4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

2018年最後のブログ

前回のブログでいろいろなコートをご紹介させていただきました。

フォーマルで一般的な道行コート、カジュアルで着やすい道中着、フォーマルにもなれる千代田衿コート、洋裁のような衿のつくへちま衿コート。まだまだいろいろな種類のコートがありますが、今回はコートにつくはなひもについて紹介したいと思います。

花紐とは、道中着やへちま衿コートなど体に巻きつけて着るタイプの羽織物についていて、前がはだけないように結ぶひもになります。

衿と身頃についていてひもをちょうちょ結びにして使います。

私たちが作る花紐はのりやボンドなどは一切使わずに針と糸で作っていきます。

葵先生コート 004.JPG

写真の一番右のループの花びらの花紐は厚みのある生地やレースのような生地の場合、細いループを作ることができないので作ることができません。

そういうときには右から二番目の桔梗型の花紐や一番左のはなの形を作ったりします。とってもかわいいのでコートの花紐以外にも髪飾りやブローチにもなりそうですね!

ところで、もうすぐお正月ですよね!葵先生はお正月のためにとっておきの着物を仕立てることにしました!すごくかわいい着物ができました!とっても気に入っています!

007.JPG

葵先生 今年最後03 (1).JPG

葵先生 今年最後03 (2).png

表の生地は白を選んで、八掛と帯は、赤を選んだので、紅白のとてもおめでたい着物ができました!動作のたびにちらちら赤色が見えるところが素敵ですよね!

白の生地をよく見ると、金色の模様が入っています。重ね衿と、帯揚げを黄色で統一しました。

新年が訪れるのが楽しみで、いのししさんのぬいぐるみも作りました!

今年もブログを読んでくださり、ありがとうございました。

葵先生 今年最後03 (1).png

それでは、どなたさまも良いお年をお迎えください!

↓紅白の着物を着て出かけるのが待ちきれません^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2018-12-29 | 着物ミニ知識