4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

匠の技 の記事一覧

技能グランプリ2017 その1

2月10日~13日に『技能グランプリ』が静岡で開催されました。

技能グランプリ1001.JPG

 技能グランプリとは・・・・

熟練技能者が技能の日本一を競い合う大会で、参加資格は、特級、1級及び単一等級の技能検定に合格した技能士さん。

1級技能士は、職業訓練指導員免許を持っている場合でも1年以上、実務経験のみの場合は7年以上の実務を経験した熟練技能者が受験する検定試験です。

 技能五輪全国大会が青年技能者(原則23歳以下)を対象とした技能競技会であるのに対し、技能グランプリは年齢に関係なく、熟練技能を競う文字通り全国規模の技能競技大会です。

大会の優勝者には、内閣総理大臣賞、厚生労働大臣賞などが贈られます。

和裁の競技内容は 9時間で 裁断、印付け(丈の印のみ)が終わったものを完成させます。

第29回技能グランプリに、東亜和裁から 「金沢支部の研究生さん」が参加しました。

4年間の研修を修了後、3年研究生として研修を続けてこられました。

技能グランプリ1002.JPG

技能グランプリの様子を 東亜和裁の葵(あおい)先生がお届けします。

和裁の会場はツインメッセ静岡。

1日目の午前中に

会場の下見と作業の準備。

技能グランプリ1003.JPG

2日目からの競技の説明を聞きました。

すでにドキドキ(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡

午後からは開会式です。

開会式会場は静岡市民文化会館。

富士山をモチーフにした案内板の前で石川県の選抜の色んな職種の方々と記念写真!

技能グランプリ1004.JPG

受付の横では 『美味しい静岡茶』のおもてなし。

技能グランプリ1005.JPG                        

開会式が始まりました。

各県代表の方が県旗を手に檀上に上がり、一言『頑張るぞー!』

技能グランプリ1006.JPG

全国技能士会連合会会長様のあいさつで『技能五輪は24歳までの若い人達が速さ、技能を競い合う大会に対して、技能グランプリは熟練した技能を持った人たちが技能を競い合い、真の日本一を決める大会です。』と話された時に、思わず鳥肌が立ちました。

その後、静岡県知事の激励の言葉、選手宣誓が行われ開会式が終了しました。

いよいよ明日から競技です。緊張せず、平常心で、作業が出来ますように!

こちらは前回の優秀作品。すっきり仕上がっています。

技能グランプリ1007 (1).jpg

さあ競技1日目、いよいよスタートです。

平常心、平常心!!!

技能グランプリ1008.JPG                         

初日は6時間。

袖作りから始める人、身頃印し付けから始める人と様々。

技能グランプリ1009.JPG

さすが、グランプリ!!技能検定1級合格した人たちはすごいです

一つ一つの作業が流れるようで、無駄もなく、どの箇所もきっちり、すっきり仕上がっています。

技能グランプリ1010.JPG

2日目は残りの3時間。

技能グランプリ1011 (1).jpg

あっという間に時間が過ぎタイムアップ。

参加者全員時間内に仕上がりました。皆様お疲れ様でした。

日にち変わって、閉会式の前に成績が発表されました。

『号外!』のような感じで全職種の受賞者一覧表が配布されます。会場の至るところで「やったー」、「おめでとう!」と歓声が上がっていました。

技能グランプリ2010.JPG

東亜和裁では見事銀賞を頂きました! 

14時から閉会式。

各職種の金・銀・銅受賞者は壇上に上がり一人ひとりメダルをかけてもらえます。

技能グランプリ2012.JPG

中央職業能力開発協会会長様からの総評で『成績はもちろん大切ですが、それ以前に皆さんが今日まで取り組んだプロセスが大事で、いかに己の技能を信じるかが重要です』と話されていました。

自分の選んだ道を信じ、奢れることなく日々技能向上に邁進しょうと思いました。

技能グランプリ2008.JPG

技能グランプリは2年毎の開催です。

2年後も出場できるよう更なる技能向上を願い、私たち先生も指導していきたいです。

         

↓華子もいつかこんな大舞台に立てる日がくるかしら!夢が膨らみます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-02-24 | 匠の技  技能グランプリ

袋帯縫製

成人式で「ふくら雀」の帯結びをしてもらった華ちゃん。

袋帯縫製001.JPG

今日は袋帯のことを勉強しましたよ!

長さ 約4m40㎝  巾 約31㎝ くらい だそうです。

長さは帯によって様々。昔のもので4m位の短いものもありますが、最近は創作結びを

することが出来るようにと長い帯が増えてきたそうですよ。

帯の柄の入り方によって

『全通』 『六通』 『太鼓柄』 と呼ぶそうです!

『全通』 ・・ 端から端まで柄が入っている

ファイル 2017-01-28 7 58 10.jpeg

『六通』 ・・ 全体の六割くらい柄が入っている(胴の一周目に巻く部分は見えないので柄が入っていない)

ファイル 2017-01-28 7 58 43.jpeg

『太鼓柄』・・ お太鼓の部分と前の部分にだけ柄が入っている

ファイル 2017-01-28 7 56 58.jpeg

先生が袋帯を仕立てていたので、見学しました。

袋帯縫製002.JPG

袋帯は本来「袋状に織られていたもの」です。最近は

「縫い袋・合せ袋という表裏別の布を両耳で縫い合わせたもの」

が多くなっているそうです。

帯の中には帯芯を入れて仕立てます。

長~~い帯をひっくり返します。

袋帯縫製003.JPG

帯幅よりも少し狭く切った帯芯をとじていきます。

袋帯縫製004.JPG

長い道のりです!!

芯が入ったら、ひっくり返して、仕上げ。

両端の角が直角に仕上がるように 縫い代をきれいにたたみます。

最後に千鳥がけでふさぎます。

袋帯縫製005.JPG

仕上がりました!!

袋帯縫製006.JPG

早速仕上げた袋帯を使って、3月の着装認定試験の課題

『文庫結び』を結ばれました。

袋帯縫製007.JPG

「新品の帯は結びにくい!でも形がきれいに決まるので良いね。

この帯で試験受けよう!」

仕立も出来て、着付けも出来る先生はすごいです。

華ちゃんの憧れです!!

↓いろんなお仕立てを勉強したいな!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2017-01-28 | 匠の技  着付け

西陣織

華ちゃんが成人式で結んだ帯は『袋帯』

西陣織001.JPG

藍ちゃん先輩が、京都にある『西陣織会館』で、西陣織の勉強をしてきたそうです。

織物のこといろいろ教えてもらいましょう!!

西陣織002.jpg

西陣は、京都市の西北にあたる地域。

平安時代以前からの織物生産の中心地だったそうですよ。

1000年以上にわたって織物を織り続けている産地なんですね。

「西陣」の名前の由来は、応仁の乱で山名宗全の西軍の陣地の跡地だからということ。

「西陣織り」とは、京都市の「西陣」で製織された級絹織物の総称。

特徴は、「先染めの紋織物」。綴(つづれ)、錦、緞子(どんす)、朱珍(しゅちん)、絣、紬等、多くの種類の絹織物が作られているそうです。

『西陣織会館』入場無料です!!

1階には「きものショー」が開催されていました。

西陣織003.jpg

きれいな着物と帯で素敵なモデルさんが登場しました。

西陣織004.jpg

小紋や訪問着、振袖。どの着物も着てみたいものばかり!!

西陣織005.jpg

外国人観光客さんもパチパチ写真をいっぱい撮ってました。

2階には販売コーナーと職人による、手織りの実演、体験コーナーがありました。

爪で糸をかき寄せて織る「西陣爪掻本綴織」と呼ばれる高度な技法を見学中。

西陣織006.jpg

ジャカード機を使った手織り。

西陣織007.jpg

職人さんが、シュッと金糸などをシュッと通して、トントン。

西陣織009.jpg

「手織りの帯はしなやかなんですよ」と教えてもらいました。

西陣織008.jpg

こちらは「空引機」

西陣織010.jpg

中国から伝えられたもので、1873年、ジャカード機が導入される以前に能装束など、

模様のある美しい織物を創作するために使われていました。

これは二人で共同して紋様を織り上げる手織機で、一人が

機の上に上がり、柄に合わせて経糸を引き上げ、その調子に

あわせてもう一人、下の織手が踏木を踏んで緯糸を通すと

いうもの。

昔は二人がかりで織るなんて、大変な作業だったんですね。

他にもお蚕さんの一生。

西陣織011.jpg

まゆから糸を引く座繰りの実演も見学できました。

西陣織012.jpg

今回は箔置きの職人さん』と『紋入れの職人さん』も実演されていました。

西陣織013.jpg

箔の種類がいろいろある事を教えてもらいました。

紋入れは細~~い筆で書くそうです。

西陣織014.JPG

下絵もないのに、ちゃんと家紋5つが同じように

書けるんですって!!すごいです。

藍ちゃん先輩から手書きの家紋のしおりをお土産

もらいました。

西陣織015.JPG

職人さんの技に感動です!!

藍ちゃん先輩から西陣織のこと、織物のこと、たくさん教えてもらいました。

↓華ちゃんも京都行きたいな!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2017-01-24 | ぬい撮り旅日記  匠の技

平成28年東亜和裁総合交流会・その3

楽しみにしていた 総合交流会(その1その2)のパーティーがスタートしました。

2016総合交流会パーティー1.JPG

全国和裁着装団体連合会の中山先生が 和装でご参加。

2016総合交流会パーティー2.JPG

コンクールや検定試験ではいつも東亜和裁のみんなのことを応援してくれている優しい先生です!!

中山先生からご挨拶をしていただき 

『乾杯~~』

楽しみにしていたお食事スタート!!

お料理はどれもきれいでおいしいぃ~~(*´ڡ`●)

あ、食べるのに夢中でメインのお肉料理の写真、撮り忘れてしまった!

piatti1.jpg

フォークとナイフで食べるのはちょっと緊張したけど、先輩や先生と一緒に食べるのは楽しかったです。

今回、リメイクコーナーに展示されていた原先生の作品を先生から解説していただく時間もありました。

2016総合交流会パーティー6.JPG

展示されている時には気付かなかったのだけど、羽織はリバーシブルになっていたんですよ!

何十年と和裁を続けてこられた先生。和裁や着付けの技能指導も行ってくださいます。

着物のことを何でも知っている先生はみんなの憧れです☆☆

2016総合交流会パーティー17.JPG

『和裁の匠』『着物の

ですね!!

お食事が進むと カラオケタイムです。

2016総合交流会パーティー8.JPG

ダンスの練習もされて、衣装もおそろい❤❤ 

みんなで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

もちろんその後の教室では....華ちゃん、2年生の研修もスタート!

そして新入生の後輩。1年生のみんなは半襦袢を勉強しています。

新1年生.jpg

半襦袢、出来た時は嬉しかったなぁ~~。

2016総合交流会パーティー9.JPG

1枚を仕上げる喜びを忘れないように、初心を忘れずに1枚1枚大切に縫っていきたいです。

↓今年も和裁がんばります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2016-04-16 | 匠の技  東亜和裁行事

『きものコレクション』見学

岐阜県博物館のマイミュージアムギャラリーで開催されていた 『きものコレクション~染色の人間国宝と巨匠たち~』を見学に行ってきました。

きものコレクション見学_7520.jpg

見学中に、博物館館長さんから、着物を展示して下さった樋口さんに表彰状?感謝状が贈られていました。

たくさんの方がこの展覧会に来場されたそうですよ。

きものコレクション見学_1919.jpg

樋口冨喜子(ひぐちふきこ)さんは、岐阜県揖斐川町在住。樋口さんが、収集した着物、帯、小物はこれまでに5,000点以上にのぼります。今年2月には、樋口さんのコレクションの中で、長着 3,045枚が「最大の着物コレクション』(The largest collection of kimono)として、ギネスレコードに認定されました。

会場には人間国宝の作品、テレビ番組で驚きの鑑定結果が出た初代龍村平蔵(たつむらへいぞう)の帯などなど、約80点の作品が展示されていました。

きものコレクション見学_1692.jpg

なんと樋口さんご自身に作品を紹介していただくという幸運に!樋口さんは1点1点『この作品はね~~』『この作家さんはね~~』と、丁寧に説明して下さいました。着物を大切に想い、作家さんの技を大切に想ってみえるんだなぁとヒシヒシと感じました。

こちらのコーナーは「皆川月華」「山鹿清華」の巨匠の作品コーナー。帝展(今の日展)に工芸部が新設された昭和2年に入選された方々。

IMG_3515.jpg

こちらは、テレビ番組で驚きの鑑定結果が出た初代龍村平蔵の帯。

きものコレクション見学_4372.jpg

「晩年の頃に織られた物だろう。初代龍村平蔵の帯は帯の中でも最高峰のもので、依頼品も当時平蔵が持てる技術を全て詰め込んで織られた一本。本歌は高蒔絵で、山の部分を見ると"ふくれ織"という技法を使っており生地がふくらんでいる。これは裏の糸を少し縮めることで表側をふくらます技法。船や花の部分には"縫い取り"という技法が使われている。これによって蒔絵の盛り上がりを表現できている。当時の職人で織れるスピードが一日約3センチ。そのため物凄い時間をかけて織られた帯ということになる。」と鑑定団が説明されたそうです。 

鑑定結果は  なんと 1千万円!!

加賀友禅で最初の人間国宝になった作家木村雨山の作品。

きものコレクション見学_5587.jpg

『人間国宝になるには同じことをしていてはなれないの。加賀友禅ということだけでは既に木村雨山さんが人間国宝になっているから認定されないの。新しい技法を身に付けないと認定されないんですよ。』と樋口さんが人間国宝になった技も着物を見ながら説明してくださいました。

『こちらは皆さんおなじみの羽田登喜男さんの作品。羽田さんは加賀友禅を学んだ後、京友禅を学び、二つの異なる友禅を融合した作家さん。二つの友禅の垣根を越えた独創性あって、人間国宝に認定されたんですよ』

きものコレクション見学_8572.jpg

蒔糊技法を駆使する京友禅の作家として知られていた森口華弘(かこう)さんのお着物

きものコレクション見学_4798.jpg

親子2代にわたって重要無形文化財「献上博多織」の保持者に認定され人間国宝に認定された小川善三郎と長男の規三郎さんの作品の前での説明。

『博多織は緯糸を強く打ち込みます。女性では織れないと言われています。そして、常に一定の強さで打ち込まなければいけないので、夫婦喧嘩が出来ないそうですよ。この野郎!!って思って打ち込むと力が強くなり過ぎちゃうでしょ??』と、楽しいお話も交えて説明していただけました。

江戸時代の小袖⇩

きものコレクション見学_3596.jpg

明治時代の黒留袖

きものコレクション見学_2307.jpg

『これは芭蕉布の着物を織る繊維を使って織ってもらった帯地に紅型を染めてもらったのよ』と楽しそうにお話して下さいました。

きものコレクション見学_2165.jpg

樋口さんは、『ここに展示している人間国宝の方々はもうなくなられている方がほとんど。今、活躍されている志村ふくみさんも91歳。小川規三郎さんは79歳。森口邦彦さんも74歳ですよ。もう4年ほど、染織では人間国宝も出ていないの。』と着物を作る技術の素晴らしさを伝えるとともに、将来の心配もされていました。

染織の技・作家さんのこと・・・次々と途切れることなくお話される樋口さんの知識はすごかったです。

↓華ちゃんももっともっと勉強するぞ!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さざんかと華ちゃん



2015-11-25 | 匠の技

創作着物リメイクコンクール・後編

さて全国和裁着装団体連合会が主催する「創作着物リメイクコンクール」に出品された先輩たちの作品紹介パート2です。

私も作ってみたい!!と思うような作品がたくさんですよヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

創作着物リメイクコンクール_2505.jpg

創作着物リメイクコンクール_6635.jpg

「祖父と祖母の着物から 子供用の着物や袴を仕立て直しました。」

七五三やお正月に子供さんに楽しく着てもらえそうですね。男の子の羽織は袖なし羽織にして元気に動き回れるように工夫されてますよ!!

おばあちゃんの着物がお孫さんに・・・着物と一緒に思い出や物を大切にする心もたくさん受け継がれていくんですよね。

こちらは着物をリメイクしたコートです。

261015001.jpg

袖口と裾は ふわふわした感じを出したくて 表にギャザーを入れて縫ってあります。

創作着物リメイクコンクール_675.jpg

かわいいですよね!

こちらはお洋服の生地で仕立てた半纏(はんてん)

創作着物リメイクコンクール_9052.jpg

色鮮やかな羽裏(はうら)は 古布を利用しています。

これはもしかして・・『裏勝り』??

表地よりも裏地に高価な生地や、派手な絵柄を施すことを『裏勝り(うらまさり)』というんです。『裏勝り』は江戸時代から伝わるファッション。江戸時代は庶民の贅沢が禁止されていました。表がだめなら裏で!!と裏地で遊んで、密かにおしゃれを楽しんでいたそう・・・ちらっと袖から見えたり、羽織を脱いだ時にこんなきれいな裏が見えるのも素敵ですね。

見えないところにお洒落するって なんて粋なんでしょう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

さてお次は 3歳児用の 浴衣です。全国和裁着装団体連合会会長賞に選ばれました。

IMG_2524.jpg

日本手ぬぐい7枚を組み合わせて仕立てたそうですよ。「3歳児用の浴衣生地を探している方がみえて、なかなか見つからなくて....。それならば!!てぬぐいで作ってみましょう!」とアイデアを思いつかれたそうです。

パンダの模様や亀の模様・・・色々な模様や色の手ぬぐいが使われてます。手ぬぐいは 肌触りがよくて汗を良く吸ってくれそうですね。

こちらは冬喪服の生地を利用して作られた 『和楽着』

創作着物リメイクコンクール_9716.jpg

1年中着用出来て、おうちでお手入れも出来ますよ。絹なので、夏は涼しくて、冬は暖かい。軽くて肌触りも気持ちがいい...いいことづくし!袖口や衿、ポケット口やボタン・ズボンのサイドの『ヒョウ柄』がとても良いアクセントになっていますよね。

最後は留袖から女物の袴を製作した作品

創作着物リメイクコンクール_4106.jpg

袴というと卒業式!と思ってしまうけど、こんな素敵な袴なら、パーティーに着て行けそう。袴の着付けはお太鼓を結ぶよりも楽チン。旅行の時や遠くで結婚式があるという時には活躍してくれそうですね。

先輩たちの和裁の技や色々なアイデアをたくさん見ることができて、目からウロコの1日でした。

 着物は型が変わらず、親から子、そして子から孫へと長い時を越え受け継がれ、、寸法が変われば仕立て直しも出来き...ほどいて洗い張りをすれば反物に戻り....染め替えれば新しい着物に変身する....

着古した着物に綿を入れて半てんを作って防寒着に、、ぼろぼろになったら小物に、、そんな風に最後の最後まで手仕事によって再生されてきた着物。海外の収集家が古い着物をパッチワークにしたものをこぞって集めている、なんてニュースも目にしました。

物を大切にしてきた日本の文化、守っていきたいですね(*˘︶˘*).。.:*♡

↓前回のリメイクの記事はとっても反響がありました!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村

ホトトギスのお花と一緒に...



2015-10-29 | 匠の技

創作着物リメイクコンクール・前編

先日、全国和裁着装団体連合会が主催する「創作着物リメイクコンクール」が開催され、10月18日に東京しごとセンターで展示と表彰式が行われました。

創作着物リメイクコンクール_3584.jpg

「お手元の着物を利用してはっとするような作品を!!」

「大切な着物を処分することなく、日頃から温めていたデザインをぜひ形に!!」

というコンクールの趣旨のもと、全国から多くの和裁技能士の皆さんが参加されました。

当日、会場は撮影できなくて、素敵な素敵な作品を紹介できないのが残念。様々な技を使った着物がたくさん展示されていました。

たとえば...

「切り付け」・・ 小さなパッチワークのようにして着物に張り付ける、縫いつけること。

「切り継け」・・小さな部分というより着物全体をパッチワークのようにして新しい着物にリフォームすること。今回着物の部で最優秀賞に輝いた振袖は黒色の無地と真っ赤な無地着物が大胆に組み合わされていました。

「切り嵌め」・・布地の一部を切り取った後、別の布をその形に切り取って嵌め込むこと展示されていた着物の裏側が見えたのですがきれいに縫い代が始末されていて、すごい技でした (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

今回は東亜和裁の大先輩が縫われた作品をご紹介しますね。

創作着物リメイクコンクール_1468.jpg

こちらは 帯の部門で★★優秀賞に輝いた★★名古屋帯。

「格子の間から紅葉の模様が見えている様子を表現しました。

万筋(まんすじ)の細~~い線をまっすぐに縫うのは大変でした。」と大先輩。

創作着物リメイクコンクール_6749.jpg

こちらは 市松に模様を配した名古屋帯。色々な生地が使われているのにまとまっていてすごいです。

創作着物リメイクコンクール_9313.jpg

先生が会場に着てらした 羽織物

袖巾は狭く、平袖(袖口の下が縫われていないもの)なので、着物の袖も見えるんですって。防寒用のコートには早い秋口や春先には最適ですね。

頂きものの紫色の着物を利用して帯とおそろいの羽織物を作られたそうです。

「古いものなので少し色が変わってしまった部分もあるんですよ」

と先生はおっしゃいましたが、全然気にならなかったです。さすが上手に目立たなくなるよう処理されていらっしました。

創作着物リメイクコンクール_4822.jpg

なんとこちらはリバーシブルになっていましたよ。羽織紐をかける部分にも工夫が施されていて感心しきりでした。

創作着物リメイクコンクール_4143.jpg

こちらのストールも素敵でしょ?

着物を仕立てた時に余った生地を2枚使ってストールを仕立てたそうです。

裏地もまたおしゃれ!!長襦袢の余り布を利用されてます。

まっすぐ継いでしまうと、「布が足りなくて足したんだな?という感じになるかもしれないけれど、カーブして継いであると布が短いっていうことがわからないのです。

こちらは衿のデザインも生地も素敵なコートです。

創作着物リメイクコンクール_6521.jpg

黒色の紗の生地に アンティークの絽着物がくけられていました。扇の模様に合わせて絽の着物がカットされていて、紗の生地にくけられているのです。

創作着物リメイクコンクール_6340.jpg

縫い代の始末がとても綺麗でこれは高度な技術と丁寧な作業が必要なのが分かりました。着物の模様が上の無地の紗から透けていて、生地と生地のふれあうモアレ(動きに伴って木目や波丈模様に流動する効果が見えること)が楽しめそうです。  

こんな感じで余り布が素敵な帯やコートに 変身するアイデアを見せてもらえて、本当に勉強になりました。

大切な人から譲り受けた着物・少し傷みが気になる着物も和裁の技術を活かせば、ずっと着続けることができるものへ生まれ変わらせることが出来るんですね。

↓次回に続きます・・・・❀(*´◡`*)❀
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ

おたのしみに!



2015-10-27 | 匠の技