4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

コンクール合宿と春の研修2018(新潟・四日市・仙台)

6月17日は全国和裁技能コンクールです!

5月14日~17日に、名古屋支部に選手のみんなが集合してコンクールに向けて、合宿が行われました。

nagoya20180518haru (2) (640x599).jpg

5時間30分の時間内に左袖、表の衿付け、掛衿付け。

裾あわせ~完成と仕上げていきます。

時間内に、きれいに仕上げる練習を行いました。

nagoya20180518haru (3) (640x471).jpg

先生や先輩にきれいに仕立てる方法を実演してもらったり、仕立て方の意見交換も行いながら、もっともっときれいに出来るように勉強会もしましたよ。

来月のコンクールではみんなで内閣総理大臣賞を目指して、1か月頑張ります!!

さてさて、

前回のブログに続き、新潟、四日市、仙台の春の研修を紹介します!!

新潟支部は春の研修で新潟県立自然科学館にプラネタリウムとキモい展を見に行ってきました。

nagoya20180518haru (4) (360x640).jpg

プラネタリウムは貸切状態で当日の新潟の空をみることができました。

キモい展は、全員の想像の上をいくキモさで、ほとんどみることができずにでてくる子もいましたが、中にはふれあいコーナーでふれあってくる強者もいました。

一方、四日市支部は...

四日市都ホテルでスイーツ&ランチバイキング。

nagoya20180518haru (6) (512x640).jpg

おなかいっぱいになった後は、市立博物館の「浮世絵十人絵師展」を見学。

nagoya20180518haru (7) (640x640).jpg

そして同館のプラネタリウムも見ました。なんとこちらの投映機の星の数は世界一だそうです!

nagoya20180518haru (8) (640x640).jpg

そのあとは近くの泗翆庵にてお茶をいただいて館内の見学もさせていただきました。

盛り沢山でとても豪華な春の研修にみんな大満足でした(^o^)丿

仙台支部の春の研修は教室から徒歩で20分くらい離れた所にある「八木山陶芸工房」さんにて『手びねり・陶芸体験』をしてきました。

この日はとても天気が良く散歩気分で移動が出来ました

nagoya20180518haru (9) (480x640).jpg

陶芸体験では始めに先生が器の作り方を一通り教えてくださりそれを参考に作り始めました。

nagoya20180518haru (10) (640x470).jpg

粘土は一人750gでカップなら2つ出来る量です。

nagoya20180518haru (11) (640x477).jpg nagoya20180518haru (12) (640x480).jpg

それぞれ個性がのあるものを作ったと思います!焼き上がりが楽しみです

↓華子も春はいろんなことに取り組んで、パワー全開です!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



2018-05-19 | 全国和裁技能コンクール  東亜和裁行事