東亜和裁の特色 | 検定・コンクール

第56回全国和裁技能コンクール

全国和裁技能コンクール

平成29年6月11日(日)に東京都の中央・城北職業能力開発センターにおいて第56回全国和裁技能コンクール 長着の部が行われました。
このコンクールにおいて静岡支部の永田 夢美さんが優勝・金賞の内閣総理大臣賞を受賞されました。東亜和裁として昨年に続いて連覇、そして今回も多数の上位入賞を果たしました!

受賞者支部名
【優勝】 金賞・内閣総理大臣賞 永田 夢美 静岡支部
銀賞・衆議院議長賞 石上 理鎖 仙台支部
銀賞・衆議院副議長賞 西脇 美紗 名古屋支部
銀賞・厚生労働大臣賞 折内 裕江 金沢支部
銀賞・経済産業大臣賞 細見 愛 名古屋支部
銀賞・文部科学大臣賞 小山 梨沙 仙台支部
銀賞・総務大臣賞 山崎 慶子 金沢支部
銅賞・東京都知事賞 三瓶 以杏 名古屋支部
銅賞・東京商工会議所会頭賞 伊藤 葉里 仙台支部
銅賞・東京産業労働局長賞 寺島 典子 名古屋支部

» 全国和裁技能コンクールの実績一覧

sIMG_4275.jpg静岡支部 服部 海さん(焼津中央高校出身)

Qコンクールへ向けての気持ちはどんなものでしたか?
久しぶりのコンクールだったので、前回のときのようには縫えないかもという焦りもありましたが、平常心で今の自分ができることをいつも通りにやろうと思って挑みました。

Qあらためて和裁を始めたきっかけなど教えて下さい。
元々ものづくりが好きで、何か新しいことにチャレンジしてみたいと考えて、着物を自分で仕立てられたらとても素敵だなと思い、東亜和裁で和裁を始めました。

Q研修中で特に印象に残ったことは?
合宿に参加させていただき、他の支部の人たちとコンペや勉強会をして交流し、普段の作業とは違った刺激をもらえて、技術の向上ができたことです。

Q和裁の「やりがい」を感じる点や魅力に思う点を教えて下さい。
毎日続けていくうちに、できなかったことがだんだんできるようになり、出来栄えもきれいになっていくのを実感すると嬉しくなります。少しやり方を変えるだけで仕上がりがきれいになることもあるので、和裁は奥が深いな~と感じます。

Q東亜での研修で役に立ったことはどんなことですか?
自分で立てた目標をどうやったら達成できるかを考え、実践してその結果を反省し、また次の目標をたて、、、その繰り返しで、沢山悩んだり悔しい思いをして、技術面だけでなく精神面でも成長できたと思います。

sIMG_4266.jpg

Q今後の目標や和裁技能士としての心構えなどあれば教えて下さい。
更により良い技術の向上と、色々な物を仕立てられるように、これからも日々勉強していきたいです。

Q後輩の皆さんや和裁技能士を目指す方へのメッセージ、エールをお願いします。
和裁は日々の積み重ねが大事だとおもいます。自分なりのやりがいや魅力を見つけて、和裁を好きになってほしいです。