4年後、和裁の匠になる!

東亜和裁に通う華ちゃんが4年間で和裁技能士になるために奮闘するブログ

第57回全国和裁技能コンクール

6月17日(日)に第57回全国和裁技能コンクールが、今年も東京の都立中央・城北職業能力開発センター高齢者校で開催されました。

コンクール18-00.jpg

長襦袢の部・長着の部と行われます。
今年の雰囲気はとても緊張感があり、少しの音にも敏感な感じでした。
みんな緊張しないで・・・
そんな中で大会が始まります。

コンクール18-2 (640x360).JPG
選手宣誓は静岡支部山田瑞穂さん。
『日頃の研修の成果を十分発揮し、精一杯力を尽くすことを誓います』
悔いの残らないよう祈ります・・・


さぁ作業開始です!!

コンクール18-3 (640x360).JPG
長襦袢の部は午前3時間で終了。
東京会場での参加者2名は時間に余裕で仕上がりました。お疲れ様でした。

コンクール18-4 (640x360).JPG
長着の部は午後から2時間30分続きます。

あっという間に終了時間が迫ってきます。
残り30分・・・残り15分・・・仕上がるのか?・・きちんと仕上げは出来るのか・・・
とうとう残り1分・・・「速くたたんで!!」と心の中で叫んでいます。


東亜和裁の選手は全員仕上りました。ホッとしました。

コンクール18-05 (640x360).JPG

翌日は表彰式です。

木村副会長のご挨拶、鈴木審査委員長の総評のあと成績発表です。


自分の名前は呼ばれるのかどうか・・・みなドキドキでうつむいています。


内閣総理大臣賞は・・・金沢支部折内裕江さん!!!!


本人はまさか・・・といった表情です。おめでとうございます。

コンクール18-6 (640x360).JPG
4回目の挑戦でやっと頂点に立つことが出来ました。
『努力はけっして裏切らない』
その言葉がとてもとても心にひびいた大会でした。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2018-06-30 | 全国和裁技能コンクール

コンクール商品選び

全国和裁技能コンクールまであと2週間切りました。

コンペを繰り返して行って、制限時間を上手に使って、きれいに仕上げられるように練習を続けています!

特に大切なのが、『角(かど)』

掛衿先(下の写真の華ちゃんの手先がある辺り)

コンクール2018 (2).JPG

衿先。

コンクール2018 (3).JPG

つま先・・・。

コンクール2018 (4).JPG

直角に仕上がるように。形が左右揃っていて、形よく。いろいろ研究を続けています。

それから、コンクールで使う作品選び。

技能五輪や技能グランプリでは、選手みんなが同じ生地で同じ模様、同じ寸法の着物を作っていますが、今回参加するコンクールは、

『色無地、小紋、喪服、付下げなどの袷長着とし、(表裏地は正絹とする)。紬類は使用しない』

というルールで、自分で生地を自由に選ぶことができます!

そうなると、『見栄えよく、きれいに仕上がりやすい生地』を使いたいです。

みんなで迷いながら、生地を選びました。

コンクール2018 (5).JPG

裾の出来上がりの雰囲気は・・

コンクール2018 (6).JPG

コンクール2018 (7).JPG

生地が伸びやすくないかな?

コンクール2018 (8).JPG

針どおりは固くないかな??

コンクール2018 (9).JPG

試験やコンクールでよく使われている表地が、『江戸小紋』

昨年優勝した作品も江戸小紋でした!!

江戸小紋は、すごく細かい模様を型染めしたもので、遠くから見ると無地に見えます。

カジュアルに、小紋感覚できることもできるし、紋を入れたり、合わせる帯によって、フォーマルにも着ることができる大変便利な着物なんですよ。

フォーマルには、「江戸小紋三役」と呼ばれる

「鮫(さめ)」「行儀(ぎょうぎ)」「通し(とおし)」の柄は、最も格が高いそうです。

こちらは「鮫」
コンクール2018 (10).JPG

細かい丸文が、鮫の皮のように、全面に細かい点をすきまなく染め抜いた、鮫皮状の文様です。

江戸時代、大名が裃につけた小紋を定小紋といい、鮫小紋は島津家の定小紋だったそうです。

それから「縞(しま)」「大小あられ」の柄を加えた5つが「江戸小紋五役」と呼ばれています。

「江戸小紋五役」は背紋をいれると略礼装としてフォーマルな場面で着ることができるそうです。

コンクールできれいな作品を作って、この着物でお出かけしたな!!

コンクール2018 (1).JPG

↓華ちゃん、頑張って!東京で開催されるコンクールに江戸小紋はぴったり!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2018-06-05 | 全国和裁技能コンクール

春の研修2018:金沢支部&静岡支部レポ

春の研修紹介の最終回です。

金沢支部では、『かおりキャンドル金沢さん』にて、バラのキャンドルクラフト体験をしました。

花の芯1つと花びら好きな色8枚選んで、イメージしながら1枚ずつ芯につけていきます。

春の研修2018金沢 (2).jpg

春の研修2018金沢 (3).jpg

それぞれ個性豊かなバラが完成しました。

春の研修2018金沢 (4).jpg

カップケーキも作りました。どちらもアロマキャンドルなので、火をつけるといい香りがするそうです。

春の研修2018金沢 (5).jpg

体験後は、みんなでデザートを頂きました。

春の研修2018金沢 (7).jpg

女子力がかなりアップした模様...!?

静岡支部は春の研修で静岡県富士山世界遺産センターに出掛けました。

春の研修2018金沢 (8).jpg

センターでは登山の疑似体験ができたり、富士山の歴史、富士山に生息する動植物等の知らない事を知る事が出来ました。

いつか富士登山に挑戦してみようかな♪

お昼は富士宮焼きそばなどの鉄板焼きを楽しみました♡

春の研修2018金沢 (10).jpg

お出かけ研修は体験したり、見学に行ったり楽しいですね♪♪

新入生のみんなも先輩たちとたくさんお話できて、仲良くなれました。

↓次の秋の研修が今から楽しみです!! 次はどこに行くのかな??
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
にほんブログ村



2018-05-24 | 季節の行事  東亜和裁行事

コンクール合宿と春の研修2018(新潟・四日市・仙台)

6月17日は全国和裁技能コンクールです!

5月14日~17日に、名古屋支部に選手のみんなが集合してコンクールに向けて、合宿が行われました。

nagoya20180518haru (2) (640x599).jpg

5時間30分の時間内に左袖、表の衿付け、掛衿付け。

裾あわせ~完成と仕上げていきます。

時間内に、きれいに仕上げる練習を行いました。

nagoya20180518haru (3) (640x471).jpg

先生や先輩にきれいに仕立てる方法を実演してもらったり、仕立て方の意見交換も行いながら、もっともっときれいに出来るように勉強会もしましたよ。

来月のコンクールではみんなで内閣総理大臣賞を目指して、1か月頑張ります!!

さてさて、

前回のブログに続き、新潟、四日市、仙台の春の研修を紹介します!!

新潟支部は春の研修で新潟県立自然科学館にプラネタリウムとキモい展を見に行ってきました。

nagoya20180518haru (4) (360x640).jpg

プラネタリウムは貸切状態で当日の新潟の空をみることができました。

キモい展は、全員の想像の上をいくキモさで、ほとんどみることができずにでてくる子もいましたが、中にはふれあいコーナーでふれあってくる強者もいました。

一方、四日市支部は...

四日市都ホテルでスイーツ&ランチバイキング。

nagoya20180518haru (6) (512x640).jpg

おなかいっぱいになった後は、市立博物館の「浮世絵十人絵師展」を見学。

nagoya20180518haru (7) (640x640).jpg

そして同館のプラネタリウムも見ました。なんとこちらの投映機の星の数は世界一だそうです!

nagoya20180518haru (8) (640x640).jpg

そのあとは近くの泗翆庵にてお茶をいただいて館内の見学もさせていただきました。

盛り沢山でとても豪華な春の研修にみんな大満足でした(^o^)丿

仙台支部の春の研修は教室から徒歩で20分くらい離れた所にある「八木山陶芸工房」さんにて『手びねり・陶芸体験』をしてきました。

この日はとても天気が良く散歩気分で移動が出来ました

nagoya20180518haru (9) (480x640).jpg

陶芸体験では始めに先生が器の作り方を一通り教えてくださりそれを参考に作り始めました。

nagoya20180518haru (10) (640x470).jpg

粘土は一人750gでカップなら2つ出来る量です。

nagoya20180518haru (11) (640x477).jpg nagoya20180518haru (12) (640x480).jpg

それぞれ個性がのあるものを作ったと思います!焼き上がりが楽しみです

↓華子も春はいろんなことに取り組んで、パワー全開です!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



2018-05-19 | 全国和裁技能コンクール  東亜和裁行事

春の研修2018:名古屋支部&盛岡支部レポ

華ちゃんも毎年楽しみにしている 春のお出かけ研修が開催されました。

今年も支部のみんなで相談して行き先を決めました。

名古屋支部は 『茶臼ひき体験』 

お茶!!ということで、華ちゃん茶摘み衣裳でお出かけしてきました。

nagoyaharuken201801001.JPG

レゴランドの近くにある「メイカーズピアの 西条園さん」で茶臼ひき体験をしました。

茶臼は 約30㎏もあり予想以上に力の必要な作業でした!

nagoyaharuken201801002 のコピー.jpg
nagoyaharuken201801002.JPG

自分でひいて お茶をたてて飲んだお抹茶は とてもおいしかったですよ。

nagoyaharuken201801003.JPG

nagoyaharuken201801004.JPG

続いて 盛岡支部は・・・・

4月23日に春の研修で工房夢繭・花さんにて繭クラフト体験をしました。

作業時間は30分ほどで、おしゃべりしながらとても楽しくできました。

絹の糸は繭1つから1500m取れるというお話や絹の糸の紡ぎ方などを聞き、普段絹の糸を使うときは大切に使おうと改めて思いました。
工房夢繭・花さんには他にもたくさんの作品があり、繭の風合いを生かしたとても温かみのあるものばかりでした。
とても良い体験でした。
繭を染め綿にしたものを羊の毛にします。ウールではなく絹の羊さんです。
盛岡春研修201801.jpg
石割桜の石の部分、繭を半分に割り中からさなぎを取り出しました。
盛岡春研修201802.jpg
とてもかわいく出来上がりました(*´╰╯`๓)♬
盛岡春研修201803.jpg

お昼はわんこそばでも有名な東家さんでお蕎麦を頂きました。

盛岡春研修201804.jpg

↓各支部、好奇心に満ちた体験をいっぱいしています。次回はどこの支部かな?
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 和服(和裁)へ
ランキングに参加しています。毎回応援クリックありがとうございます

2018-05-10 | 東亜和裁行事