2014/02/08 その他

針供養(針の感謝際)を行いました

2/7に東亜和裁士育成学院の各教室にて針供養の神事を執り行いました。
           ~針供養とは~
使えなくなった針を豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺して、
日頃の感謝と労をねぎらい供養をし、神社に納めさせていただきます。

昔から和裁にたずさわる人たちの、針を単なる「道具」のみと捉えずに、
技術・技能を反物に込める大切なパートナーとして扱う、日本の美徳の表れのひとつではないでしょうか。

これからも着物を着られる方の幸せ・喜びにつながる様に、
和裁・裁縫の上達を祈念いたしました。

(※なお、2/8・2/9・2/11・2/12は学院休日とさせていただいております)

140208.jpg