4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

雪花絞り体験

こちらは先生が染体験の最初に染めた手ぬぐい。

hanashibori001.JPG

名古屋市の 東海道沿いの古い街並みを残しているところで有名な『有松、鳴海』

有松、鳴海で 今から400年余り前に誕生した絞りは、『有松、鳴海絞』。幾百もの技法を生み出されました。

「雪花絞り」は板締め絞りという技法で、染め上がると雪の結晶のような紋様が浮かび上がります。

サントリー「金麦」のCMで壇れいさんが、サッポロ「ヱビスビール」のCMで滝川クリステルさんが着用された、「雪花絞り」は、長年にわたり人気の柄です。最近では「au三太郎」のCM(盆踊りバージョン)で浦島太郎(桐谷健太さん)も着用で。最近ではパステル調の色や何色もの色を使って染め上った浴衣もあり、人気です。

そんな雪花絞りを自分で生地を折って、染めることが1日で出来たそうです。

hanashibori002.jpg

最初に 左右袖 1枚

    身頃 2枚

    衿衽 1枚 の4枚に裁断されている生地をたたんでいきます。

アイロンを使っておりました。 最初は、縦長に折って、次は正三角形にドンドン追っていきます。

先生から「和裁をされているので 手早いですね!」 とほめられました。

ブラスティック板に挟んで 輪ゴムでとめて準備完了です。

次は染めです。どんな模様にするか、どんな色にするか迷います。

模様は三角のどこの部分を染料に付けるかで決まります。

同じ正三角形にたたんだ生地がこんなにいろいろな模様になって染め上ります。

hanashibori003.jpg

色は見本の生地から選びます。1色でもいいし、2色でも OK。

「生地を染料に入れるときは 傾いていると染めの感じが違ってしまうからまっすぐに液にドボンと付けるように。」付ける時間によって模様も変わるので、染めの先生が良いよって言われるまで付けました

hanashibori004.jpghanashibori004-2.jpg

染め終わったら水の中で、折った生地を広げます。自分で染めた模様が見えました。

「こんなに綺麗に染め上ると思わなかったです!」

その日のうちに脱水、乾燥をしてもらって、反物を持って帰ることが出来ました。

hanashibori005.jpg

仕立ての時は、きれいに模様が合うように気を遣って柄合わせ。

hanashibori006.jpg

仕立てて

hanashibori007.jpg

完成です。

hanashibori008.jpg

教室のみんなで浴衣を着て作業する 『ゆかたDAY』に着ましたよ。

↓浴衣を自分で染めて、自分で仕立て、自分で着付ける...和裁技能士冥利につきますね!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2018-07-24 | 手作り日記