4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

葵先生の手作り浴衣小物②

葵先生の手作り浴衣小物『カゴつき巾着』に続き、今回は手作り『帯留』をご紹介します!!

浴衣に結ぶ半巾帯も帯留をつけるとオシャレ度UP!!

最近見つけた『帯留用の金具』

おびどめ (5) (640x385).jpg

色も金色や銀色 ・ 形も小さいものから細長いもの、

楕円型のものと色々種類があるんですよ。

ネコ好きの葵先生。ネコの箸置き(陶器)と金具を

瞬間接着剤でペタリ。

おびどめ (6) (640x360).jpg

あっという間に帯留が完成です!!

おびどめ (7) (360x640).jpg

先生の趣味『こぎん刺し』

こぎん刺し(こぎんさし)とは、青森県津軽に伝わる刺し子の技法のひとつ。

津軽地方では、野良着の事をこぎんと呼んだためこの名前がついそうです。

おびどめ (2) (640x360).jpg

縦の織り目の数を数えながら刺していきます。模様が出来てくると楽しいです

小さなマス目なので、数え間違えて進んでしまうこともあるんです。模様がおかしくなってしまうので、ほどかないといけません。

おびどめ (2) (640x540).jpg

こんなキット↑も販売されているんですよ。

くるみボタンで裏側は帯留の金具がついています。

完成したこぎん刺しを取り付けたら完成です。

おびどめ (3) (360x640).jpg

皆さんも浴衣姿にちょっと手作りを取り入れてみてはいかがでしょうか??

最後は今日の葵先生の帯締め。

おびどめ (4) (388x640).jpg

これも東亜会の先輩の作品☆☆

刺繍の糸を編んで作ってくれました。

↓今年は浴衣を着るのが楽しくなりそうです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-07-28 | 手作り日記