4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

伊予かすり会館

藍ちゃんは夏休みに『愛媛』に行ってきました。

001 (640x453).jpg

松山市の中心部の山の頂上にある松山城を見学してきました。

松山の一番の楽しみは『伊予かすり会館』

002 (640x358).jpg

伊予絣(いよかすり)は、愛媛県松山市で製造されている絣。

松山絣とも呼ばれる。久留米絣、備後絣とともに日本三大絣の一つなんですよ。

003 (640x430).jpg

江戸時代の終わり頃に、鍵谷カナさんが考案したそうです。

農家の副業として縞(しま)木綿が地機(じばた)で織られていましたが、鍵谷カナさんが久留米絣をまねたものをつくろうとし、いろいろ考案の結果、綿糸を染めて絣を織り出したのだそうです。

004 (640x360).jpg

伊予かすりを紹介する資料館には、糸車、民具、地機、伊村式整経機などの道具を展示され、伊予絣製造工場

では、昔ながらの行程を見学することもできました。

005 (640x360).jpg

006 (640x360) (2).jpg

007 (640x359).jpg

伊予会館3 (2) (640x339).jpg

伊予かすり会館では、ハンカチの藍染め体験したり、織りの実演を見学出来たりもしましたよ。

伊予会館4 (2) (640x318).jpg

伊予会館5 (640x360).jpg

藍染めののことも色々勉強できました。

伊予会館藍染 (2) (385x640).jpg

天然藍染は発酵している染料で生きものです。

毎日アルカリ度や液温に注意して毎夕かきまぜ栄養が足りない時は、酒・水あめなどで調子を

整えてあげます。人と同じように体調を管理してあげることが必要なんですって!!

天然藍の特徴

☆日本で古くから庶民の間で親しまれてきた独特の色彩。洗うほどにアクが抜け色味が鮮やかになります。

体にやさしい。植物染料で化学的なものを一切使っていない為、皮膚に良いと言われています。

堅牢度が良い。布や糸の表面に藍の染料が付着することにより布がより丈夫になります。

色移りしません。初めから白いものと一緒でも色移りしません。安心してお洗濯できます。

伊予会館6 (2) (640x360).jpg

藍で染めてうまれる色にはたくさんの名前がついているんですよね。

甕覗き(かめのぞき)...藍甕の中に布を一回潜らせただけ、

布は藍甕の中をちょっと覗いただけで出てきてしまったから染まり方がうすい水色。

浅黄色(あさぎいろ)...薄い葱の葉のような色という意味で、藍染の薄い青色。

どの色名も、遊び心がいっぱいですね。

藍ちゃんもお土産に着物用の生地を買いました。

伊予会館7 (640x360).jpg

どの生地が似合うかな??

伊予会館8 (640x360).jpg

伊予会館9 (640x349).jpg

伊予会館10 (640x360).jpg

藍ちゃんの伊予かすり姿もお楽しみに


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-08-31 | ぬい撮り旅日記