4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

葵先生の着物ミニ知識

今回は半衿についてご紹介します。

半衿は長襦袢の衿に縫いつけて使う布で、きものを着た時に衿から少し見える部分になります。

おしゃれにもなるし、長襦袢やきものが直接肌について汚れないようにする役割もあります。

私にも半衿がちゃんとあるんですよ。

001 葵01.JPG

半衿はフォーマルな場面では白の塩瀬が無難です。生地によっては、夏用と冬用に使い分けるものもあるので、注意が必要です。TPOにあわせて選べるといいですね。

でも、今回はカジュアルな半衿の紹介をしたいと思います!

002 葵02.JPG

右から刺繍半衿小紋柄半衿青ビーズ半衿白ビーズ半衿です。

刺繍半衿はきものの色、柄の邪魔をせず、何にでも使いやすいので重宝します。

小紋柄半衿は布を半衿の大きさに切れば、どんな布でも半衿になります。カジュアルなお洒落をする時には、きものにあわせてオリジナル半衿をつけても楽しめます!

ビーズ半衿は着るとひんやり冷たくて夏には気持ちいいです。

ビーズがあるぶん、ちょっと衿に厚みが出てしまうのと、するするとすべってしまい着付けが難しいのが難です。でもビーズがあるぶん下の生地に汚れがつきにくいのでいつもきれいです。

半衿は汚れやすいので、汚れが付きにくいのはありがたいですね。

また半衿の話をしたいと思っています。お楽しみに!

↓おしゃれな半衿つけるの楽しみです
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2018-12-21 | 着付け