4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

和裁便利帳 の記事一覧

袖付け ほつれ直し パート1

毎日着物で研修をしている華ちゃん。

袖ほつれパートI001.JPG

袖を扉の取っ手に引っ掛けてしまったりして、『袖付け』ってほころびやすい

所なんですよね!!

「袖付けのほつれを直して下さい」という依頼も多くあります。

今日は袷着物の袖付けのほつれ直しの様子を紹介しますね。

でも、こんな風に袖付けがほつれてしまったら!!

袖ほつれパートI003.JPG

これ以上ほどけていかないように、すぐに、玉止めをしてください

そのままにしておくとドンドンほつれていってしまいますよ。

I.最初に袖付けの止めをします。

2本どりの糸で結び止めをします。

① 表袖から針を出します。

② 表身頃→裏身頃のキセ山をすくいます。

袖ほつれパートI004.JPG

③ 裏袖を肩山の方向に布目を2~3本すくいます。

袖ほつれパートI005.JPG

④ 裏身頃→表身頃のキセ山をすくいます。

袖ほつれパートI006.JPG

⑤ 表袖(①の針を出した肩山側)に針を出します。

袖ほつれパートI007.JPG

⑥ しっかりと結びます。

袖ほつれパートI008.JPG

これで袖付けの止めが出来ました。

II.次に表袖を縫います。

袖付けの止め付近は返し縫いで丈夫に縫います。

袖ほつれパートI009.JPG

あいている部分を縫って下さい。

袖ほつれパートI010.JPG

袖側を見て縫っています。

袖ほつれパートI012.JPG

表袖付けのほころびが直ったら、裏袖付けは「本ぐけ」でふさぎます。

III.最後に仕上げです。

あて布をあててコテをかけます。

袖ほつれパートI013.JPG

コテ持っていないんですが!!という方は.....

あて布をあててアイロンをかけても大丈夫

あて布を忘れてしまうと生地がテカテカ光ったりしてしまうので。。。

その時は、アイロンのスチームを出さないで下さいね。

生地が縮んでしまうので。。。

アイロンの重みで押さえるくらいで大丈夫。

力を入れて押さえつけてしまうと縫い代の線が

浮き出てしまうのでご注意を!

きれいに元通りに直りました。

袖ほつれパートI014.JPG

さて、先日、東亜和裁名古屋支部で、2月20日発売の『美しいキモノ』の取材がありました。別冊「いろはにキモノ・初心者のための 仕立てなんでもQ&A」で、東亜和裁の先生が本当になんでも答えちゃいました!

袖ほつれパートI015.JPG

袖ほつれパートI016.JPG

今回紹介した袷着物の袖付けの止めの様子も紹介されていますよ。

取材の様子がどんなふうに雑誌になるのか楽しみです!!


この華ちゃんブログの更新情報などもお知らせしている東亜和裁のSNS

お好みのプラットフォームからフォローしてみてくださいね♡

東亜和裁 インスタグラム・・・ http://instagram.com/toawasai
東亜和裁Facebookページ・・・ https://www.facebook.com/toawasai.jp
藍ちゃんTwitter・・・ https://twitter.com/toawasai
東亜和裁 ピンタレスト・・・ https://www.pinterest.com/toawasai
東亜和裁 LINE@・・・http://accountpage.line.me/toawasai

趣味の和裁教室 by 東亜和裁

ホームページ・・・https://toawasai-hobby.localinfo.jp
アメブロ・・・http://ameblo.jp/toawasai
Facebook・・・https://www.facebook.com/toawasaiHobby
インスタグラム・・・https://www.instagram.com/toawasaiHobby
Twitter・・・http://ameblo.jp/toawasai

↓袖付け ほつれ直しパートII もお楽しみに!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2017-02-15 | お知らせ  和裁便利帳