4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

葵先生の秋の草木染めPart2

今日は葵先生の秋の草木染めPart2です。

秋は草木染めの材料がたくさんありました。

今までは雑草と思っていたのに、草木染めを始めてからはみんな宝物。

草木染2 (2).JPG

花粉症の原因にもなる『セイタカアワダチソウ』

きっと迷惑だなと思っている人、たくさんいるんでしょうが、きれいなレモン色に生地や糸を染めてくれるんですよ。

草木染2 (1).JPG

今回感動したのが『ビワの葉っぱ』

染料を取り出してすぐに染めたのが左の淡い黄色っぽい色。

1日置いて染めた染料で染めたのが右のビワの実のようなオレンジ色

染料が一日置いておくと、赤色に変わり、染め上る色もまったく違うものになりました。

草木染2 (3).JPG

緑色の葉っぱから、ビワの実の色が出てくるなんて驚きです。

草木染2 (4).JPG草木染2 (5).jpg

それからこちらが『クズ』

草木染2 (6).JPG

本を見たら緑色に染まるというのですが、ほんのり緑色になりました。本では夏に作業していたようなので、季節が悪いのか、やり方が良くなかったのか。また挑戦してみます。

緑色を出すために、重曹を入れて煮だしました。

草木染2 (7).JPG

それから、最初の染料は緑ではなくて、黄色や茶色の色が出てくるとのことなので、使わずに3回、4回目に煮出した染料を使ってみました。

草木染2 (8).jpg

いつも、媒染には ミョウバンを使っていましたが、『おはぐろ』というのを作ってみました。

古い釘と酢とお水を煮て、置いておいたものです。

ミョウバンに入れたものと、おはぐろに入れたものでは全く違う色に染めあがります。

草木染2 (9).JPG

左の黄色がミョウバンの媒染。 真ん中は媒染をしない無媒染。 右のくすんだ色がおはぐろの媒染。

『自然の色は優しい色で、どんな色が出てくるのかわからないのが楽しいです!草木染めは化学の実験みたいです。次はドングリや桜の落ち葉も染めてみたいです。』

↓また来年の秋が来るのが楽しみです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2018-12-15 | 手作り日記