4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

夏の体験会『ゆかた作り』2019

7月27日に名古屋・仙台支部で夏の体験会『ゆかた作り』が行われました。ご参加くださった皆様ありがとうございました!

さて、今回のブログは体験会の参加者さまのレポートです!

全くの初心者だったそうですが、体験の様子はどうでしょう...?

支部に到着したら、浴衣の柄を選んで製作スタートです。

今回私は名古屋支部のゆかた作りに参加しました。和裁経験ゼロ、最後に針を触ったのは約10年前(学生時代の家庭科の授業が最後ですね...)だったので、ドキドキして臨みました。

体験会では一日で仕上げられるように事前準備してある浴衣を使います。ゆかた作りではお袖づくり、脇くけ、額縁づくり(布の角の処理)、袖付けなどの製作工程を体験できます。聞きなれない言葉がたくさん出てきましたが、先生が丁寧に教えてくださったので裁縫に慣れていない私でも時間内に完成させることができました!

natsu2019-yukata_01.jpg

(作り方の冊子も見ながら作っていきました。)

体験会では実際に和裁技能士さんが使うものと同じ道具を使用して製作ができます。針と糸はもちろん文鎮、コテ、丸みの型紙、物差し(単位がセンチメートルではなくになっています。)といった道具を使って浴衣を作っていきました。文鎮は生地を抑えるために使いますが、持ってみると重さにびっくりしました!また、コテはいわゆるアイロンのような道具ですが、とても熱くて使うときは緊張してしまいました。

natsu2019-yukata_02.png

(コテは印付けにも使います。)

先日のブログ記事でもありましたが、くけ(縫い目の糸が表から見えないようにする縫い方)の作業が大変でした。先生がお手本で運針の技術を使った縫い方を見せてくださいましたが、私には全くできなくてまつり縫いで布の端を縫っていきました。和裁技能士さんの技術のすごさに触れた気がしました。

natsu2019-yukata_03.jpeg

(くけの作業をしているところです。)

ゆかた製作は大変なだけではなく、袖の丸みの部分が面白いなと感じました。私は今まで浴衣や着物を何度か着たことがありましたが、袖の丸みについては全く意識したことがなく、袖の隅は角張ったものだと思っていました。今回の体験をしていなかったらずっと丸みに気づかなかったかもしれません。また、丸みを絞ったり、縫い代をコテでつぶしたりといったお袖づくりの工程が今まであまりしたことのない作業で楽しかったです。

natsu2019-yukata_04.png

(丸印を付けたところが袖の丸みです。)

初めてのことで難しいこともありましたが、浴衣が完成した時は嬉しかったのと同時に自分でもできたとホッとしました。また体験会では本物の和裁道具を使ったり、先生の技を間近で見られたりと普段なかなか触れることのない和裁の世界を体感できて興味深かったです。ファッションや着物、和裁に少しでも興味がある方、モノづくりが好きな方にとてもおすすめできる体験会だと思いました!

natsu2019-yukata_06.jpeg

(完成した浴衣。自分で作ると愛着もわきます。)

ご興味ある方はこの機会にぜひ参加してみてください!

完成した浴衣や袴はお持ち帰りいただけます。自分で作った袴を卒業式で着ることもできちゃいますよ!

夏の体験会でお待ちしてまーす!

2019_natsu_taiken-01.png

詳細はこちら→ https://toawasai.jp/news/2019/08/post-87.html

日程時間支部ゆかた・はかま
2019年8月 3日(土) 10:00-16:00  静岡・金沢・四日市・盛岡 ゆかた
2019年8月18日(日) 10:00-16:00  名古屋 はかま
2019年8月24日(土) 10:00-16:00  静岡・金沢・四日市・盛岡・仙台・新潟  はかま

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-08-01 | 東亜和裁行事