東亜和裁の特色 | 先輩メッセージ

多彩な色柄の織物に触れ、全工程の本物の和裁技能を身につけたい。

名古屋支部 研修生 田中 恵美里さん

私が和裁技能士を目指したきっかけは、高校の家庭科の授業で和裁に触れ、もう少し詳しくやってみたいと思ったから。

和裁の楽しさのひとつは多彩な柄の反物に触れられるところだと思います。無地に見えても生地に細かい模様が織られていたり、洋裁で使う布にはあまり見かけない色合いだったり。

反物に込められた染めや織りの奥深さを感じることができて、見ているだけでも楽しいです。

私が東亜和裁を選んだ理由は裁断から完成までひとりでできるようになれるところに魅力を感じたからです。着物の形は基本的に変ることなく、身につけた技能を生涯活かせると思います。

和裁はほとんどが手縫いなので、まっすぐ縫ったりより細かく縫ったりと、手作りならではの難しさもありますが、 その基礎がきちんと出来るようになることで全体のより良い出来上がりに繋がると思います。

students-message_img3.jpg

決め手になったのは、一人一人にあった指導をしてくれる所です。

名古屋支部 研修生 竹市 真衣さん

もともと着物がとても好きだったので、「きものを作りたい!」「いろいろな形のきものを作れるようになりたい!」と思い、その時に和裁技能士の存在を知り、「将来の仕事にしたい。和裁のプロを目指そう!」と思いました。

私が東亜和裁に決めた一番のポイントは、先生が一人一人にあった指導をしてくれる所です。

東亜和裁のことをはじめて知ったのは高校の先生がオススメしてくれたのがきっかけですが、 実際に説明会・体験会に参加したときに、先輩方が指導員の先生と1対1でお話しながら教えてもらっているのを見て、はじめの想像では周りの人と同じペースで作業しなくちゃいけないのかな?と思っていたのと異なり、各自のペースで研修できるのがとても良いなと思いました。

まだまだ先輩方に比べれば基本的なものしか縫えないですが、将来はどんな難しいものでも縫える和裁技能士になりたいです。 きものはコートや羽織、打掛など幅広くあり、特殊な形のものは総合的な和裁の技能・知識がないと扱えないと思うので、1種類でも多くのものが縫える和裁技能士になりたいと思います。

students-message_img4.jpg