株式会社 東亜

ご案内

2017/04/15 トピックス

奄美大島研修

国指定の伝統的工芸品である大島紬。本場大島紬の「ほていやオリジナル商品」の開発・販売を手がける「ほていや」様と株式会社東亜から、奄美大島への研修に参加をさせていただきました。

ai-290415-40.jpg

島に自生する車輪梅(テーチ木)で繰り返し茶褐色に染めた後、泥田の鉄分との反応により独特の深みのある黒染めが施される大島紬。

その製作工程は、丁寧に、繰り返し、しっかりと、最後まで、正確に、辛抱強くといった言葉のあてはまる工程ばかり。絣締めで防染して地色を染めて、色柄によっては白の部分にまた別の色を挿し、1本1本を複雑に染め分けた絣糸を作り上げ、そこから点をあわせる精緻な織りで作り出される色柄。これらの工程を知れば知るほど、出来上がった反物を見て・触れたときには感動ものです。

これまで数多くの反物を取り扱ってきた皆さまも、あらためて染め・織りの1工程づつを目の前でじっくりと拝見し、ものづくりの息遣いや熱い想いを、肌で感じることができた研修でした。

ご協力いただいた金井工芸さんは、奄美大島で1300年の歴史を持つ染色工房。先日、人気番組の「世界!ニッポン行きたい人応援団」でも、アメリカ・ノースカロライナで日本の染織品にとても興味をお持ちのナサニエルさんが、同工房を訪問されていました。歴史ある工房の皆さんの、本物・伝統、それを多くの方により知って欲しい、そんな想いも伝わりました!

「世界!ニッポン行きたい人応援団」バックナンバー

http://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/smp/backnumber/?trgt=160721

» すべてのお知らせ一覧へ戻る