東亜和裁の特色 | 検定・コンクール

日々の練習の成果が発揮できる検定・コンクールに挑戦!

東亜和裁では、常に時間を意識することで検定や競技に向けて役立つ、速く、きれいに仕立てる習慣を身につけます。

急いだら、雑になってきれいにできないのではないかと思われますが、たとえば何度もコテを当てずに一度できれいに当てる、身の回りの整頓など、無駄な作業を減らすことで効率を上げる研究をしています。検定試験、コンクールでは、速く、きれいに仕立てることが求められます。

東亜和裁の研修生はこのように日々、磨いている技能を試すため、検定やコンクールに積極的に挑戦しています。毎年、和裁の主要な検定では、多くの合格者を輩出。東亜和裁は、資格取得の近道でもあるのです。

※和裁技能士を名乗るには技能検定<国>の取得が必要です。和裁検定(旧:東商検定、2022年より全国和裁着装団体連合会・東京商工会議所 共催)についても高い和裁技能の証となっています。

主な検定・コンクール とは

国家検定(和裁)
国家検定は、働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度。国家検定の合格者は、技能士と称することができます。東亜和裁では1級200名、2級1,000名を超す合格者を送り出してきました。
国家検定 2020年の合格率
全国東亜和裁
1級 37.9% 66.7%
2級 36.3% 100.0%
和裁検定(旧 東商検定)
和裁検定(2022年度より共催:全国和裁着装団体連合会 東京商工会議所)は、袷着物の仕立て・部分縫いなど、和裁の知識と技能が審査されます。4級から1級がありますが、東亜和裁では職業としての実技と理論が必要とされる1級、2級を受検します。東亜和裁では1級250名、2級400名を超す合格者を送り出してきました。
和裁検定(旧:東商検定) 2019年の合格率
全国東亜和裁
1級 37.5% 50.0%
2級 31.3% 100.0%
職業訓練指導員 (和裁科)
職業訓練指導員試験は、実技及び学科(全職種共通の「指導方法」と、職種別の「系基礎学科」・「専攻学科」)によって適否を判定するものです。国家検定2級・東商検定2級保有者は実技試験が免除されます。
全国和裁技能コンクール
昭和37年から始まり、2021年に第60回目を迎えたとても歴史のある大会です。(全国和裁着装団体連合会主催、厚生労働省・東京都・東京商工会議所 後援)
※おかげさまで2022年・第61回大会で 優勝・金賞の内閣総理大臣賞、そして長襦袢の部も金賞受賞にてW優勝いたしました!
技能五輪全国大会
青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会。次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重機運の醸成を図ることが目的。全国大会の出場選手は、各都道府県職業能力開発協会等を通じて選抜された者(24歳以下)。
※第59回 TOKYO技能五輪 愛知県代表選手(東亜和裁) 銀賞・新潟県代表及び愛知県代表選手2名が銅賞を受賞いたしました!
技能グランプリ(全国大会)隔年開催
国家検定1級取得者かつ職業能力開発協会 会長・技能士会 会長の推薦を得て出場するなど、より高い出場ハードルである「熟練技能者」の技能競技 全国大会。各都道府県の代表として、第一線で活躍する高度な技能職の技が競い合われます。
※第31回大会 石川県代表選手(東亜和裁) 銅賞受賞いたしました!

4年間で取得できる和裁検定試験

  • 国家検定2級
  • 和裁検定1級・2級(2022年より全国和裁着装団体連合会・東京商工会議所 共催)
  • 職業訓練指導員試験

※国家検定1級は、2級合格後、2年以上の実務経験が必要なため、研修修了後に取得できます。

チャレンジするコンクール

1年
・ プリンセスコンクール
2年
・ 全国和裁技能コンクール(長襦袢の部)
・ クイーン,プリンセス決定コンクール
3年
・ クイーン,プリンセス決定コンクール
4年
・ 全国和裁技能コンクール(長着の部)
修了生
・ 技能五輪全国大会
 (和裁:24歳以下の年齢制限有)
・ 全国和裁技能コンクール(長着の部)
・技能グランプリ(国家検定1級取得かつ職業能力開発協会長・技能士会長推薦)

コンクール受賞歴