4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

和菓子の日

6月16日は「和菓子の日」。

6月16日には、菓子を食べ厄除けと招福を願う嘉祥(かじょう)という行事がありました。

嘉祥は江戸時代には重要な儀式となっていましたが、明治時代になって廃れました。

そして、全国和菓子協会が、厄除けと招福を願い、「和菓子の日」として現代によみがえらせたそうです。

001 (640x480).jpg

東亜和裁インスタグラムでは、たびたびちりめんで作った和菓子を紹介してきました。

今年は葵先生が 新作和菓子を作っていますよ!

002 (640x421).jpg

小さな丸をチクチク・チクチク。 

綿を入れて、縫った糸を絞ります。

003 (640x480).jpg

004 (640x480).jpg

糸で四等分。

糸をギュッとしめてあげるのがポイント!!

四枚の花弁に見えるようにします。

005 (640x479).jpg

中心にビーズをつけたらお花が完成

土台のおまんじゅうに小さなお花を飾り付けていきます。

006 (480x640).jpg007 (480x640).jpg

008 (467x640) (2).jpg

昨年作った若鮎と一緒に。

91 (640x467).jpg

涼しそうな夏の和菓子が完成です!!

↓ケーキもいいけど、和菓子が好きです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-06-15 | 手作り日記