東亜和裁の特色 | 先輩メッセージ

いろいろな着物が縫えるようになって、さらにやる気が出てきました。

四日市支部 研修生 山森 久益子さん

東亜和裁のいいところは、裁断から仕上げまで一人でできるように指導してもらえること。全ての作業を自分で行うため達成感があります。コンクールや試験にも挑戦でき、和裁の知識と技術はもちろん、人間的にも成長できるところだと思います。

最近、改めて和裁っていいなと思うようになりました。いろいろな着物が縫えるようになって、嬉しさを感じると共にやる気にもつながっていると思います。とても恵まれた環境で和裁ができるので、そのことに感謝し、もっと和裁を楽しんでいきたいです。

難しいと感じるのは、作業の工程で一つでも省いたり手を抜いたりすると、きれいな仕上がりにならないこと。先生や先輩の丁寧なコテの使い方などを見ると、より一層感じます。

新しいことを教わる中でも、基礎を忘れることなく、先生や先輩の美しい仕立てに少しでも近づけるように頑張ります。

完成した時の充実感が大きく、自分が成長したのを実感できます。

名古屋支部 研修生 松原 遥さん

子供の頃から和服が好きで、どんな人が仕立てているのか興味を持ち、東亜和裁に入りました。将来、お客様に喜んでもらえる仕立てのできる和裁士を目指し、在籍中にコンクールや検定に積極的に挑戦して、修了後にはお客様にしっかりと納得していただける仕立てができるように頑張ります。

和裁の楽しさは柄合わせだと思います。和柄は洋服よりも、奇抜だったり地味だったりとユニークな柄がありますが、いざ仕立ててみると、着る人にとても似合ったり、その人を引き立てたりして、とても驚かされることがあります。着る人によって着物の表情が変わるため、作っていて楽しいですね。

東亜和裁は最初から商品で縫い方を教えてもらうため、気が抜けず、一つひとつを大切に縫わなければならず大変です。しかしその分、完成した時の達成感や充実感は大きく、自分が成長したのを実感できます。毎日がすごく濃い一日になっていいですよ!