4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

ハウツー の記事一覧

半衿のつけ方 【刺繍半衿の場合】

葵先生による「半衿つけブログ第4弾」です!

★これまでの半衿付けブログはこちら!

 第一弾 お家にある裁縫セットでお手軽に!簡単半衿の付け方☆

 第二弾 【本格的】半衿のつけ方~バチ衿の時~

 第三弾 半衿の付け方 【広衿の場合】

今回は、刺繍半衿のつけ方を紹介していきます\(^o^)/

R3.1.23 刺繍半衿.JPG

まず刺繍半衿について少しお話します。下の写真は、半衿が二つに折られた状態のものです。

DSC_0672 編集後 02.jpg

一般的に刺繍半衿は、写真の位置に左右対称に刺繍が入ってることが多いです。顔の周りに華やかな刺繍があることによって、明るい印象になりますよね!自分なりのお洒落も楽しむことが出来ます(*^。^*)

DSC_0673_CENTER.JPG

長襦袢に半衿を付けていきましょう(*^_^*)刺繍半衿を付ける際の最大の特徴は、着用した時に半衿の柄がしっかり見えるように、長襦袢の裏側から半衿を付けていくということです。

縫い方に関しましては、「半衿ブログ第1弾」と同じですので、簡単に解説していきます。長襦袢の表側から縫うか、裏側から縫うのかの違いです。

まず、半衿の長い方の辺を約1cm折り、身頃の中心(背縫いのところ)と半衿の中心をまち針で留めます。

R3.1.23 刺繍半衿つけ (3) 編集後.jpg

端までまち針を打っていきますが、第1弾のブログ同様、背中心から15cmぐらいは、半衿を少し張って待ち針を打ちます。

これは着用した時に半衿の内側(首の後ろ)にシワが寄るのを予防するためです。(下の写真の右側が背中心です)

IMG_2590.png

端からこのように大きな目(2~3cm)で縫ってもらって大丈夫です!

R3.1.23 刺繍半衿つけ (15) 編集後.jpg

半衿を張り気味にした場所(背中心から約15 cm)は、このように小さい縫い目で縫っていきます(^o^)

R3.1.23 刺繍半衿つけ (19) 編集後.jpg

反対側も同じように縫います。

長襦袢の裏側に半衿が付きました!

R3.1.23 刺繍半衿つけ (1) 編集後02.jpg

裏返して今度は表側を縫います。

R3.1.23 刺繍半衿つけ (27) 編集後.jpg

まずは、背縫いのところに針を1本打ち、その周りにもまち針を打っていきます。

R3.1.23 刺繍半衿つけ (30) 編集後.jpg

表側は着用した時に縫い目は見えないので、最初から最後まで、先ほどと同じように大きい目で縫っていきます。

R3.1.23 刺繍半衿つけ (38) 編集後.jpg

多少の縫い曲がりはあまり気にしないで、楽しくザクザクと縫っていきましょう(*^_^*)

R3.1.23 刺繍半衿つけ (39) 編集後.jpg

半衿付けが完了しました!この縫い方でやれば、着物を着た時も柄をしっかり出すことが出来ます☆

R3.1.23 刺繍半衿つけ (8) 編集後.jpg

こちらに半衿付けの動画もあります。

今回のブログは、【丁寧な付け方】と同じやり方になりますが、動画でも分かりやすく説明していますので、ご覧ください\(^o^)/

(動画では長襦袢の表側から付けています。刺繍半衿は裏側からになりますので、ご注意ください。

また、【簡単な付け方】の動画も紹介します。こちらはよりお手軽につけることが出来ます。半衿をたくさん付け替えて楽しみたい方におすすめです☆


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

2021-02-05 | ハウツー

半衿の付け方 【広衿の場合】

半衿付けブログ、第3弾です!

★これまでの半衿付けブログはこちら!

 第一弾 お家にある裁縫セットでお手軽に!簡単半衿の付け方☆

 第二弾 【本格的】半衿のつけ方~バチ衿の時~

今回は、葵が広衿の場合の半衿つけについてご紹介します!このやり方は、比較的丁寧なやり方です。きちんと半衿を付けたい方におすすめです(^o^)

一般的に、広衿の巾は約11cmぐらいで、バチ衿より広いです。着付けの際は、衿の巾を折るのですが、自分の好きな巾に折ることが出来ます。また、巾が広いことにより、バチ衿よりも胸周りがはだけにくくなるのも特徴です。

やり方は、6月に公開した【簡単半衿つけ】ブログと重なるところがありますので、簡単半衿つけブログも参考にして下さると分かりやすいかと思います。

R2.10 支部訪問新潟 (5) 02.JPG

半衿の端は、1cm位アイロンで折って、糸で留めます。(分かりやすい説明のために、赤い糸を使っていますが、皆さんは半衿の色と出来るだけ同じ色を使って下さい。)R2.11 半衿付け広衿 (3).png

長い方の辺を1cmぐらい折り、長襦袢の衿に待ち針で留めていきます!半衿の中心を長襦袢の背縫いの所に合わせます。半衿にゆるみがないように、また、長襦袢の衿が見えないように待ち針で留めていきましょう!

R2.11 半衿付け広衿 (6) 編集後.png

待ち針で留めたら表側から縫っていきます!縫い方は、半衿の端から2~3mmぐらいの深さのところを縫っていきます。縫うのは半衿と衿の生地のみです。長襦袢の身頃の生地をすくわないように気を付けましょうヽ(^o^)丿

R2.11 半衿付け広衿 (7).png

背中心まで縫えたら、反対側も同じように待ち針を打ちます。

R2.11 半衿付け広衿 (9) 編集後.png

同じように縫っていきます。2~3cmの間隔で半衿と長襦袢の衿をすくっていきます。

R2.11 半衿付け広衿 (11).png

縫い終わりました!

R2.11 半衿付け広衿 (13).png

次は、衿の黄色で囲ってある側と半衿をとめていきます☆

R2.11 半衿付け広衿 (14) 編集後02.png

まず、身頃の中心のところに待ち針を打ちます。親指と人差し指を伸ばした距離は、下の写真のように半衿を張って待ち針を打ちましょう(*^_^*)ここは着用した時に内回りになるところで、半衿にブヨブヨしたゆるみが出ないように半衿をきつくして付けます。

R2.11 半衿付け広衿 (25) 編集後02.png

ここでも衿が見えないように待ち針で留めていきます。半衿を張って留めたまち針までは、2~3cmの間隔で縫っていきましょう。

R2.11 半衿付け広衿 (19).png

半衿を張って留めたまち針まで縫えたら、縫い方が変わります(^O^)1cmぐらいの間隔で1mmぐらいの小さい点を出して留めます。

R2.11 半衿付け広衿 (20).png

中心まで縫ったら、反対側も同じように半衿を張って待針を打ち、小さい点を出しながら留めていきますヽ(^o^)丿長襦袢の衿にゆるみがあって縫うのが難しい時は、待ち針を細かく打ってあげて下さい。

R2.11 半衿付け広衿 (24).png

小さい点で縫うのが終わりました!

残りは、これまでのように大きな縫い目で縫っていきましょう!

R2.11 半衿付け広衿 (28)02.png

半衿が付け終わりました~☆

R2.11 半衿付け広衿 (29).png

広衿の長襦袢を着用する時は、内側に折ります。背中心にスナップボタンを付けて留めると、着付けが少し楽になるかと思います。

R2.11 半衿付け広衿 (30) 編集後.png

↓半衿は気軽におしゃれを楽しめるアイテムです。お気軽にお試しください(^v^)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

2020-12-11 | ハウツー

【本格的】半衿のつけ方~バチ衿の時~

皆さまお久しぶりです(^○^)葵です!!

今日は「バチ衿の半衿つけ」についてお伝えしていきます!6月に公開したブログでは、【簡単 半衿つけ】について書きましたが、今回のブログでは、私たちのような東亜の和裁技能士さんの本格的な半衿つけのやり方を紹介します!!

長襦袢の衿は大きく分けて「バチ衿」「広衿」の2種類です。バチ衿とは、衿山のところの衿巾は狭く、衿先に向かって衿巾が徐々に広がっている衿のことをいいます。

広衿は巾が広いので、着用の時に衿巾を折りますが、バチ衿はその必要がありません(*^_^*)

R2.5.22 葵先生  (3).JPG

今回付けたい半衿はこれです!裏と表で違う柄が楽しめるし、合わせる着物や、その日の気分で付け替えることも出来ますよ!

R2.5.22 半衿つけ (6).JPG

まずはコテで縦方向に半衿を折っていきます。ここの部分は着用した時に目立つ部分になってくるので、出来るだけ綺麗にまっすぐ折りましょう(*^_^*)

R2.5.22 半衿つけ (22).JPG

それでは半衿を付けていきましょう!!

R2.5.22 半衿つけ (18).JPG

衿の端を先ほどの折りすじに合わせておきます。その時に身頃の中心の位置と、半衿の中心の位置を合わせましょう。半衿は左右対称に付けるのです(●^o^●)

R2.5.22 半衿つけ (11).JPG

待ち針を打っていきます。写真の位置で針を打ち、先ほどの折りすじが衿の端からずれてしまわないようにする工夫です(*^_^*)

R2.5.22 半衿つけ (5).JPG

ブヨブヨとしたゆるみがないように、ちょうど良いつりあいで針を打っていきます!

R2.5.22 半衿つけ (8).JPG

針打ちができました!それでは縫ってとめていきましょうヽ(^o^)丿

R2.5.22 半衿つけ (17).JPG

糸が通るところを図にしました。

半衿の縫い始めはすくい留めなどでしっかり留めます。地衿の中を5分(約1.8cm)ぐらい進み(水色の線)、半衿の生地を少しすくって糸でとめていきます(黄色の点)。「地衿の中を5分ぐらい通る、半衿側に小さい針目を出す」を繰り返していきます。「針目が大きくなりすぎないように」や「半衿の端から地衿が見えないように」など、細かい所まで注意します。

R2.5.22 半衿つけ (2) 編集後.jpg

裏側も留めていきますよ~~

同じように衿に半衿をしっかりと沿わせます。

R2.5.22 半衿つけ (15) 編集後.jpg

針打ちができました!裏側の衿は内回りになるので、着用した時に半衿にシワがよらないように、半衿を貼り気味にして待ち針を打ちます!

R2.5.22 半衿つけ (12).JPG

半衿がつきました!最初に折った折りすじも衿の端にしっかりと沿っていて、綺麗です♡小さな点を出しながら縫っていくので、縫い目もほとんど目立ちません(^o^)

R2.5.22 半衿つけ (21).JPG

着用した写真がこちら!黒のシックな着物と紫・黒の千鳥格子が良く合いますね!!

R2.5.22 半衿つけ(23).JPG

裏側の黄色も、このコーディネートの刺し色となってくれてとてもおしゃれです!!

R2.5.22 半衿つけ(25).JPG

半衿を付け替えるだけでも全体の印象が変わり、おしゃれのはばも広がります。ぜひ楽しんでみてください(●^o^●)

↓葵先生「そろそろ袷着物の季節ですね!新しい半衿を付けようかしら(*^_^*)」
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2020-10-17 | ハウツー

お家にある裁縫セットでお手軽に!簡単半衿の付け方☆

皆さまお久しぶりです(^○^)葵です!

今日は「お手軽!バチ衿の半衿つけ」についてお伝えしていきます!

長襦袢の衿は大きく分けて「バチ衿」「広衿」の2種類です。バチ衿とは、衿山のところの衿巾は狭く、衿先に向かって衿巾が徐々に広がっている衿のことをいいます。

広衿は巾が広いので、着用の時に衿巾を折りますが、バチ衿はその必要がありません(*^_^*)

R2.5.22 葵先生  (1).JPG

付けたい半衿はこちらです!!黒地の絞りの柄です(*^_^*)

今回のブログでは、使うものは主に、針・糸・アイロンです!本格的な和裁道具がお家になくても手軽にできる簡単な半衿つけのやり方を紹介したいと思います!!

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (1).JPG

まず、短い方をアイロンで折っていきます。端の方の黒地の部分は表に出したくないので、今回の半衿では柄の切り替えの所で折ります。折った後、写真の赤い線のように糸でとめます。

白などの無地の半衿をつける時は、端から1cm位をアイロンで折り、糸でとめて下されば良いです!

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (2).JPG

半衿の長い方は、端から1cmぐらいの所をアイロンで写真のように折っていきましょう(*^_^*)

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (4).JPG

それでは待ち針を打っていきましょう!

表側から付けていきます。身頃の背縫いと半衿の中心を合わせて針を打ちますが、この時、写真のように長襦袢の白い地衿が見えてしまうのは少し格好悪いので、、、

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (8) 編集後.jpg

このように長襦袢の衿が見えないようにまち針を打ちましょう!

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (9).JPG

縫い始めの所に待ち針を打って留めていきます。待ち針は中心に1本、縫い始めの端に1本、その間に5~6本ぐらいの針を打ってあげると良いと思います。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (11).JPG

それでは縫っていきましょう!半衿の端から3~4mmぐらいの位置を出来るだけまっすぐ縫っていきます。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (12) 編集後.jpg

下の写真のように2~3cmの間隔でとめていきます。縫うときは、身頃の生地ではなく、長襦袢の衿の生地をすくうことがポイントです(^○^)

背縫いの所まで縫えたら、反対側も続いて同じ縫い方でとめていきます。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (13) 編集後.jpg

表側がすべて縫えたら次は裏側です。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (15).JPG

半衿で衿をくるんであげて、まずは背縫いの所に1本針を打ちます。半衿でくるむ時に、ブヨブヨとしたゆるみがないようにしましょう。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (16).JPG

長襦袢を着用する時、裏側は内回りとなり、特に女性は衣紋を抜いて着るので、ブヨブヨとしたゆるみが首の後ろあたりに目立ってしまうことがあります。

それを防ぐために背縫いから約10cmぐらいまで半衿を少し張り気味にしてつけます。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (20).JPG

写真のように背縫いからそれぞれ10cmの所に針を打ちます。(☆から♡まで)

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (23) 編集後02.jpg

表と同じように、半衿の端と中心と端の間に待ち針を打ち、縫っていきます。

端から☆までは表と同じ縫い方です。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (24).JPG

☆まで来たら縫い方が変わります。分かりやすいように赤い糸で縫いますよ!

写真のように糸を出したところから1mmほど戻ったところに針を刺し、、、

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (30).JPG

そのまま地衿の中を1cmほど進み、針を出します。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (31).JPG

黄色の印のように約1cmの間隔で小さな点を出しながら留めていきます。

縫い方を変える理由は、先ほど少しお話しましたが、大人の女性は衣紋を抜いて着るので、裏の首の後ろあたりが見えやすくなり、大きな縫い目で縫ってしまうと、縫い目が見えてしまう可能性があるからです。

縫い目が目立たないように、小さな縫い目にするのです。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (33) 編集後.jpg

上の写真の☆から♡まで小さな縫い目で縫い終えたら、残りは、表と同じように2~3cm間隔ですくって留めていきます。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (37).JPG

半衿が付きました!!当て布をあてながら、アイロンで仕上げるとさらにピッタリときれいに仕上がります。

R2.6.11 半衿つけ 簡単 (39).JPG

皆さんも試してみてくださいね!

今後も半衿付けに関してのブログを発信していきます。次回は、東亜のプロの和裁技能士さんによる本格的な半衿付けのやり方を紹介する予定です!

↓大きい目で縫う所は着用時には着物が上に重なるので見えません。多少の縫い曲がりは気にせず、とにかく楽しんでやってみてください(*^_^*)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2020-06-27 | ハウツー