4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

四日市支部・春のおでかけ研修レポ

毎年、春と秋に開催される『東亜和裁のお出かけ研修』

それぞれの支部で行きたい所を決めて、お出かけしながら、いろいろな体験を通して見聞を広める研修が行われます。

いつもの和裁の研修と違って、支部のみんなでランチして、製作体験したり、美術館を見学したり... 毎年みんな楽しみにしているイベントです!!

各支部のお出かけ研修の様子をご紹介します。今回は.....

~~四日市支部~~

 四日市から名古屋方面に電車で10分のところにある 『桑名』『桑名の千羽鶴体験』にお出かけです。

四日市鶴001.jpg

体験場所は 『六華苑』

六華苑は、国の重要文化財に指定された洋館と、池泉回遊式庭園を持つ和風建築。

鹿鳴館を設計したイギリスの建築家ジョサイア・コンドルさんが設計されたそうです。

四日市鶴002.jpg

洋館のドーム部分の窓ガラスはカーブしていたり、ダンスホールがあったり、当時最新の水洗トイレがあったり、家具も海外から取り寄せたもので、今見てもとてもお洒落でした。

和風の建物は、中も洋館とつながっています。

長~い畳廊下と板の廊下があり、数部屋の和室がつながっています。

四日市鶴003.jpg

和室から見る庭園は絶景でした。

外の庭園も散策した後、お抹茶とお茶菓子をいただきました

四日市鶴004.jpg

今回体験した『桑名の千羽鶴』

一枚の紙から数羽の鶴を折る桑名の千羽鶴は桑名市無形文化財に指定されています。

今回は、美しい庭園を眺めながら3種類の折り鶴体験をしました。

あらかじめ製図された和紙をハサミで切って鶴を折っていきます。

四日市鶴006.jpg

四日市鶴007.jpg

まずは「拾餌(えひろい)」

大きい鶴のくちばしの先に小さい鶴がいて、2羽の鶴がつながっています。

四日市鶴008.jpg

次は「花見車(はなみぐるま)」

大きい鶴の両羽先に小さい鶴がいて、3羽の鶴がつながっています。

四日市鶴009.jpg

最後に「楽々波(さざなみ)」

同じ大きさの4羽の鶴がくちばしの先でつながっています。

四日市鶴010.jpg

鶴が折れる人なら出来る...そうですが、なかなか難しいです。

ポイントは

① 大きい鶴→小さい鶴の順で折ること、②空中で折ること、③同時進行ではなく1羽ずつ完成させて折ること。だそうです。

四日市鶴011.jpg

最初は慣れない作業に苦労しながら折っていた研修生のみんなも、段々上手に折れるようになってきたようです。

四日市鶴012.jpg

最高90羽の鶴もつなげて折れるって!!

ちょっと私たちには難しいけど、10羽くらいつながったのも折ってみたいな。

楽しいお話をしながら連鶴体験が出来ました。

四日市鶴013.jpg

↓四日市支部は総合交流会でも大きい鶴の速折りに挑戦してくれました!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2017-05-10 | 東亜和裁行事