないように、小さな縫い目にするのです。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (33) 編集後.jpg

上の写真の☆から♡まで小さな縫い目で縫い終えたら、残りは、表と同じように2~3cm間隔ですくって留めていきます。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (37).JPG

半衿が付きました!!当て布をあてながら、アイロンで仕上げるとさらにピッタリときれいに仕上がります。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (39).JPG

皆さんも試してみてくださいね!

今後も半衿付けに関してのブログを発信していきます。次回は、東亜のプロの和裁技能士さんによる本格的な半衿付けのやり方を紹介する予定です!

↓大きい目で縫う所は着用時には着物が上に重なるので見えません。多少の縫い曲がりは気にせず、とにかく楽しんでやってみてください(*^_^*)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

2020-06-27 | 着物ミニ知識

新入生歓迎会をしました!

コロナウイルスの感染予防として「三密」を防ぐ目的で、名古屋支部では4月の後半から5月にかけて支部の研修生と指導員を2チームにわけての研修を行ってきました!

感染者数が徐々に減っていっている状況をふまえ、今月から全員での研修がスタートとなりました☆

そして、コロナウイルスの影響でずっと延期になっていた名古屋支部の新入生歓迎会をようやくすることができました\(^o^)/

R2.6.12 名古屋歓迎会 (1) 変更済み.jpg

おいしいシュークリームに気持ちも"うきうき"です!

2年生のみんなは、お菓子やジュースを準備してくれたり、歓迎会の司会もしてくれたりと活躍してくれました!!

R2.6.12 名古屋歓迎会 (7).JPG

名古屋の1年生は16名と多いので久しぶりに会った上級生はみんなの顔と名前がまだ憶えられていません・・・。

1年生一人ずつ自己紹介のために名前と出身地、何か一言を発表してもらいました。

愛知県はもちろんのこと岐阜県の人も多かったです。でも、中には和歌山県や長崎県など遠いところから来た人もいて、「おぉ~!」とか「そうなんだー!」とか盛り上がりました。

R2.6.12 名古屋歓迎会 (3) 編集後.jpg

夢ちゃんもおいしいシュークリームに大満足!今年度から後輩が出来ましたね(*^_^*)

「後輩のお手本となれるように今年もがんばりたいな!」

R2.6.12 名古屋歓迎会 (4).JPG

↓元気な1年生がたくさんで、とてもいい雰囲気の歓迎会となりました!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

2020-06-15 | 夢ちゃん研修日記  季節の行事

研修レポート!金沢編

6月に入り、夏らしい季節となってきました。

今回のブログでは金沢支部の様子を1年生を中心に紹介します(*^_^*) 初々しい1年生の気持ちがお伝えできれば嬉しいです♡

入所をしてもうすぐ2か月半が経とうとしています。

新型ウイルスコロナの感染拡大で不安な日々を送っていましたが、負けずに頑張って研修しています。

入所当時は運針がうまく出来ず、1本縫うのに20分位かかっていたのに、今は10分ちょっとで縫えるようになりました(*^。^*)

今の目標は10分を切る事です!

夢ちゃんが名古屋支部から遊びに来てくれました!!夢ちゃん 金沢支部初訪問です(●^o^●)

R2新入生金沢 (5).JPG

今はウールの着物を縫っています。背縫い脇縫いなどはミシン仕立てです。だんだん慣れてきたかな?

R2新入生金沢 (1).JPG

R2新入生金沢 (8)編集後.jpg

ミシンの後は、脇や衽の縫い代を折ってとめる「くけ」や、「衿付け」の行程に入っていきます。

何とか縫い方を覚えることが出来たので、次は運針同様に時間を意識し、早く縫い上げたいです!

R2新入生金沢 (3).JPG

先生が衿付けのアドバイスをくれました!少しでも衿がきれいに付くように意識しなきゃです!

R2新入生金沢 (4).JPG

縫製するところに印をつける「印し付け」も自分でしますが、難しいです・・・・ 早く覚えなくては・・・・

先輩方は印をあっという間につけてしまっています。

私も先輩のように、手際の良い作業が出来るよう頑張ります(*^。^*)

R2新入生金沢 (10).JPG

R2新入生金沢 (2).JPG

「和裁の匠になりたい」という皆さんの純粋な気持ちを応援していますよーー!

今後も東亜和裁の研修の様子をお伝えしていきますヽ(^o^)丿

↓東亜和裁のインスタ・twitter・Facebookなども是非ご覧ください!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

2020-05-28 | 夢ちゃん研修日記

今年度も元気に研修中!

今年度の東亜の和裁研修は、コロナウイルスの影響もあり、例年にないスタートとなりました。しかし、このような状況でも【三密】対策をしながら様々な工夫をし、4月から和裁の研修を実施しております!

4月から東亜での研修を始めた1年生たちは、運針の練習を地道に継続していて、着実にその技能を身に付けている最中です。

R2.5.21 1年生運針 (5).JPG

正座での研修もそろそろ慣れてきたかな?

R2.5.21 1年生運針 (7).JPG

細かく大分均等な目で縫うことができましたね!コツコツと練習を重ねた成果ですね(*^。^*)

1年生であってもたくさん練習を重ねれば、ここまで出来栄えの良い運針をすることも出来るのです!

R2.5.21 1年生運針 (9).JPG

2年生の運針もご覧いただきましょう。こちらは現在の2年生が約1年前に縫った運針です。

2019年度 1年生運針 (1) 編集後01.JPG

1年生の時は縫い曲がりが結構目立っていましたが、ここまで縫い曲がりをおさえることができました。

今後もたくさん練習しながら少しずつ技能が向上していくとこでしょう(●^o^●)

R2.5.21 2年生運針 (1).JPG

多くの地域で緊急事態宣言が解除され、元の生活が少しずつ戻りつつあります。今後も東亜ではこのような状況と向き合いながら、みんなの安全と健康第一で研修に励んでいきたいと思います!

↓今後も東亜での研修をお伝えしていきます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

2020-05-21 | 未分類