4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

先輩の技はすごい!

今回のブログでは、東亜和裁で何年も研修を積んだ先輩の技能をお見せするとともに、裁断・印付け・縫製など反物がどうやって着物になっていくのかも一部ですがご紹介していきます!

作成する物は、単衣の大島着物です。白地なので爽やかで涼しげな着物が出来そうですね!

「先輩の手際の良さを見て学びたいな」と現在1年生の夢ちゃんも真剣です。

19年夏 社長 大島着物  (2) 編集後.jpg

19年夏 社長 大島着物  (11) 編集後.jpg

しかもこの着物は、絵羽模様になっています。絵羽模様とは、着物を仕立てた時に、背や衽など、柄が一つの絵のようにつながる模様のことをいいます。

19年夏 社長 大島着物  (4) 編集後.jpg

19年夏 社長 大島着物  (5) 編集後.jpg

裁断をしているところです。丈が足りるかなどをしっかり確認してからハサミを入れます。緊張感のある作業です!

19年夏 社長 大島着物  (14) 編集後.jpg

裁断をしたあとは、ものさしで出来上がりの寸法になるようにコテで印をつけていきます。速く美しく仕立てるためには、正確な印付けが大切なのです。

「さすが先輩!印付けのスピードも速いなあ。」

19年夏 社長 大島着物  (16) 編集後.jpg

さあ、印付けが終わりましたら、いよいよ縫っていきます!

大島着物のような正絹の着物は、基本的にすべて手縫いです。

針の穴に糸を通します。「これも先輩は慣れた手つきだなあ」

19年夏 社長 大島着物  (21) 編集後.jpg

背や脇を縫い、その後、衽を付けていきます。これも和裁の基本である『運針』の技法を使います。

「先輩の運針、速さと美しさがちゃんと両立されているなあ。夢子も見習わなきゃ!」

19年夏 社長 大島着物  (26).JPG

単衣の着物には、『額縁』という箇所があります。

『額縁』は衽の裾に位置します。衽の裾の角をキレイにたたみ、仕上げるのです。着た時にも目立つ衽ですから、きれいに直角に仕上げることを目指します。

「先輩が作った額縁はちゃんと直角になってる!すごい!」

19年夏 社長 大島着物  (31) 編集後.jpg

額縁ができたら、裾・つま下を三つ折りにしてくけていきます。

19年夏 社長 大島着物  (33) 編集後.jpg

衿付けです。衿はななめに縫うため、縫い曲がりがおこりやすいところですが......

「すごい、まっすぐ縫えている!夢子はまだまだ縫い曲がってしまいます...」

19年夏 社長 大島着物  (38).JPG

お袖を付けたら完成です!!

キレイに仕上がりました!着物を仕立てるにあたって、2枚の生地と生地とをキレイに縫い合わせることが大切になってきます。そのためにも、きれいで正確な運針が重要です。

「先輩が縫ったもの、やっぱりきれいだなあ。運針などの和裁の基礎をマスターすることはとても大切なんだな。夢子も先輩みたいになれるように今日からまたがんばろう」

↓いつか大島着物縫えるようになりたいな!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-07-12 | 夢ちゃん研修日記