4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

2017年6月 の記事一覧

第56回全国和裁技能コンクール

6月12日に、第56回全国和裁技能コンクールが東京の都立中央・城北職業能力開発センター 高年齢者校で開催されました。今年のコンクールの様子は引率で来ました葵先生が紹介します!!

コンクール17001 (1) (640x360).jpg

『長襦袢の部』は、和裁経験3年未満の人が対象で競技時間は3時間。

左袖作り・衿付け・袖付けを会場で行います。

コンクール17001 (2) (640x360).jpg

『長着の部』は、経験年数ではなく、国家検定・東京商工会議所和裁検定ともに2級程度の技術を有している人が対象で、競技時間は5時間30分。左袖作り・表の衿付け~完成まで。(事前準備は右袖・裏身頃・表身頃は衿付け前まで)

選手のみんなは大きなスーツケースに和裁道具と事前準備した作品を持って会場に入ります。

コンクール17001 (3) (640x359).jpg

会場につくと大急ぎでコテのスイッチを入れて、

和裁道具の準備、作品のしわ取りなどなど・・・コンクール開始まで大忙しです。

準備が出来ると、開会式です。

コンクール17001 (4) (640x360).jpg

全国和裁着装団体連合会の木村会長から「頑張りましょう!!」とご挨拶。

コンクール17001 (5) (640x413).jpg

「日 頃 の 研 修 の 成 果 を 十 分 に 発 揮 し、精 一 杯 力 を 尽 く す こ と を 誓 い ま す」

と金沢支部の折内さんが選手を代表して選手宣誓を行ないました。

作業スタートです!!

コンクール17001 (6) (640x360).jpg

葵先生は、

「いつも通り、みんなが作業できますように!」と見守ります。

 今年の長襦袢の選手は前週6月4日に名古屋会場で3名がコンクールを行い、東京会場では2名の選手が

参加しました。

「2人とも、順調に作業して、時間内に仕上げもしっかり出来ました!!ミスなく、作業が出来て、ホッとしました」

午後からの作業2時間30分。残り30分になってくると、ドキドキです。○○さんも出来そうだな!△△さんも大丈夫!一人一人みんなが時間内に仕上がるか?衿の仕上げもちゃんとできるか?確認。仕上げられそう❤❤ってなるとホッとします。

東亜和裁の選手のみんなは時間内に仕上げることが出来ました。みんなお疲れ様!!

そして、翌日は表彰式です。

コンクール17001 (7) (640x497).jpg

木村会長からご挨拶。

「着物の会合に参加して、着物離れと言われますが、着物を着る人は増えています。高級な着物を買う人は減っていますが、古着やリサイクルの着物を上手に着る若い人も増えています。皆さんは和裁の技術を活かして、着物を楽しむことが出来ます。ぜひ今後も、技能の向上を目指して、後継者も育て、和裁を一生続けて下さいね」

コンクール17001 (8) (640x480).jpg

ドキドキの成績発表!!

長襦袢の選手5名、全員入賞。

そして、名古屋支部の横井さんが、念願の優勝を獲得です!!

コンクール17001 (9) (640x527).jpg

続いて、長着の部の発表!!内閣総理大臣賞は 2年連続静岡支部へ!!

永田さんが受賞しました☆☆

コンクール17001 (11) (1280x1279).jpg

昨年優勝した先輩にたくさんのコツを教えてもらって、
合宿では先生たちの説明を熱心に聞いて、細部までキレイに仕立てるように練習しました。
優勝が決まった時は驚きだらけ!!

織機産業が盛んな静岡県遠州で生まれ育った永田さん。
「今後は地元の産業を守っていくために、和裁の技術を活かしたいな」と素敵な目標を話してくれました。

↓番外編 葵先生の東京観光。 東京タワーに登る → 浅草でもんじゃを食べる → スカイツリーを見る
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

コンクール17001 (12) (360x640).jpgコンクール17001 (14) (360x640).jpg

コンクール17001 (13) (640x360).jpg



2017-06-19 | 全国和裁技能コンクール

和菓子の日

6月16日は「和菓子の日」。

6月16日には、菓子を食べ厄除けと招福を願う嘉祥(かじょう)という行事がありました。

嘉祥は江戸時代には重要な儀式となっていましたが、明治時代になって廃れました。

そして、全国和菓子協会が、厄除けと招福を願い、「和菓子の日」として現代によみがえらせたそうです。

001 (640x480).jpg

東亜和裁インスタグラムでは、たびたびちりめんで作った和菓子を紹介してきました。

今年は葵先生が 新作和菓子を作っていますよ!

002 (640x421).jpg

小さな丸をチクチク・チクチク。 

綿を入れて、縫った糸を絞ります。

003 (640x480).jpg

004 (640x480).jpg

糸で四等分。

糸をギュッとしめてあげるのがポイント!!

四枚の花弁に見えるようにします。

005 (640x479).jpg

中心にビーズをつけたらお花が完成

土台のおまんじゅうに小さなお花を飾り付けていきます。

006 (480x640).jpg007 (480x640).jpg

008 (467x640) (2).jpg

昨年作った若鮎と一緒に。

91 (640x467).jpg

涼しそうな夏の和菓子が完成です!!

↓ケーキもいいけど、和菓子が好きです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-06-15 | 手作り日記

ショートコンクール 2017!

6月になりました。

東亜和裁では毎年 『ショートコンクール』が開催されます。

5/25~6/1の7日間で袖を作るコンペをたくさんしましょう!!というコンクール。

ご褒美は、コンペの回数に合わせて、『おいしいもの』が贈られるんですよ!!

ショートコンクール景品 001 (640x480).jpg

食いしん坊の華ちゃんは、今年も袖作りのスピードアップ

できるようにたくさん、袖を作りました!!

002 (401x640).jpg

各支部のコンクールの様子をご紹介!!

003 (640x616).jpg

「四日市支部は、お袖を1セット縫うごとに座布団が1枚もらえる笑点(ショート)コンクールをしました☆1日目は全員1枚からのスタートでしたが、最終日にはたくさんの座布団が重なりました!!」

004 (640x640).jpg

新潟支部はコンペ1回ごとに和サインジャーが集まってきます!

005 (640x640).jpg

7回達成で和サインジャーが全員集合です。

仙台支部は・・・

1日1回の袖コンペで7回を全体の目標にスタートしました!!

途中くじけそうになった研修生もいましたが・・・

4人全員が7回の目標をクリアし最高回数は10回でした☆

全支部中の最高回数に届かなかったのは残念でしたが「おいしいもの」が届くのを心待ちしています♪♪

IMG_2273 (480x640).jpg

名古屋支部・・・

1年生は初めてのコンペでした。

苦戦しながらも一生懸命作っていました。

006 (640x480).jpg

007 (640x480).jpg

008 (640x480).jpg

金沢支部では、1回コンペをしたら表に飾りをつけていきます。

目標点数とごほうびを目指して、特に4年生が頑張りました。

「それに続けー!」と後輩たち。

今回は、先輩に置いていかれてしまいましたね......。

009 (640x480).jpg

静岡支部は技能科も参戦!

1年生は技能科の浴衣の袖作りの速さに驚いていました。

「私も速く縫えるようになりたい!」

と6回コンペに挑戦。

技能科の先輩にはまだまだ追いつけませんが、ベストタイムを出すことができました。

ファイル 2017-06-08 15 58 37 (640x429).jpg

今年も、ショートコンクール盛り上がりましたね!!

↓ご褒美のお菓子楽しみです♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-06-09 | 華ちゃん研修日記

博多&長野 出張和裁体験・説明会

『和裁のこと』『東亜和裁のこと』を全国各地の方に知ってもらいたい!と 東亜和裁では、今年から『出張和裁体験説明会』を開催しています。

5月14日の日曜日には『博多』へ。 

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・001 (640x360).jpg

藍ちゃんが『博多説明会の様子と初めていく博多』についてご報告。

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・002 (640x426).jpg

博多駅から徒歩5分のところにあるレンタル会議室をお借りして、説明会会場を準備しました。

和裁道具『コテ』も持参しましたよ。

いつもお着物を着ているという方が、お着物で参加して下さいました。

東亜和裁のことをパンフレットを見ながらお話。

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・003 (640x360).jpg

説明会の後は、ポケットティッシュ製作体験。

博多織のことを教えてもらったり、着物の話をしながら、あっという間に仕上がりました。

午前中には、帯どめ作りのワークショップにも参加されていたそうで、仕上がった帯どめを見せてもらいました。

参加者さんからは『進路の参考にしますね』と 嬉しいコメントを頂きました。

帰りの新幹線までちょっと時間があったので、博多の街を歩いてみましたよ。

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・004 (640x360).jpg

「櫛田神社」。ユネスコ無形文化遺産に登録された「博多祇園山笠」で有名な神社です。

この博多祇園山笠は、770年の伝統を誇り、櫛田神社の祇園神(素盞嗚命)に対する氏子の奉納神事。

蒸し暑い夏を無事に越したいと願う博多の人々によって始められたお祭りだそうです。

 櫛田神社の境内には「飾り山笠」が展示されていました。

「飾り山笠」は、櫛田神社に向いた面を「表」、その裏側を「見送り」と呼び、

それぞれの題材を博多人形師の絢爛豪華な人形で飾っているそうです。

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・005 (360x640).jpg

とても豪華な飾りでした!

櫛田神社のお隣の 「博多町屋 ふるさと館」では博多織の実演が見学できました。 

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・006 (640x346).jpg

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・007 (640x345).jpg

博多帯

福岡市の主に博多地区で特産とされる絹織物。

江戸時代、福岡藩黒田氏から幕府に献上された

ことから、特に最上の物を献上博多などとも呼ばれています。

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・008 (640x360).jpg

細い経糸(たていと)を多く用い、太い緯糸(よこいと)

を筬で強く打ち込み、主に経糸を浮かせて柄を織り出すのが博多織の特徴。

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・009 (640x334).jpg

五色献上の由来

紋様は 仏具の『独鈷』と『華皿』を図案化し、その中間に『縞』を配列したものを定格献上と

して限定していました。

定格献上の色相は、紫・赤・紺・黄・青の5色とし、隋(今の中国)の国制にならって、

紫は「徳」、赤は「礼」、黄は「信」、紺は「智」、青は「仁」を象徴としたものです。

H29.06.06 蜃コ蠑オ蜥瑚」∽ス馴ィ楢ェャ譏惹シ・010 (640x360).jpg

博多織のことも色々勉強が出来ました。

そして、5月22日の日曜日には『長野』へ出張してきました。

1長野.png

3人の着物好きな方がご参加。

長野駅の近くには「善光寺」もあって、着物姿が良く似合う町!! 

長野にもたくさん着物を着る人が増えて、

着物リサイクルのお店も増えてくれたらいいのになぁ~~と。

本当に着物が大好きな参加者さんでした。

2長野.png

「和裁がもっともっとたくさんの人に知ってもらえたらいいですね❤❤」と嬉しいコメントを頂きました。

今度はあなたの町へ伺うかも!?

65281.jpg

↓興味のある方はメールなどでお知らせくだされば、出張体験の検討させていただきま~す!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2017-06-07 | ぬい撮り旅日記