4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

第56回全国和裁技能コンクール

6月12日に、第56回全国和裁技能コンクールが東京の都立中央・城北職業能力開発センター 高年齢者校で開催されました。今年のコンクールの様子は引率で来ました葵先生が紹介します!!

コンクール17001 (1) (640x360).jpg

『長襦袢の部』は、和裁経験3年未満の人が対象で競技時間は3時間。

左袖作り・衿付け・袖付けを会場で行います。

コンクール17001 (2) (640x360).jpg

『長着の部』は、経験年数ではなく、国家検定・東京商工会議所和裁検定ともに2級程度の技術を有している人が対象で、競技時間は5時間30分。左袖作り・表の衿付け~完成まで。(事前準備は右袖・裏身頃・表身頃は衿付け前まで)

選手のみんなは大きなスーツケースに和裁道具と事前準備した作品を持って会場に入ります。

コンクール17001 (3) (640x359).jpg

会場につくと大急ぎでコテのスイッチを入れて、

和裁道具の準備、作品のしわ取りなどなど・・・コンクール開始まで大忙しです。

準備が出来ると、開会式です。

コンクール17001 (4) (640x360).jpg

全国和裁着装団体連合会の木村会長から「頑張りましょう!!」とご挨拶。

コンクール17001 (5) (640x413).jpg

「日 頃 の 研 修 の 成 果 を 十 分 に 発 揮 し、精 一 杯 力 を 尽 く す こ と を 誓 い ま す」

と金沢支部の折内さんが選手を代表して選手宣誓を行ないました。

作業スタートです!!

コンクール17001 (6) (640x360).jpg

葵先生は、

「いつも通り、みんなが作業できますように!」と見守ります。

 今年の長襦袢の選手は前週6月4日に名古屋会場で3名がコンクールを行い、東京会場では2名の選手が

参加しました。

「2人とも、順調に作業して、時間内に仕上げもしっかり出来ました!!ミスなく、作業が出来て、ホッとしました」

午後からの作業2時間30分。残り30分になってくると、ドキドキです。○○さんも出来そうだな!△△さんも大丈夫!一人一人みんなが時間内に仕上がるか?衿の仕上げもちゃんとできるか?確認。仕上げられそう❤❤ってなるとホッとします。

東亜和裁の選手のみんなは時間内に仕上げることが出来ました。みんなお疲れ様!!

そして、翌日は表彰式です。

コンクール17001 (7) (640x497).jpg

木村会長からご挨拶。

「着物の会合に参加して、着物離れと言われますが、着物を着る人は増えています。高級な着物を買う人は減っていますが、古着やリサイクルの着物を上手に着る若い人も増えています。皆さんは和裁の技術を活かして、着物を楽しむことが出来ます。ぜひ今後も、技能の向上を目指して、後継者も育て、和裁を一生続けて下さいね」

コンクール17001 (8) (640x480).jpg

ドキドキの成績発表!!

長襦袢の選手5名、全員入賞。

そして、名古屋支部の横井さんが、念願の優勝を獲得です!!

コンクール17001 (9) (640x527).jpg

続いて、長着の部の発表!!内閣総理大臣賞は 2年連続静岡支部へ!!

永田さんが受賞しました☆☆

コンクール17001 (11) (1280x1279).jpg

昨年優勝した先輩にたくさんのコツを教えてもらって、
合宿では先生たちの説明を熱心に聞いて、細部までキレイに仕立てるように練習しました。
優勝が決まった時は驚きだらけ!!

織機産業が盛んな静岡県遠州で生まれ育った永田さん。
「今後は地元の産業を守っていくために、和裁の技術を活かしたいな」と素敵な目標を話してくれました。

↓番外編 葵先生の東京観光。 東京タワーに登る → 浅草でもんじゃを食べる → スカイツリーを見る
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

コンクール17001 (12) (360x640).jpgコンクール17001 (14) (360x640).jpg

コンクール17001 (13) (640x360).jpg



2017-06-19 | 全国和裁技能コンクール