4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

技能五輪'17結団式と合宿

3年生の華ちゃんの和裁研修は、袷着物縫製中です!

結団式2017 (2) (410x640).jpg

10月初めには 第55回技能五輪全国大会の愛知県結団式が開催されました!

結団式2017 (3) (640x261).jpg

愛知県からは33種目198名の選手が出場しますよ!皆さん種目は違っても、お互いにがんばりましょうね!

結団式2017 (4) (640x360).jpg

県旗が授与され、激励の言葉を頂き、選手宣誓・・・

結団式2017 (5) (640x360).jpg

おそろいのユニフォームに身を包み東亜のみんなも『もうすぐ技能五輪だな!って実感しました』

東亜での技能五輪合宿も開催され、華ちゃんたち3年生と4年生で出場します。

選手のみんなは名古屋支部で、コンペ&勉強会。

結団式2017 (7) (640x503).jpg結団式2017 (6) (592x640).jpg

第55回全国和裁技能コンクールで優勝した東亜和裁の先輩が勉強会の先生です。

結団式2017 (1) (640x529).jpg

『先輩はとても細かく説明をしてくれました。こんなにいろいろ考えて縫っているのだ!と

驚きました。残り1ヶ月少しでも先輩に教えてもらったように仕上げられるように頑張ります』

技能五輪の選手のみんな、頑張って!!

↓↓カウントダウンタイマーをつけてみました!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

カウントダウンタイマー



2017-10-23 | 技能五輪

技能五輪 合同公開練習会 2017

 10月1日、愛知県知多郡のイオンモール東浦技能五輪全国大会・アビリンピックとちぎ大会に出場する愛知県代表選手たちの公開練習会が開かれました。

写真 2017-10-01 9 46 34 (478x640).jpg

 技能五輪全国大会は、青年技術者の技能レベル日本一を競う大会で、将来日本を支える技能者育成や「ものづくり」の大切さを知ってもらうことを目的に開催されます。大会は、昭和38年から始まり、今年2017年のとちぎ大会が55回目。競技に参加できるのは、大会開催の年に23歳以下の人です。

 愛知県は2019年と2020年に二年連続で技能五輪の開催都市となることが決まっています。

ファイル 2017-10-02 13 45 40 (640x640).jpg

マスコットキャラのアイチータくんは、おでこに「aichi」模様の斑点がついていて、二頭身なのもとってもかわいい♡

今回の合同公開練習会では、木工、左官、冷凍空調技術、建築大工といった業種は全く違う皆さんと一緒に東亜和裁の代表選手二名が参加しました。

ファイル 2017-10-02 13 27 42.jpeg

日曜日、大勢の人が集まる中、袷着物の手縫い縫製をするところを見ていただきました。

写真 2017-10-01 10 51 05 (640x427).jpg

「私も昔あんな風に縫ったことあったよ~。道具、どっかにしまってある~」と懐かしそうに感想を話された年配の方。また、選手と同じくらいの年齢の方が真剣に縫製中の手元を見てくださっていたりと、普段なかなか目にしなくなった和裁に興味を持っていただけたようでした。

 体験コーナーでは、子供さんを中心にポケットティッシュケース製作も開催。

ファイル 2017-10-02 14 10 16 (605x640).jpg

「電器コテがあるんだね。鯨尺とかまだ使ってるんだ!」と和裁ならではの道具に気付いてくださった方も。

こんな感じで、お隣で木工や大工作業をしていらっしゃる中(ときどきカンナ屑が飛んでくるハプニングあり)、縫製を続ける東亜代表...集中力はさすがです!

 

本番は11月24日(金)~11月27日(月)の4日間。

競技は、女物袷(あわせ)長着を縫製し、その技を競います。(中略)ポイントは、表地と裏地を合わせるところ。厚さや伸びの違う2種類の生地を微妙な釣り合いで縫い合わせなければならず、各選手の技能差が最も出る部分です。全体の縫い目がまっすぐなこと、コテ光り、焼けこげ、しみ、入針等がないかもポイントです。」(とちぎ技能五輪・アビリンピック2017HPより)

 賞を取る、取らないにかかわらず、今まで学んできたことを十分発揮して、自分の力を試す良い機会になれば、と思います。

 写真 2017-10-01 10 06 29 (589x640).jpg

技能五輪の模様はまたこのブログでご紹介しますので、皆様、どうぞお楽しみに!

↓アイチータクッキーをもらったり、木工戦隊ゴリンジャーのパフォーマンスもありました!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

写真 2017-10-01 11 02 22 (640x555).jpg



2017-10-02 | 技能五輪

秋のおでかけ研修2017:新潟支部

夏の暑さが嘘みたいに涼しくなってきましたね。

『秋』と言えば、みんなが楽しみにしている『お出かけ研修』が開催されています。

『東亜和裁 お出かけ研修』は、和裁の勉強ではなくて、支部のみんなで、製作体験したり、いろいろ見学したり... 教室のみんなで行先を決めることができる楽しいイベントなんですよ!!

今回は、新潟支部のお出かけ研修の様子をお届けします。

まずは支部の様子をちらっと覗いてみましょう。

新潟支部入口では和サインジャーと藍ちゃんがお出迎えしてくれます。

華ちゃんも仲間に入れてもらって一緒にパシャリ。

ブログ001 (640x360).jpg

新潟支部はみんなが真ん中を見るように裁ち台が並べてあって、先生が真ん中に入っていろいろ指導する感じで授業をしています。

こちらは新潟支部の華ちゃんと同じ3年生のお友達!単衣の着物をたたんでいましたよ。

niigata3nen.jpg

今は何を勉強しているのかな??

袷着物を中心に勉強しているみたいでした。この↓写真は地衿に掛衿を付けているところ。

ブログ003 (640x426) (2).jpg

教室ではラジオを聴きながら作業していて、集中して縫っているのですが、時にはラジオに笑ったりして楽しそうな雰囲気。

先生手作りのかわいい掲示物とかもありました!

niigatabacheca.jpg

さて、そんな新潟支部のみんなの選んだ今回の秋のおでかけ研修は...

新潟のお土産でも有名な『笹だんご』を作る講座!!!

ファイル 2017-09-19 15 23 51 (512x640).jpg

 昔から新潟では保存食として作られていた『笹だんご』。中身はあんこだけでなく、きんぴらなどの惣菜なども詰めていたそうです。常温で4日間くらい大丈夫で、冷蔵や冷凍したものはまた蒸せば食べることができます。

生地作りが思いのほか力仕事!!みんなでかわるがわる20分間こねました。

sasadango (2).JPG

1人10個の団子作りです。あんこをお団子の生地でくるんで、笹の葉に包んでイ草で縛ります。

sasadango (3).JPGsasadango (4).JPG

職人さんは 1分で3個も縛ることが出来るそうですが、みんなは四苦八苦( ˘•ω•˘ )

見るのとやるのでは随分違いますね!

sasadango (5).JPG

蒸すと少しふくらむので、ちょっと余裕を作っておくのもポイント。

でも、いつも手先を使って作業しているからかな?

先生からほめてもらっちゃいました。

もちもちしたおいしいお団子が完成~!

sasadango (6).JPG

いつもの和裁研修と違った作業でリフレッシュできました!

sasadango (1) (455x640).jpg

藍ちゃんにも笹だんごのお裾分け♡

↓笹で巻いたまま、ちょっとお水にくぐらせて、電子レンジで温めて食べました!おいしかった!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2017-09-26 | 東亜和裁行事

天然石の御簾越し羽織紐

「〇〇の秋」ということで皆さんそれぞれの秋をお過ごしとは思いますが、

今回 葵先生は、『天然石の御簾越し羽織紐』を作る体験会に参加してきました。

羽織紐 (2) (640x356).jpg

『石工横浜マイスター神取先生』から午前中に天然石を削って磨いて勾玉(まがたま)を作る方法を教わります。

羽織紐 (3) (540x640).jpg

たくさん用意されている石から、勾玉用の石を選びます!!

石は削ってみないと模様がわからないんですって!!

羽織紐 (4) (640x430).jpg

石を決めたら、ドンドン削っていきます。

最初は目の粗いペーパーで削り、好みの大きさ形にします。

あまり大きいと羽織紐にした時に重くなっちゃうから小さめにしようかな?と頑張って削りました。

羽織紐 (5) (640x540).jpg

手の平を丸くして紙やすりを使うと丸みが上手に削れますよ!凹んだところは鉛筆をあてて削ると良いですよ!などなどアドバイスをしてもらいながら作業です。

「すごく楽しいね!」「思ったより簡単に削れるんだね」と皆さん笑顔で作業です。

「先生これでいいですか?」と質問すると、

「正解はありません!自分で良いと思ったらいいのです。どうですか?これでいいですか?」

と逆に質問されちゃいました。

羽織紐 (7) (640x540).jpg

じゃ、これでいいかな?

羽織紐 (6) (630x640).jpg

次は角を削って丸くしていきます。

ペーパーの目が粗いのから細かいものに変えて、小さな傷を削りながら形を整えます。

キズもキレイになったら、水につけながらもっと目の細かいペーパーで磨いていきます。

全部で5種類のペーパーを使って磨きました。

最後に新聞紙で磨きます。

文字のたくさん印刷している部分で、磨きます。

おうちに帰ったら、サラダ油とかオリーブ油で磨くとツヤツヤになるそうです。

羽織紐 (8) (483x640).jpg

勾玉 完成しました。

先生から「良い模様が出ましたね!」と言われ、大満足の葵先生です。

羽織紐 (9) (503x640).jpg

次は羽織紐です。組み合わせる石も天然石。

たくさんの種類の中から選びました。

羽織紐 (10) (640x540).jpg

『御簾越し』は着物の生地に紗の生地を重ねて縫う仕立て方です。

真綿をしっかりつめて、好み長さの羽織紐を作ります。

羽織紐 (11) (640x336).jpg

完成です!!

羽織紐 (12) (536x640).jpg

「うん!? 私、これをつけるような羽織を持っていないではないですか!!

羽織を仕立てなくては!!」

と完成した羽織紐に皆さんさらに創作意欲が湧いていらっしゃったようですよ

羽織紐 (1) (640x378).jpg

↓秋の夜長を「ちくちくの秋」で過ごしますよ...え、先生はいつもだって?
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-09-20 | 匠の技  手作り日記

とちぎ技能五輪にむけて

東京商工会議所検定試験は無事に終わり、華ちゃんの次の目標は『技能五輪全国大会』です。

技能五輪とは?

若者技能レベル日本一を競う大会で、将来日本を支える技能者を育てることや「ものづくり」の大切さを知ってもらうことを目的に開催されます。

大会は、昭和38年から開催されていて、とちぎ大会が55回目となり、競技に参加できるのは、和裁は大会開催の年に24歳以下の人です。

昨年は山形県で行われました。

ginougorin2017 (2).jpg

技能五輪の開催場所は毎年かわり全国各地。

今年は栃木県で11月24日から始まります。

ginougorin2017 (4).jpg

和裁競技の課題は!

袷付下げの着物の右袖と裏の脇までを事前準備したものを

会場で9時間内に仕上げます。

ginougorin2017 (6).jpg

東亜和裁から今年は3年生のお友達と4年生の先輩と出場が決まりました。3年生が出場するのは東亜和裁では初めてのこと。時間内に仕上がるか心配ですが、精一杯頑張ります。

去年の様子はこちらから~

第54回 山形技能五輪全国大会

技能大会 競技&閉会式

技能五輪 エトセトラ

技能五輪 番外編

↓がんばれ選手のみんな!東亜全員で応援するよ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2017-09-15 | 技能五輪