4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

天然石の御簾越し羽織紐

「〇〇の秋」ということで皆さんそれぞれの秋をお過ごしとは思いますが、

今回 葵先生は、『天然石の御簾越し羽織紐』を作る体験会に参加してきました。

羽織紐 (2) (640x356).jpg

『石工横浜マイスター神取先生』から午前中に天然石を削って磨いて勾玉(まがたま)を作る方法を教わります。

羽織紐 (3) (540x640).jpg

たくさん用意されている石から、勾玉用の石を選びます!!

石は削ってみないと模様がわからないんですって!!

羽織紐 (4) (640x430).jpg

石を決めたら、ドンドン削っていきます。

最初は目の粗いペーパーで削り、好みの大きさ形にします。

あまり大きいと羽織紐にした時に重くなっちゃうから小さめにしようかな?と頑張って削りました。

羽織紐 (5) (640x540).jpg

手の平を丸くして紙やすりを使うと丸みが上手に削れますよ!凹んだところは鉛筆をあてて削ると良いですよ!などなどアドバイスをしてもらいながら作業です。

「すごく楽しいね!」「思ったより簡単に削れるんだね」と皆さん笑顔で作業です。

「先生これでいいですか?」と質問すると、

「正解はありません!自分で良いと思ったらいいのです。どうですか?これでいいですか?」

と逆に質問されちゃいました。

羽織紐 (7) (640x540).jpg

じゃ、これでいいかな?

羽織紐 (6) (630x640).jpg

次は角を削って丸くしていきます。

ペーパーの目が粗いのから細かいものに変えて、小さな傷を削りながら形を整えます。

キズもキレイになったら、水につけながらもっと目の細かいペーパーで磨いていきます。

全部で5種類のペーパーを使って磨きました。

最後に新聞紙で磨きます。

文字のたくさん印刷している部分で、磨きます。

おうちに帰ったら、サラダ油とかオリーブ油で磨くとツヤツヤになるそうです。

羽織紐 (8) (483x640).jpg

勾玉 完成しました。

先生から「良い模様が出ましたね!」と言われ、大満足の葵先生です。

羽織紐 (9) (503x640).jpg

次は羽織紐です。組み合わせる石も天然石。

たくさんの種類の中から選びました。

羽織紐 (10) (640x540).jpg

『御簾越し』は着物の生地に紗の生地を重ねて縫う仕立て方です。

真綿をしっかりつめて、好み長さの羽織紐を作ります。

羽織紐 (11) (640x336).jpg

完成です!!

羽織紐 (12) (536x640).jpg

「うん!? 私、これをつけるような羽織を持っていないではないですか!!

羽織を仕立てなくては!!」

と完成した羽織紐に皆さんさらに創作意欲が湧いていらっしゃったようですよ

羽織紐 (1) (640x378).jpg

↓秋の夜長を「ちくちくの秋」で過ごしますよ...え、先生はいつもだって?
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-09-20 | 匠の技  手作り日記