東亜和裁の特色 | 検定・コンクール

第21回和裁日本一クイーン決定コンクール

平成24年12月8日(土)、第21回和裁日本一クイーン決定コンクールが東亜和裁名古屋支部にて開催され、他の和裁学校の生徒さんを招き総計20名が参加しました。審査が終わるまでの間には交流会が行われ、今年も上級生のオブザーバー(和裁上級者の参加によりペースメーカー、製作作業の見本など)が縫い上げた作品を見ながら仕立てのポイントを聞いたり、質問したりして充実した時間を過ごしました。その後、表彰が行われ、名古屋支部3年の渡邊裕子さんが昨年に続きみごと優勝の2連覇を達成! 2位の名古屋支部3年・小林玲菜さん、3位の金山支部(現 名古屋支部)3年・川畑文乃さんとも上位入賞者が高得点を獲得して栄誉に輝きました。

受賞者支部名学年
優勝 渡邊 裕子 名古屋支部 3年
2位 小林 玲菜 名古屋支部 3年
3位 川畑 文乃 金山支部(現 名古屋支部) 3年
4位 箱守 海 静岡支部 3年
5位 西山 沙織 名古屋支部 3年
6位 武田 好美 盛岡支部 3年
7位 熊崎 愛理 名古屋支部 3年
8位 小林 佳子 名古屋支部 3年
9位 石川 早苗 名古屋支部 3年

» 和裁日本一クイーン決定コンクールの実績一覧