4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

和裁道具 の記事一覧

大掃除とお正月の準備

昨日は年内研修最終日でした。

今年一年お世話になった教室と和裁道具を大掃除!!

大掃除とお正月準備_6854.jpg              

華ちゃんの担当は『コテ釜掃除』

コテ釜の中にたまったホコリをトントン。

大掃除とお正月準備_29.jpg

コテは 専用のクリーナーを使って磨くのですよ。

コテもきれいになりました。

IMG_4757.jpg

窓もきれいになりました。

大掃除とお正月準備_6160.jpg

きれいな教室になって、今年の研修終了です。

17204.jpg

そして今日から年末年始のお休みです!

おうちも大掃除をして、お正月を迎える準備をしなくては。。。

華ちゃん流『鏡餅』はちりめんで作りますよ。

IMG_4763.jpg

丸い厚紙に綿を貼ってふっくら。

丸い布の外周をチクチク縫って絞ったら、おいしそうなお餅が完成!!

もちろんダイダイも作るよ。

IMG_4767.jpg

鏡餅が完成!!

『鏡餅』について、少し勉強してみました。

歳神様を迎えるために供えるお供え物だそうです。

鏡餅の形が丸いのは円満を、お餅を重ねて「円満に年を重ねる」という意味があるとのこと。

お餅の上に乗せる『橙(だいだい)』 橙の実は、4~5年落下しないで実り続け、1本の木に何台もの橙がつくことから「代々の長寿や繁栄を願う」縁起物の意味があるがあるんですね〜!

他にもお餅の下に敷く『四方紅』『裏白』にもいろいろな意味がありましたよ。

毎年、何気なく飾ってきた『鏡餅』。飾るものの意味を知ることで、大切に守り続けたい風習だなと感じました。

日本に伝わる伝統行事って素晴らしいですね!

↓お正月飾りに初詣、おせち料理・・・お正月の風習のことも勉強してみよう!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2015-12-30 | 和裁道具  華ちゃん研修日記

印つけ(+有松絞りまつりレポ)

tessen.jpg

和裁道具のお話の前に、日曜日に有松しぼり祭りに行ってきましたのでそのご報告を...

有松の町では鉄線(クレマチス)の花がお出迎えしてくれました。
20151006001.jpg


古い町並みが並ぶ旧東海道は浴衣が展示されたり、山車のからくりが上演されたり、絞りの実演の見学、体験ができるところもあって、見所イッパイ。素敵な絞り浴衣姿のお姉さんやお兄さんに出会いました。来年は、私も浴衣で来たいな。

20151006002.jpg

楽しいお休みが過ごせました。さー、今週もがんばるぞ

20151006003.jpg

今日は朝から印つけ

この道具は『コテ』です。
20151006004.jpg
和裁の作業には欠かせない道具です。
印つけをする時、キセをかける時、シワをとる時など、ヘラやアイロンのような役割をしてくれます。
先の三角の部分がとても熱くなるので、ヤケドしないように気をつけなきゃ☆

20151006005.jpg
こちらは文鎮です。
取ってのついてる方が2.5㎏でヨーカン型の方は1.5㎏もあるんです。
色々なところで重しをしてくれて、私の作業を助けてくれます。
20151006006.jpg

これはキセをかけている時↓
20151006007.jpg

続いて、クリップです。大きいでしょう?
20151006008.jpg
印つけをする時に生地が動かないように端をクリップで押さえます。

これらの道具と物差を使って印つけの作業をします。
S__9994244.jpg
↑印つけ前に先生と印つけのおさらい中

裁断と印つけはとても緊張します。着物は必要最小限のところにだけハサミをいれてあるので、ハサミを入れ間違えたら大変です‼着物の形にならなくなってしまいます。
ハサミを入れる作業は必ず先生を呼んで見てもらう約束になっているの。

20151006009.jpg

20151006010.jpg

次は衽と衿を切り分けます。『先生確認お願いします』

201510062670.jpg

印つけ終了‼

↓高山の昭和館で撮った昔の和裁道具と一緒に☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます


20151006011.jpg



2015-06-10 | 和裁道具

続・浴衣製作と寸法

毎日一生懸命練習の甲斐があって浴衣の仕立ても慣れてきましたよ~ෆ⃛

IMG_7565.jpg

浴衣にはたくさんの色・いろいろな種類の模様があり、使ってある生地も様々なので縫い方は反物によって変わります。 おうちで洗濯できるコーマ(木綿)は 背、脇、衽にミシンをかけます。 上手にミシンがかけられる練習もしなくては...!

絞りなどやわらかい生地でミシンをかけるとつれてしまうものは手で縫います。
最近はポリエステルの浴衣も増えていますね。

IMG_7566.jpg

今回は黒色の浴衣を縫いますよ♪
最初に反物にキズや汚れがないか確認をする『検反(けんたん)』をします。

IMG_7567.jpg

必要な長さがあるか端から端まで長さをはかる『検尺(けんじゃく)』をします。3丈3尺(12.5m)ありました。
普段私たちの生活で使われている長さの単位はメートルですけど、和裁の世界では、長さの単位に尺や寸を使います。
最初は1尺3寸で、って言われても
どのくらいの長さなのか検討もつかなかったの。今では、「袖の長さくらいだな(49㎝)」ってわかるようになりました。



仕立ての作業は一尺差し(37.9㎝)と二尺差し(75.8㎝)の2本の物差を使います。
検反、検尺が終ったので次は見積り、柄合わせ、裁断です。今日中に終わらせるぞ!!

先輩は今では尺や寸に慣れすぎちゃって、「10㎝がどのくらいかわからないよ」って、話されてました。
美容院で髪何㎝切りましょうって聞かれると
「2寸位って言いそうになって。それは恥ずかしいから"このくらい"って手で伝えるよ」だって
私も尺や寸に慣れちゃうんだろうなあ~☆


先週の水曜日から四日間 全国和裁技能コンクールに参加される選手の先輩が名古屋支部に集まって合宿していらっしゃっいました。
制限時間の5時間半で仕上げる練習中は運心もまち針打つのもすごく速い‼!(◎_◎;)


私も3年後には出場できるようになりたい!!!うん、がんばる!

↓↓全国コンクール3連覇の優勝カップです♡先生たちのお名前がキラリん☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます


IMG_7568.jpg



2015-05-25 | 和裁道具

「裁台、かけはり、くけ台、針山」

今日の和裁道具紹介はいろいろありますが、全部大切なものばかり...

まずは、こちら。裁台(たちだい)です。長さ180㎝巾45㎝の台です。
いつもこの机の前に座って作業しています。

こちらが華ちゃんのサイズのチビッコくけ台です。これに針山と掛はりを自分でつけます。

針山の中には煎った米ぬかを入れますよ。

わぁ~良い香り♪
「こがさないように弱火でゆっくりいってね」って先生に言われたんだ‼
『米ぬかは針のさびるのを防いでくれる』
『米ぬかをいるのは虫がわくのを防ぐため』

ホントに昔の人の知恵ってすごい



布を縫って米ぬかを入れる(欲張ってイッパイいれると大きすぎる針山になって針がうもれちゃうんだって。ホドホドにしなきゃね!)→くけ台にとりつけるカバーをかけてしっかり縛って完成
後は掛はりをつけたら出来上がり

くけ台はいつも作業をする時にかかせません。
座布団の下に入れて固定させて使います。

かけはりの用途はいろいろ...

これは折りすじをつけるとき.....(注:音流れます)


運心やくけの時に布がたるまないようにするのはもちろん、

縫った糸を抜くとき


振りくけのまち針をさすとき
201505112059593d5.jpg

袖を付ける時


あとは糸こきをするとき....。どんな作業中もお手伝いしてくれます



最初はくけ台がなくても全然気にならなかったのに今ではなくてはならない道具になりました

↓余った米ぬかで針山つくろ~☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます




↑東亜和裁の体験説明会で作ることができる和菓子のような針山♡



2015-05-11 | 和裁道具

「丸み」


これは和裁用の丸みです。一番大きいのは振袖で使い、これからの浴衣は真ん中の「8㎝丸み」を使うそうです。
小さい丸みの「2㎝丸み」は着物の仕立てに入ったらいっぱい使うとか....。お袖の袖底の角にある丸みは着物の種類や袖の長さで変わるんだよ、と先生に聞きました。

かくかくしないでキレイに丸くできるように‼

ということで今日は、練習用の布で小さなお袖を作りました。

袖口くけ...(袖口の縫い代を三つ折にして表は小さな点を出しながら、裏は縫い代の中を通す 縫い方) 針は細い幅の中を通るって!神業だ~


2回目に縫った糸を引っ張ったら..... あ~ら不思議型に合うように丸くなりました
すご~い 楽しいです

↓和裁の豆知識もちょっとずつ...ランキングもちょっとずつ...UP^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2015-04-18 | 和裁道具

東亜和裁入所前研修に行ってきました!

fc20201.jpg

はじめまして!今日から、少しずつ和裁技能士を目指している私、「華子」のブログを書いていこうかな~、と思います。どうぞよろしくお願いします。気軽に「華ちゃん」って呼んでくださいね!


「3月3日」は入所前研修の運針講習会1回目でした。
本格的な研修は4月からなんですが、基礎をスムーズに学べるように入所前に先に練習を始めます。

まっすぐ縫えないし、針目も大きいし、ちゃんとできるようになるのかな?
一緒に入所するお友達はたくさん練習していて上手でした。私もしっかり練習しなくては、、、。

道具のこと教えてもらいました。今使っている針は『四の三』です。
前の数字は太さを表して、後の数字は長さを表すそうです。

hari.jpg

指ぬきは『皮製』です。着物の生地を傷めないように、
私たちの指の血行の為に、金属の指ぬきは使わないそうです。

yubinuki.jpg


隣りで縫ってる先輩たちの着物姿、素敵でした。私も一年後は、着物を着て、着物を縫ってるのかな?
頑張るぞ!!

↓ランキングに参加してます。入学祝い?でポチッと☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2015-03-06 | 和裁道具