4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

第57回全国和裁技能コンクール

6月17日(日)に第57回全国和裁技能コンクールが、今年も東京の都立中央・城北職業能力開発センター高齢者校で開催されました。

コンクール18-00.jpg

長襦袢の部・長着の部と行われます。
今年の雰囲気はとても緊張感があり、少しの音にも敏感な感じでした。
みんな緊張しないで・・・
そんな中で大会が始まります。

コンクール18-2 (640x360).JPG
選手宣誓は静岡支部山田瑞穂さん。
『日頃の研修の成果を十分発揮し、精一杯力を尽くすことを誓います』
悔いの残らないよう祈ります・・・


さぁ作業開始です!!

コンクール18-3 (640x360).JPG
長襦袢の部は午前3時間で終了。
東京会場での参加者2名は時間に余裕で仕上がりました。お疲れ様でした。

コンクール18-4 (640x360).JPG
長着の部は午後から2時間30分続きます。

あっという間に終了時間が迫ってきます。
残り30分・・・残り15分・・・仕上がるのか?・・きちんと仕上げは出来るのか・・・
とうとう残り1分・・・「速くたたんで!!」と心の中で叫んでいます。


東亜和裁の選手は全員仕上りました。ホッとしました。

コンクール18-05 (640x360).JPG

翌日は表彰式です。

木村副会長のご挨拶、鈴木審査委員長の総評のあと成績発表です。


自分の名前は呼ばれるのかどうか・・・みなドキドキでうつむいています。


内閣総理大臣賞は・・・金沢支部折内裕江さん!!!!


本人はまさか・・・といった表情です。おめでとうございます。

コンクール18-6 (640x360).JPG
4回目の挑戦でやっと頂点に立つことが出来ました。
『努力はけっして裏切らない』
その言葉がとてもとても心にひびいた大会でした。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2018-06-30 | 全国和裁技能コンクール