4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

東京商工会議所検定 2016

『東京商工会議所検定』が、今日、9月10日と11日に東京で開催されています。

検定は、実技 ・ 部分縫い ・ 筆記 の3科目の課題を全部合格しなくてはいけないのです!

実技の課題は・・・・

2級は会場で「左袖、表の衿付け~完成」の作業を 6時間30分で行います。

1級は会場で「裁断と丈の印付けの準備されているものを完成」の作業を8時間30分で行います。

いつもとっても早く縫う先輩たちも、何度も何度も練習コンペを行っていました。

東商2016001.JPG

東商2016002.JPG

最近袷着物の研修に入り始めた華ちゃん。1日かかって、印付けをしているんです。

袖も半日以上かかって仕上げているんです・・・・・ 検定試験の課題なんてまだ無理〜!!

先輩たちみたいに早く作業できるようになりたいな!!

それから部分縫いの練習。

講習会で勉強してきた課題を練習していました。

普段の研修では、縫ったことの無い、子供物やコートなどが課題になります。

2級の課題には三ツ身の被布を作ります。

被布の部分縫い中.JPG

東商2016004.JPG

七五三で小さな女の子が着ているものですね。可愛いです

こちらは1級の課題です。

東商2016005.JPG

部分縫いは時間の中で、裁断と印付けも行って、縫うので、寸法や印つけ・縫い方と覚えることがいっぱい。それからきれいに仕上げるために、何度も何度も練習をされていましたよ。

東商2016006.JPG

東商2016007.JPG

筆記試験の勉強は.....。

東商2016008.JPG

裁断図や寸法、着物の知識をたくさんたくさん勉強します。

「先輩、合格の秘訣は??」

『丸暗記です!!』

.....だそうです。

先輩の合格をお祈りします。

東商2016009.JPG

↓来年3年生では、東京商工会議所検定2級受験→合格するぞ!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2016-09-10 | 東商検定

藍ちゃんの草木染体験「マリーゴールド」

藍ちゃんの草木染体験 パート3!!

ちなみに今までの草木染めのリンク... パート1「たんぽぽ」パート2「ぶどう

藍ちゃん先輩のおうちのお庭にいっぱい咲いているマリーゴールド。

マリーゴールド001.JPG

今回は『マリーゴールドの染め体験』を紹介します。

染めの手順はブドウ染めと一緒。

まずはお花を摘みます。マリーゴールドのお花はオレンジ、黄色、、、いろんな色があるんですが、今回はオレンジ色のお花だけを20個使って染めてみました。

マリーゴールド002.JPG

お花から色が出やすいように花びらをバラバラにして、煮だしました。マリーゴールド003.JPG

マリーゴールド004.JPG

キレイな黄色の染液ができました。

マリーゴールド005.JPG

白色の生地を染料の中に入れる時ってワクワクするんですよ。

マリーゴールド006.JPG

それからもっとワクワクするのが、媒染液に浸す時!!

マリーゴールド007.JPG

染料が出てきて薄くなってしまうかと思ったら、すごく鮮やかな黄色になりました。

マリーゴールドの元気な色がパァ~~と浮き出てきた感じ!!

こんなに色鮮やかに染め上りましたよ。

マリーゴールド008.JPG

マリーゴールドの染の力はすごいです。

ブドウは手についても洗ったらキレイになるのに、マリーゴールドは手まで黄色になってしまいました。

マリーゴールド009.JPG

もうちょっと薄くても良いなと思って、マリーゴールドをもう一度、煮だして、染めてみました。

マリーゴールド010.JPG

1回目より、薄くなったけど、鮮やかな黄色に染まりました。

いろいろな色の半衿が染め上りました。

着物を着るのも楽しくなりそうです。次回は何で染めをしようかな???

↓ニチニチソウでは無理?
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2016-09-01 | 手作り日記

夏の和裁体験会「女袴製作」2016

もう8月も終わりますね。学生の皆さんは、夏休みの宿題終わったかな?

夏体験2016001.JPG

東亜和裁では夏の体験会の第2弾『袴製作』が8月20日・27日に開催されました。

夏体験2016002.JPG

今日は華ちゃんも入所前に体験した『袴製作』の様子をご紹介しますね。

「袴って自分で作れるの? ヒダはどうなっているのだろう?」

皆さん、いろんな疑問はあるものの初めて作る袴作りを楽しみにして参加されました。

東亜和裁の袴の体験会は 1日で完成できるようにと後身頃は仕上げてあるんです。

夏体験2016003.jpg

前身頃の裾を三つ折りして、ヒダ折をします。

ヒダ折を最初から大きな布で作るのは心配。

だから最初は紙で練習です。

夏体験2016004.JPG

6本のヒダの山を折ります。①のヒダから順番に線にあわせて折っていくと、ヒダ折のお手本ができました。

夏体験2016005.JPG夏体験2016006.JPG

それでは、アイロンを使ってヒダ折の作業です。

夏体験2016007.jpg

夏体験2016008.jpg

夏体験2016009.JPG

ヒダ折りが終わると『相引き』を縫います。『相引き』は聞きなれないですよね。袴の脇の部分です。

夏体験2016010.jpg

ここはミシンを使います。

次は『笹ヒダ』です。『笹ヒダ』も袴の名称です。

袴の両脇の、ひも付けの位置から相引きの上まで斜めにたたみこんだ笹の葉形のヒダなので、この名前がついています。

夏体験2016011.JPG

ずっと手縫いの作業が続きます。

夏体験2016012.jpg

夏体験2016013.jpg

笹ヒダが完成したら『ひも付け』です。

夏体験2016014.jpg

ミシンで縫ったら裏側は手で『くけ』ます。

袴の生地は厚くて、固くて、何度も針が折れてしまうことも!!

夏体験2016015.JPG

頑張って!!あと少し!!

夏体験2016016.JPG

完成したら、たたみ方を練習して.....

夏体験2016017.jpg

 できました!!

:*:✼✿参加してくださった皆さんの感想です:*:✼✿

「手縫いは疲れたけど、完成したときの達成感があって、嬉しかったです!」

「和裁の良さを感じられました!!」

「研修生が真剣に作業していてすごいなって思いました!!」

参加した皆さんに、東亜和裁のこと・和裁のことをたくさん知っていただけたようです!!

嬉しいな〜!

•*¨*•.¸¸♪指導員の先生から•*¨*•.¸¸♪

「ひだ折りでアイロンを使ったり、ミシンがけをしたり、手縫いも「しのび」や「本ぐけ」など作業工程が多い女袴ですが、みなさん上手に仕上がりました。大学の卒業式で着る予定もあるそうです。楽しみです!!」

生地が硬かったり、笹ヒダの本ぐけ等、本当に難しそうでしたが、皆さん完成できました。

長時間、お疲れ様でした。

10月には 秋の体験会『グラニーバッグ製作』 が開催されます。

夏体験2016018.JPG夏体験2016019.JPG

和裁に興味をちょっとでも持たれた方、華ちゃんとお揃いのグラニーバッグを作ってみませんか?

↓たくさんの皆さんのご参加お待ちしています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2016-08-31 | 東亜和裁行事

藍ちゃんの草木染体験「ぶどう染め」

ブドウが美味しい季節ですよね。

ぶどう染め001.JPG

そうそう、ブドウには『アントシアニン』という色素が含まれていて、染め物にはピッタリなんだそうですよ。目にいいだけじゃないんですね!

今回は『巨峰染め体験』を紹介しますね

ブドウをおいしく食べます

ぶどう染め002.JPG

② 皮が集まりました。

ぶどう染め003.JPG

これで1房。

③ 皮を弱火で煮詰めていきます。今回はブドウが少ないので、お水も皮が被る程度の少ないお水で煮てみました。

ぶどう染め004.JPG

ぶどう染め005.JPG

ぶどう染め006.JPG

 ブドウの良い香りがお部屋に広がります。お水もドンドンきれいなブドウ色になりましたよ。

④ 染料をざるでこしておきます。

⑤ 生地を用意します。

今回は半衿を作ろうと絹の生地を使いました。

ぶどう染め007.JPG

 金通しと言って、緯糸に金糸が織り込まれていて

所々キラキラしている生地です。

⑥ 生地の下処理で豆乳や牛乳に浸してから染めることもしますが、今回はそのまま乾いたまま染料に投入です!

ぶどう染め008.JPG

 やっぱり、染料が少なかったです。生地が全部吸っちゃいました。生地に行き渡ったので、足りなくないから大丈夫でしょう!?!

きれいな色に染まったよ!!

⑦ 媒染をします。

【媒染(ばいせん)とは?】

天然の草木や果物の色素はそのままでは糸に定着しません。色素に化学反応を起こさせ、糸との結びつきを強くする為に用いられるのが媒染です。ミョウバン媒染・鉄媒染などの種類があり、それぞれ違った色に仕上がります。

今回も藍ちゃんはミョウバンを媒染に使います。

ミョウバンを溶かしたお水に 生地を入れます。チャプチャプゆすって、、、、

ぶどう染め009.JPG

ぶどう染め010.JPG

水洗いをして、色が落ちなくなったら

染めの完成です!!

ぶどう染め011.JPG

⑨ 軽く絞って、タオルに包んで パンパン!たたいて水けを取ります。

ぶどう染め012.JPG

湿っている間にアイロン仕上げをします。

ぶどう染め013.JPG

完成しました。

ぶどう染め014.JPG

湿っていた時よりも乾くと薄い紫色になりました。

きれいな色だからもっと大きなものも染めたいなと調べてみたら、、、

ブドウの皮は、冷凍保存をしておいても染めるのに問題ないようです❤❤ 

↓ブドウの皮もこれからは宝物です☆☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2016-08-26 | 手作り日記

「山の日」スペシャル!

今日 8月11日は『山の日』ですね。新しい国民の祝日が増えるってなんか不思議ですが、お休みは嬉しいものです♡東亜和裁も今日から16日まで夏休みになります。

今日は山の日にちなんで東亜本部の「趣味が山登り!」の社員さんが山登りの楽しさを紹介します!!

yamanohi00.jpg

1ヶ月~2ヵ月に一度は山に登っている中で思い出の山は、6月に登った『燕岳(つばくろだけ)』だそうです!!

『燕岳』は、飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,763 mの山。

201608101.JPG

登山初心者さんにも登りやすい山だそうです。アルプスの女王と呼ばれる優雅で美しい山なんですって。とは言っても、登るのに6時間くらいかかります

201608102.JPG

最初は緑の林の中を歩きます。

こちらは虫がすごくて大変でした。虫よけスプレーしても虫に刺されてしまう

くらいです(T ^ T)

ずっと林を歩いていくと、山に登るにつれて木がだんだんと低くなっていきます。

201608104.JPG

201608105.JPG

山頂付近になると花崗岩で、白くてきれいなんですよ!!

こんな岩の間を抜けて山頂に到着します。

201608106.JPG

山頂からの景色は最高です!!

201608107.JPG

頂上付近で、なんと!!『雷鳥』に出会うことが出来ました。

201608108.JPG 2016081011.JPG

『雷鳥』は、日本アルプスの一部高山帯の草原、ハイマツ林だけしかすんでいない特別天然記念物なんですよ。見つけた時は大慌てでカメラを向けました。良い写真が撮れましたよ!!

2016081010.JPG

この写真を撮った直後に「カーン!」?「ケーン」?と大きな鳴き声をあげて、飛んだんです!!『雷鳥って鳴くんだ!飛ぶんだ!』とびっくりしました。

2016081012.JPG

今回は人気の山小屋『燕山荘』に泊まりました。

夕食がとってもおいしかったですよ!ご飯は食べ放題。 「私はエベレストで!」「僕はアルプスで!」とご飯の量も山の名前が飛び交ってました)^o^(

2016081015.JPG

朝には お天気も良くて、日の出も見えました。

最後に燕岳の有名な岩を二つ紹介します。

なんという名前がついている岩だと思いますか?

①                       2016081016.JPG

2016081017.JPG

正解は

① めがね岩

② いるか岩 

確かに「めがね」や「いるか」に見えますね!

山登りは 自然を満喫できて リフレッシュできますよ。

「山の日」も出来たことですし、皆さんもぜひ!

次は富士山にも登ろうかな?? 

↓また機会があったら、きれいな写真と楽しいお話をお届けしますね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2016-08-11 | 季節の行事