4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

社会人入所の研修生にインタビュー

東亜和裁に入所される方は高校を卒業された新卒の方が多いのですが、社会人の方も全体の3割ほどいらっしゃいます。和裁を始めたきっかけや和裁の魅力だと思うところなど、社会人入所の方にお話を伺ってみました。

「どんな人が入所しているんだろう?」

「和裁に興味があるけれど...私にもできるのかな?」

といったお声の役に立てられれば幸いです。

金沢支部 Sさん

2019_社会人_03.jpeg

もともと着物が好きで、着物にかかわる仕事を探していました。その中で調べていくうちに、和裁の仕事に興味がわき、和裁技能士を目指しました。

着物のもととなる反物は、見るだけでも「きれいだな」「すごいな」と思えるものなのに、それを着物に仕立てることによってさらに美しくかっこいいものに変えられるところに和裁の魅力を感じます。

自分が社会人として入所することで年齢の違いを感じることはしょうがないと思っていましたが、一人ひとりそれぞれの自分の課題に取り組むので、スタートは同じだし、若い人が必ずしも有利ということもないので、高卒の人と比べて自分は遅れていると感じることはありませんでした。

今後は検定に挑戦して資格を取得し、いろいろなものを縫える和裁技能士になりたいです。

四日市支部 Sさん

2019_社会人_01.jpeg

裁縫が好きだったこと、転職を考えていた時に和裁技能士のことを知ったことがきっかけで和裁の道に進みました。

自分の手で一点一点仕立て上げている実感がある点に和裁の魅力を感じています。また、捨てる布も少なく、無駄がないもいいところです。

5年間正社員として働いた後に東亜へ入所したので、貯蓄があり経済面での心配が少なかったことは良かったと思います。また、一人暮らしの経験もあったので生活面での心配もありませんでした。

ひとまず毎年進級できるように点数を取得することを目指しています。そして卒業までに国家資格を取り、和裁を続けていきたいです。

名古屋支部 Yさん

2019_社会人_04.jpg

子供が生まれてから仕事に復帰した時に、子供の体調で急に休みや早退をしなければならないことがあり、働きにくさを感じていました。自分で働き方をコントロールできる仕事を探していた時に、和裁技能士という職業を知り、着物に興味もあったことから和裁技能士を目指しました。

一枚の反物が着物に仕上がるととても達成感があります。

社会人、主婦がもう一度勉強できるということが、とてもありがたく思えます。18歳の時の自分が高校卒業後すぐに和裁技能士を目指しても、今のように感謝の気持ちを持ったり毎日学べることが楽しいと思ったりすることはできなかったかもしれません。

他にもこんなお話をしてくださった方もいらっしゃいます。

・柄合わせが思った通りにできたときは、「やった!!」って思います。

・洗い張りで昔の着物を見ることもできるので勉強になります。

・東亜では未経験、社会人問わず最初からその人に合ったペースで丁寧に指導してもらえる。

・まだ仕立てたことのない着物などを縫ってみたいです。ずっと勉強だと思うので綺麗に縫える努力をしていきたいです。

・和裁をしていたご年配の方から和裁道具を集め、和裁をやってみたい若い人に貸し出しできるようなシステムを作ったり、着物好きの老若男女の交流の場を作りたいとも考えています。

・卒業後はタンスにあるお祖母様やお母様の着物のお直しをして着物の長期活用のご提案等できたらと思っています。

さて、東亜和裁では、社会人で入所を考えられている方を対象にした個別相談会を行います。当日は研修や修了後の仕事などについての説明のほかに、あずま袋の製作体験研修の見学もしていただけます。個別のご相談等もお受けしますので、ご興味ある社会人の方、ぜひ参加してみてください!

2019_社会人_02.jpg

説明会・体験会 日程一覧

https://toawasai.jp/meeting/index.html

社会人向け個別相談会 お申込み

https://toawasai.jp/meeting/meeting-submission.html


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-11-05 | 未分類