4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

2021年2月 の記事一覧

技能グランプリが開催されました!

2月20日・21日に「技能グランプリ」という大きな大会が開催されました!

技能グランプリとは・・・・

熟練技能者が技能の日本一を競い合う大会で、参加資格は、特級、1級及び単一等級の技能検定に合格した技能士の方になります。2年に1回開催されます。

技能検定1級というのは、職業訓練指導員免許を持っている場合でも1年以上、実務経験のみの場合は7年以上の実務を経験した熟練技能者が受験する検定試験です。

 技能五輪全国大会が原則23歳以下の若者を対象とした技能競技会であるのに対し、技能グランプリは年齢に関係なく、熟練技能を競う文字通り全国規模の技能競技大会です。

開催場所は、昨年の技能五輪全国大会の開催地と同じである「愛知県国際展示場」です!

葵先生が応援に行きました!「お天気も良くて気持ちいい☆♪」

R3.2.20 グランプリ (10).JPG

和裁の競技内容は 9時間で 裁断、印付け(丈の印のみ)が終わった「付下げ」を完成させます。これは熟練した職人さんであっても時間的余裕はさほどないかと思われます。まさに、和裁を研修することにおいてとても大切な「速く綺麗に縫う」です!

R3.2.20 グランプリ (20) 編集後.jpg

会場の視察にきた愛知県知事も熱心に仕立てのコツを和裁の先生方から聞いておられました。

R3.2.20 グランプリ追加画像 (7).jpg

これが和裁の競技会場(^O^)五輪の時と同じように一つの会場でたくさんの種目が競技されます。

R3.2.20 グランプリ (4) 編集後.jpg

和裁の会場では、寝具、かわらぶき、レストランサービスなど様々な業種の匠の技を目にする事もできました。

R3.2.20 グランプリ追加画像 (3).jpg

R3.2.20 グランプリ追加画像 (4).jpg

R3.2.20 グランプリ追加画像 (5).jpg

R3.2.20 グランプリ追加画像 (6).JPG

選手は競技前日に会場入りし、下見が出来ます。今年の和裁の選手は6名と少なめですが、熟練した職人さんであることは変わりありません。レベルの高い戦いになることでしょう。\(◎o◎)/

葵先生「今年度は、東亜の金沢支部から2名が出場します!!!二人がしっかり力を出し切れることを願っております(^O^)

競技は2日間にわたります。1日目の競技がスタートしました!お袖から作成する選手、身頃から作成する選手と仕立ての順番も人によって様々です。

R3.2.20 グランプリ (23) 編集後 02.jpg

さすが!グランプリに出場するぐらいのレベルの高い和裁技能士さんは、運針もとても速く、仕立て中の体の動きも無駄がありませんでした。

R3.2.20 グランプリ追加画像 (1).jpg

1日目の6時間の競技時間が終わりました。残りは3時間です。

葵先生「ゆっくり休んで、気持ちを切り替えて、また新しい明日を迎えてね!」

R3.2.20 グランプリ (27) 編集後.jpg

競技2日目が始まりました。東亜の選手、1日目にミスをしてしまいましたが、落ち着いて修正しました。2日目は、作品の完成に向けて、全集中で取り組みます!!

R3.2.20 グランプリ (69) 編集後.jpg

R3.2.20 グランプリ追加画像 (2).JPEG

競技の終了時間が迫ってきました(>_<)東亜の選手、ほとんど完成した形になっていますね。

「つり合い」に掛けて、仕上がりを確認します。競技で製作する着物は袷仕立てなので、表地と裏地のどちらかにゆるみがあっては美しい仕立てとは言えません。時間の許す限り、確認・修正をしていきます。

R3.2.20 グランプリ (92) 編集後.jpg

9時間の競技時間が終了しました。6名の選手全員が作品を完成させることができました!!全集中で縫っていた選手も無事に完成させることが出来ました☆

「どんな状況でも時間内に完成させる」東亜でたくさんのコンクールの経験を積み、日頃から時間を意識した仕立てをしていることが糧となり、力を出し切れたのではないでしょうか(*^_^*)

さあ、閉会式ならびに成績発表です!今年度は、オンライン上で開催されます。

結果は、、東亜の選手1名が銅賞受賞いたしました!!

葵先生「選手の皆さん、本当にお疲れさまでした(^O^)そして、おめでとうございます!!!一生懸命な姿に心打たれました(^v^)」

↓夢子にとってはグランプリはまだまだ高い目標。でも日々の積み重ねがこのような大きな結果につながるんだな☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-02-26 | 技能グランプリ

一宮高校卒業研究発表会にお招きいただきました!

2月6日に愛知県にある一宮高校の生徒さんによる卒業研究発表会にご招待され、東亜本社スタッフ2名がお邪魔してきました。

会場は一宮市民会館という大きな施設で行われました!

R3 一宮高校 林さん撮影 編集後.jpg

高校のファッションショーにお邪魔するのは初めてだったので、どんな感じなのだろうと思いながら会場へ向かいました。

会場のロビーではファッション創造科の生徒さんの作品展示がありました(*^。^*)

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (24).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (26).JPG

子どもの文化コースの展示では、エプロンシアターの作品がファッションの学科らしくて印象的でした。また、子どもの文化コースの作品はキャラクターが多用されていましたが、どれもとてもかわいらしかったです♡

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (51) 編集後.jpg

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (55).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (56).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (32).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (65).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (68).JPG

ファッション造形コースの作品は刺繍絞り染めをはじめ、一宮で生産される尾州織物を使った作品など、様々な作品がありました。どれも素敵でほしくなってしまったものも(^O^)

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (1).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (3).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (4).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (6).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (8).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (12).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (15).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (19).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (71).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (35).JPG

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (36)編集後.jpg

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (43).JPG

着物の展示もありました。がテーマの作品で、裾に広がる花とリボンが印象的です。様々な技法を使って作られていて、こだわりを感じました!!

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (40) 編集後.jpg

舞台で行われたショーはとても盛大で、照明や音楽も工夫されていて見応えがありました。何よりもデザインのクオリティの高さ高校生らしい感性が融合した衣装がとても素敵でした。また、着物の帯結びの実演もありましたが、あっという間に結んでしまって驚きました。

子どもの文化コースの劇はサーカス団のお話でした。お芝居の中で皿回しジャグリングなどの芸も披露していて、見ていてわくわくしました(^O^)

R3.2.6 一宮高校発表会 岡本さんから (46).JPG

展示も舞台での発表もとてもレベルが高かったです。これだけのものを準備して披露するのは本当に大変だったと思いますが、3年生の皆さんはこの経験を生かして大きく羽ばたいていくのだろうと思いました。とても素敵な発表会でした。

↓毎年、素敵な発表と展示に感動しています。ありがとうございました!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-02-17 | 未分類

大漁バンテンが完成しました!

昨年の10月に公開した大漁バンテン和裁授業ブログはご覧頂けましたでしょうか?
この大漁バンテン製作は、岩手県立博物館と平舘高校との博学連携プロジェクトの一環として行われています。
大漁バンテンを縫うにあたっての和裁技術指導を昨年9月、東亜和裁 盛岡支部の先生も行い、このプロジェクトのお手伝いを致しました。その技能指導の様子を紹介したブログは下のリンクから飛べますので、まだ見ていない方は、是非ご覧ください。
(昨年9月に行われた出張和裁授業の様子)
R2.9.16 盛岡 半纏講習会 (14) - コピー.jpeg
R2.9.16 盛岡 半纏講習会 (16).jpeg
先月、上記のブログを公開した時点では、まだ製作途中だった大漁バンテンが、完成したと連絡を受けました!!和裁の技術指導に貢献した盛岡支部の先生も大喜び(^o^)今回は、先生がバンテン完成を受け、ブログを書いて下さいました!

1月27日に岩手県立博物館の方から、大漁半纏の完成の嬉しいご報告を頂きました。

昨年9月下旬に平舘高校の先生に盛岡支部へお越しいただき、今回の大漁半纏の為の袖付や、袷仕立ての説明をさせていただきました。

一般的なお着物とは違い、大漁半纏のお袖は筒袖(振り、身八つ口が無い)のため、袖付は縫詰め、そして袷仕立てと、和裁技能士でもなかなか難しい作業だったと思います。

その後平舘高校の先生から、「縫ってはほどいてを繰り返しながらも表袖を頑張って縫ってくれました」と生徒さんが頑張っている様子を教えていただいた時は、共感と応援の気持ちでますます完成が楽しみになりました。

もし、シンプルに形づくるとしたら裏地のない単衣で作る選択枝もあったかもしれませんが、皆さんが本物の再現に向けて裏地を縫い合わせる難しい袷(あわせ)仕立てにチャレンジされて立派だと思います。

こうして完成の報告を頂き、また1月26日に行われた家政科学科の課題研究発表会において、大漁半纏をお披露目した写真、完成までの経過のリーフレットを拝見し、完成した大漁半纏と一緒に写っている生徒さん達を見れて本当にうれしいです。

大漁半纏を着ている姿もサイズがぴったりで、柄もピタッと合い、色鮮やかでとても映えてかっこいいです!!

大漁半纏完成② 編集後.jpg

柄を合せることは、事前に出来上がりをミリ単位(和裁は鯨尺ですが)で正確に見積りをし、実際の手縫いの作業のすべてを同様に正確に丁寧に進める必要があるのです。

今回、立派に大漁バンテン制作を終えた生徒さんが感想を送ってくれましたので、一部を紹介させていただきます\(^o^)/生徒さんの生の声を聴けることが出来て私たちもとても嬉しいです!

~平舘高校 生徒さんより~

 「最初は完成できるか心配だったし、反物が高いということから、失敗はできないと思いました。とても緊張して作りました。メンバーと先生と話しながら楽しくできました。新しい縫い方を知ることができてよかったです。大漁バンテンの歴史を知ることができてよかったです。貴重な体験でした。」

 「子ども用大漁バンテンはフェルトを切るのに悲鳴をあげました。「田」の部分が特に難しくやりがいを感じる場面でもありました。たくさんの子ども達が着てくれるといいなと思いました。伊藤染め工場を見学したり、東亜和裁の先生に教えていただき、作り上げることができました。色々な縫い方を習うことができました。」

皆さま大漁半纏の完成、おめでとうございます!お疲れ様でした!

↓生徒さんにとっても貴重な経験となりましたね!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-02-12 | 講習会

針供養2021

2月8日は、このブログの読書様ならお分かりになると思いますが、『針供養』の日でした(^o^)針は、和裁のお仕事をする上で欠かすことが出来ません。今までお世話になった針を供養し、和裁のさらなる上達を願いました。

今年は、コロナウイルスの影響で、東亜の研修生と職員だけの参加となり、毎年開催していた針供養の後のお食事会は開催しない運びとなりました。いつもよりこじんまりした針供養ではありましたが、全支部滞りなく、終えることが出来ました!

各支部ごとに紹介していきます(*^。^*)

【名古屋支部】

何年もお世話になっている神社さんが今年も名古屋支部に来てくださいました!!

R3.2.8 針供養 名古屋 (3) 編集後.jpg

夢ちゃんは2回目の針供養(^o^)

R3.2.8 針供養 名古屋 (2) 編集後.jpg

針を豆腐に刺し、供養します。

R3.2.8 針供養 名古屋 (4) 編集後.jpg

玉串も神様に捧げてお参りです。

夢ちゃん「針に感謝をする神事ってなんだか清々しいな☆」

R3.2.8 針供養 名古屋 (8) 編集後.jpg

【仙台支部】

2月8日は毎年寒くが舞っているように思います。

本殿までの階段が急勾配なので雪が積もったりしないか不安でしたが足元は平気でしたよ(笑)

R3.2.8 仙台 針供養 (3).jpg

まずはお参りをしてから針供養へ

R3.2.8 仙台 針供養 (4).jpg

R3.2.8 仙台 針供養 (1).jpg

今回は人数が少なかったために豆腐に針をさすことや玉串奉納はみんな一斉に行い、最後には絵馬に願い事を書き納めて来ました☆

R3.2.8 仙台 針供養 (2) 編集後02.jpg

【新潟支部】

朝から雪が降る中、蒲原神社に針供養にいってきました。玉ぐしの奉納は毎年やっていても少し緊張します。豆腐に針をさし、しっかり供養をしていただきました。

R3.2.8 新潟 (1) 編集後.jpg

外に出るとはやんでいましたが少し積もっていて、外の牛も寒そうでした。

R3.2.8 新潟 (3).JPG

寒くて枝にが積もっていましたが、梅の花は今年も咲いていました。

R3.2.8 新潟 梅の花.jpg

帰るときにその梅の梅干をいただきました(^o^)

R3.2.8 新潟04.jpg

【盛岡支部】

今年も桜山神社さんにて針供養をしていただきました。

針への日頃の感謝と、技術向上を願い、柔らかい豆腐に針をさしました。

R3.2.8 盛岡 針供養 (5).jpg

普段はご自宅で和裁のお仕事をしている外注さんの参加が、今年は見送られたため、いつもとは違う針供養となりました。

外注さんからお預かりしていた針もしっかりと供養していただきました。

R3.2.8 盛岡 針供養 (3).jpg

桜山神社さんには、アマビエ様もいました。

来年はみんなが集まって針供養が出来たら良いなと思いました。

R3.2.8 盛岡 針供養 (1).jpg

R3.2.8 盛岡 針供養 (2).jpg

【静岡支部】

静岡支部の針供養は静岡浅間神社にて行いました。

今年は感染対策のため、普段はご自宅でお仕立ての仕事をしている外注さんの参加は見送ることに・・・外注さんからお預かりした針も一緒に供養していただきました。

針へ感謝し、和裁の技能が上達しますように・・・と祈りながら豆腐に針をさしました。

国指定重要文化財にもなっている楼門前でみんなでパシャり☆ミ

R3 針供養 静岡 (2).JPG

現在「~20年かけての化粧直し~平成令和の大改修」として工事をしていますが、

令和2年11月に楼門の工事が竣工されたばかりでピカピカに輝いていました☆

R3 針供養 静岡 (1).JPG

【四日市支部】

支部の近くにある諏訪神社で針の供養をしていただきました!

1年間お世話になった針への感謝の気持ちと、もっと和裁の技能が向上するように毎日の努力が大切だと改めて思いました。

R3.2.8 針供養四日市 (1).jpg

R3.2.8 針供養四日市 (2).jpg

【金沢支部】

金沢支部では、毎年お世話になっている平岡野神社にて針供養の神事を行いました。R3 針供養金沢 (1) 編集後.jpg

R3 針供養金沢 (2).jpeg

神主さんの、「皆さんは針に対して真心を込めているでしょうか?デジタルな時代だからこそ物を大切にする気持ちを大切にしていきたいですね。」と言うお言葉に、改めて、針・道具を大事にして技術向上を誓いました。

R3 針供養金沢 (3).jpeg

↓来年の針供養は、例年通り外注の皆様も参加できますように(@_@♡
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-02-08 | 季節の行事

半衿のつけ方 【刺繍半衿の場合】

葵先生による「半衿つけブログ第4弾」です!

★これまでの半衿付けブログはこちら!

 第一弾 お家にある裁縫セットでお手軽に!簡単半衿の付け方☆

 第二弾 【本格的】半衿のつけ方~バチ衿の時~

 第三弾 半衿の付け方 【広衿の場合】

今回は、刺繍半衿のつけ方を紹介していきます\(^o^)/

R3.1.23 刺繍半衿.JPG

まず刺繍半衿について少しお話します。下の写真は、半衿が二つに折られた状態のものです。

DSC_0672 編集後 02.jpg

一般的に刺繍半衿は、写真の位置に左右対称に刺繍が入ってることが多いです。顔の周りに華やかな刺繍があることによって、明るい印象になりますよね!自分なりのお洒落も楽しむことが出来ます(*^。^*)

DSC_0673_CENTER.JPG

長襦袢に半衿を付けていきましょう(*^_^*)刺繍半衿を付ける際の最大の特徴は、着用した時に半衿の柄がしっかり見えるように、長襦袢の裏側から半衿を付けていくということです。

縫い方に関しましては、「半衿ブログ第1弾」と同じですので、簡単に解説していきます。長襦袢の表側から縫うか、裏側から縫うのかの違いです。

まず、半衿の長い方の辺を約1cm折り、身頃の中心(背縫いのところ)と半衿の中心をまち針で留めます。

R3.1.23 刺繍半衿つけ (3) 編集後.jpg

端までまち針を打っていきますが、第1弾のブログ同様、背中心から15cmぐらいは、半衿を少し張って待ち針を打ちます。

これは着用した時に半衿の内側(首の後ろ)にシワが寄るのを予防するためです。(下の写真の右側が背中心です)

IMG_2590.png

端からこのように大きな目(2~3cm)で縫ってもらって大丈夫です!

R3.1.23 刺繍半衿つけ (15) 編集後.jpg

半衿を張り気味にした場所(背中心から約15 cm)は、このように小さい縫い目で縫っていきます(^o^)

R3.1.23 刺繍半衿つけ (19) 編集後.jpg

反対側も同じように縫います。

長襦袢の裏側に半衿が付きました!

R3.1.23 刺繍半衿つけ (1) 編集後02.jpg

裏返して今度は表側を縫います。

R3.1.23 刺繍半衿つけ (27) 編集後.jpg

まずは、背縫いのところに針を1本打ち、その周りにもまち針を打っていきます。

R3.1.23 刺繍半衿つけ (30) 編集後.jpg

表側は着用した時に縫い目は見えないので、最初から最後まで、先ほどと同じように大きい目で縫っていきます。

R3.1.23 刺繍半衿つけ (38) 編集後.jpg

多少の縫い曲がりはあまり気にしないで、楽しくザクザクと縫っていきましょう(*^_^*)

R3.1.23 刺繍半衿つけ (39) 編集後.jpg

半衿付けが完了しました!この縫い方でやれば、着物を着た時も柄をしっかり出すことが出来ます☆

R3.1.23 刺繍半衿つけ (8) 編集後.jpg

こちらに半衿付けの動画もあります。

今回のブログは、【丁寧な付け方】と同じやり方になりますが、動画でも分かりやすく説明していますので、ご覧ください\(^o^)/

(動画では長襦袢の表側から付けています。刺繍半衿は裏側からになりますので、ご注意ください。

また、【簡単な付け方】の動画も紹介します。こちらはよりお手軽につけることが出来ます。半衿をたくさん付け替えて楽しみたい方におすすめです☆

いろんな半衿のつけ方のブログシリーズ 

第一弾☆おうちにある裁縫セットでお手軽に!簡単半衿の付け方☆

第二弾 ☆【本格的】半衿のつけ方~バチ衿の時~☆

第三弾 ☆半衿の付け方 【広衿の場合】☆

第四弾  ☆半衿のつけ方 【刺繍半衿の場合】☆

第五弾 ☆半衿のつけ方 【ワンポイント柄の場合】☆


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2021-02-05 | ハウツー