4年後、和裁の匠になる!s

東亜和裁に通う夢ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

第30回技能グランプリ

3月1日から3月4日まで神戸国際展示場他6会場で第30回技能グランプリが開催されました。

DSC_0108.JPG

 技能グランプリとは・・・・

熟練技能者が技能の日本一を競い合う大会で、参加資格は、特級、1級及び単一等級の技能検定に合格した技能士さん。

1級技能士は、職業訓練指導員免許を持っている場合でも1年以上、実務経験のみの場合は7年以上の実務を経験した熟練技能者が受験する検定試験です。

 技能五輪全国大会が青年技能者(原則23歳以下)を対象とした技能競技会であるのに対し、技能グランプリは年齢に関係なく、熟練技能を競う文字通り全国規模の技能競技大会です。

和裁の競技内容は 9時間で 裁断、印付け(丈の印のみ)が終わったものを完成させます。

第30回技能グランプリには、東亜和裁からは金沢支部、名古屋支部、静岡支部から

4年間の研修を修了後、東亜でさらに腕に磨きをかけた3人が挑みました。

DSC_0105 (1).JPG

なんと今回のJAVADA(中央職業能力開発協会)のHPには東亜和裁の選手の写真が掲載されていました!

2019-02-26 (3).png

今回の大会は平成最後の大会で、天皇陛下御在位30年記念大会でもあり、とても重みのある大会のように感じました。

DSC_0100.JPG

DSC_0101_HORIZON.JPG

3月1日15時30分から兵庫県立文化体育館で開会式が行われ、30職種533名の参加者となりました。

主催者あいさつの後、各県代表が県旗を掲げ意気込みを一言ずつ述べました。

『さー時間との戦いが始まるぞー』と言った緊張感がひしひしと伝わってきました。

1日目

開始15分前から着席で、こては温まっているかと心配しながら注意事項の説明などがありました。

「はじめてください!」

午前3時間がスタートしました。  

印が見えない、表裏を間違えた、と小さなアクシデントはあるようでしたが、大丈夫そうです。

DSC_0110.JPG

3時間なんてあっという間に終了です。進み具合はバラバラですがまだまだこれからです。

午後からの3時間も皆さん必死に頑張りました。

2日目

泣いても笑ってもあと3時間。昨日よりも更に手の動きが早くなっています。

終了30分くらい前になると速い人、遅い人がわかってきます。

縫っている人も必死ですが、見学しているこちらも必死に時計とのにらめっこです(笑)

450723044987929384_IMG_4215.JPG

1397842352896598923_IMG_4095.JPG

-7280644365381701931_IMG_4209.JPG

「終了10分前」、「5分前」、「1分前」と声がかかります。

たたみ上げて、手を放して終了なのにまだ触っている・・・・・・

「終了です」と審査委員長の声が響きます。一瞬にして手が止まり静かになります。

東亜からの参加者は3名とも無事に仕上がりました。

本当にお疲れ様でした。

競技終了後は前回大会で仲良くなった宮崎県・大分県の代表の方々と神戸どうぶつ王国へ行ってきました。花と鳥とのふれあいを基本としたテーマパークです。

2日間の緊張を動物に触れあう事で癒すことが出来ました。

DSC_0132.JPG

DSC_0133.JPG

表彰式は10時から神戸ポートピアホテル『ポートピアホール』で行われました。

技能五輪のようにサプライズな発表ではなく、直前に入賞者の一覧が配布され各職種ごとに壇上に上がり表彰されます。

今回は銅賞と敢闘賞に入賞しました!

20190317151646.jpg

3人とも次回の大会もぜひ参加したい、挑戦したいという気持ちになったそうです。

宮崎県・大分県の代表の方々とも次回また会うことを約束し、会場を後にしました。

閉会式での技術委員長の講評のなかで、「大会に出て賞を目指すのもとても意義のあることで素晴らしいことですが、それに至るまでのプロセスが最も重要で大切だという事を忘れないでほしい。」と述べられていました。

技能向上には終わりはない、試行錯誤の毎日であるという事を改めて感じた大会でした。

↓お疲れさまでした。選手の皆さんの挑戦する気持ちを見習いたいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2019-03-21 | 技能グランプリ