東亜和裁の特色 | 検定・コンクール

第30回技能グランプリ

平成31年3月1日〜4日にわたり、兵庫県にて第30回技能グランプリが開催されました。
今回は「天皇陛下御在位三十周年記念」として開催でした。2年に1度開催され、国家検定1級取得者が職業能力開発協会会長・技能士会会長の推薦を受け、各都道府県代表選手として熟練技能士が高度な技を競う、技の最高峰をかけた全国大会になります。
競技内容は、付下げ女子用袷長着を2日間計9時間で完成させるというもの。石川県代表選手として出場された、東亜和裁 金沢支部 研究科の若き熟練技能士・福岡 彩之さんが銅賞を受賞、同愛知県代表の竹内早苗さんが敢闘賞を受賞されました!

30_ginouguranpuri-01.png

受賞者都道府県開催年
銅賞 福岡 彩之 石川県代表 H30年
敢闘賞 竹内 早苗 愛知県代表 H30年

» 技能グランプリの実績一覧